スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 ラッカムのアリス

 クレイン、グリーナウェイ、コルデコット、テニエル、グリゼと取り上げてきました。
 19世紀はあと少しで終わりにして、そろそろ20世紀に入ろうかなとも思っています。
 他にも取り上げたい挿絵画家は何人もいるのですけど、そうするとそれに特化したブログになってしまうくらい際限がなくなります。
 タイトルを「19世紀末の挿絵」としているので、それも厳密に絞るか、それとも20世紀初頭までオーバーランするのかなど迷いながら取り上げています。
 20世紀初頭も誰を取り上げるか迷うところですよね。
 以前に、シシリー・M・バーカーの仕掛け絵本を扱ったので今回は彼女のオリジナルの部分を紹介したいですし、ビアトリクス・ポター、チャールズ・H・ロビンソン、ウィリアム・H・ロビンソン、ワーウィック・ゴーブル、エドムンド・デュラック、アーサー・ラッカム …。
 次回からは「20世紀初頭の挿絵」にタイトルを変えてしまおうかとも考えているのですが…。

 ただ紹介しているのは基本的に僕の持ち物が中心なので幅が狭いのが最大の欠点です。
 それから、書いたことに間違いがあれば教えていただければ嬉しいです。間違いがあれば、即、訂正します。
 恐らく僕が気づかないだけで多い気がするのですけどね。

 「不思議の国のアリス」「アンデルセン童話」みたいに何人もの挿絵画家が取り組んでいるものは、纏めたほうがいいのかな?とかも思っているのですけど。そうすると時代が混交して却ってわかりにくいとも思えます。
 絵のバリエイションを楽しむには良いですけど、挿絵ってその時代の気質みたいなものを含んでいるのです。それが見えなくなりますね。

 一冊づつを丁寧に取り上げたほうが良いのか、その挿絵画家の作品を俯瞰できるように何冊かから数枚を代表的に掲載すべきなのかも難しいところです。
 もっとも専門サイトではないし、僕の気分で書いているものですから厳密なルールなどありませんし、作っても意味がないでしょうし。

 僕がアリス続きで取り上げたかったのは、アーサー・ラッカムですね。
 すごく迷ったんですけど、結局は入れませんでした。
 ここでご紹介しておきます。
 1907年の限定本初版、挿絵は口絵1枚、カラープレート12枚が挿し込まれています。
 ラッカムの挿絵は怪しい雰囲気がありますよね。
 テニエルのアリスは幼女に徹した部分があります。
 子供らしい可愛いらしさと併せて、気難しさとか、我儘な表情も見て取れます。いうなれば健康的なアリスです。
 ラッカムのアリスは幼女の雰囲気は全くないですね。もっと大人に近い、けれど大人の女性ではありません。
 そこに曖昧なエロティシズムめいたものが香りたちます。
 日本では明治、大正時代に「少女」という概念が登場しました。若い女性でもなく、幼女でもない、もちろん単なる「女の子」でもない、もっと過渡的で曖昧な存在。
 ただラッカムのアリスはその「少女」と言うのとも違う気がしますね。
 プリティとか、コケテイッシュと言う陽の部分の愛らしさとは異なっています。
 外見はもちろん「少女」なのですが、もう少し成熟した性を内包しているような気がします。
 その怪しさが彼のアリスの魅力ではないかと僕は思っています。
 ラッカムについては別の本を改めて取り上げます。どれにしようかまだ決めかねているところです。

“ Alice's Adventures in Wonderland ”
( Illustrations by Arthur Rackham )

  Alice Rackham00-1 Alice Rackham00-3
 (London: William Heinemann, & Doubleday, Page & Co., New York, 1907)
 
 Alice Rackham01 Alice Rackham02 Alice Rackham03

 Alice Rackham04 Alice Rackham05 Alice Rackham06

 Alice Rackham07 Alice Rackham08 Alice Rackham09

 Alice Rackham10 Alice Rackham11 Alice Rackham12

 Alice Rackham00-2

 仕事の都合でまた少し日があきます。
 次に誰を載せるか、その間に考えておくことにします。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。