閑話休題

 僕のブログはどうも仕事に引きずられる傾向が強いですね。
 シシリー・M・バーカーの時もそうですが、依頼された仕事に関連したことをつい書いてしまいます。
 それだけ日常の話題に窮しているというのか、観察力が乏しいというのか、そう言ったことなのでしょう。

 ここのところ19世紀末の挿絵を少しご紹介しているのですが、「絵の感想とか解説とかしないんですか?」とか言われまして困っているところです。
 絵は鑑賞するものであって解説するものではないと考えていまして、見ている側が先入観無く判断されるほうが好ましいわけです。

 ワインの評論家にP氏という有名な人がいるのですが、彼が高得点をつけたからと言って全てが「美味しい」わけではありません。
 彼が試飲している状況も、ついでくれるソムリエの技術も、グラスでさえ違うわけです。まして僕は彼ではないですから味覚を共有するなどは絶対に不可能です。

 絵の印象も同じことでして感性も違えば、見ている状況も異なります。同じ絵でも時と場が違えば自分でさえも違った見方が出てきます。

 例えばこんな絵があったとします。

 年代も特定しない旧世紀に建てられた塔の周りを3人の女性が手を繋いで踊っています。
 塔は女性の子宮であり、拘束や権力、不吉を生み出す象徴でもあります。
 これはヨーロッパの一部では、昔、出産は城内の主室などでするものではなく、離れた塔の中でされた風習があったことを理由にしています。
 日本でも水上勉さんが「若狭巡礼」中で母屋とは別の離れで出産する風習があったことに触れていました。
 母子のどちらかが、或いは、ともに命を落とすこともあったでしょう。
 生まれた子が男子なら王権の継承者とされ喜ばれましたし、女子であれば将来の政略のため世間から隔絶されて教育を施されたかもしれません。
 また、イギリスのクィーン・メアリーの例をあげるまでもなく、高貴な人の幽閉場所としても有効に使われました。
 とにかく塔は誕生と死と権力の生まれる場所であったのです。
 そして、手を取り合う3人の女性はウルド、スクルド、ヴェルダンディの過去未来現在の運命の魔女です。
 つまり3人の魔女が、生み出される運命を支配していることを示しているのです、と説明します。

 次に、18世紀半ば~18世紀末に描かれた絵があります。
 古城の庭で、目隠しをした女の子が中央に居て、手を繋いで彼女を取り囲む3人の女の子の絵です。
 前述の塔と魔女の話を当てはめて、古城はイングランドを示し、中央の女の子はイングランドの王となるアーサーを身ごもる運命にあり、目隠しは定かならぬ先行きを暗示しています。それを3人のノルンの魔女が象徴しているのです、と実しやかに薀蓄を垂れたとします。
 話としては面白いですよね。
 でも、描かれた当時は世界遺産などという価値基準もなれけば、信仰としての遺跡観も一部を除いては希薄でした。
 子供達の遊び場としても古城の庭はそれほど珍しくも無かったでしょう。
 そう、これは日本で言うなら、単に「かごめ、かごめ」をしているところです。
 そんなものなんです。

 僕も図像学辞典や象徴解読辞典など持ってはいます。必需品ですので。
 それを駆使して全てを当て嵌め絵を読み解いたからと言って感動の肥やしになることはありません。
 むしろ、何でもかんでも当て嵌めようとして不可解な解釈をこじつけたりする弊害の方が困りものです。
 そのこじつけもツッコミ処満載で聞いていれば面白いことは面白いですけどね。

 あと19世紀末という言葉。
 僕は単に1800年代の終わりから1900年初めという区切りに使っているつもりです。
 しかし「19世紀末」って何と言うのか、退廃感と言うのか、終末観みたいなものを含んでいますよね。
 誤謬が生じる隙間の多い言葉ではあります。
 でも、当時の一般庶民の間では終末観など実感はされていなかったでしょうし、特別なことなどなかったと思います。
 産業革命と旧風俗との中で、奔放に、かつ、厳しい時代を過ごしていたはずです。
 現に僕も100年ほど時間がずれますが1900年代の「世紀末」を過ごした人間ですから、普通に。
 もし、失望感や不安、退廃的傾向を指して「世紀末」と言うのなら、今でも充分に「世紀末」です。

 今日は話題がもう滅茶苦茶ですが「おしゃべり」ですから許してください。

 今回ご紹介する予定のないビアズリーやリッケッツなどの挿絵画家のことです。
 彼らは素晴らしい芸術家です。

 オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley、 1872~1898年)
 無名時代には、グリーナウェイの絵本の模写などをして生計を立てていたこともありますが、「アーサー王の死」(トマス・マロリー原作)で市場に衝撃的な登場をしました。
 ビアズリーの「サロメ」(オスカー・ワイルド原作)の挿絵は一枚の芸術的絵画として完成された感があります。

 SALOME SALOME01 SALOME02 SALOME (John W. Luce, NY刊、1907年) 

 そこが気になるところです。
 挿絵とは本を離れてはいけないのではないか?独立した無関係な印象を与えた時点で「挿絵」ではないのではないか?
 かなり前に国立西洋美術館で「ビアズリーの大回顧展」が開かれました。
 その一枚一枚の絵の前に立ってみて「偉大な芸術作品」の感を強く持ちました。
 分かりやすいとか、分かり難いではなく、統一感と言ったものから少し離れている気がします。挿絵の引力が強すぎます。
 そんなこともあって絵本に限定しようかなと思った次第です。

 チャールズ・リッケッツ(1866-1930年)の装丁も見事ですし、挿絵画家としても素晴らしいです。
 例えば “The Poetical Works of James Thomson”(Reeves & Turner, and Bertram Dobell, London刊、1885年)などです。
 いずれ取り上げられればとも思っています。

 Ricketts000 The Poetical Works of James Thomson (1885年)

 Ricketts Oscer Wilde Poem (Elkin Mathews and John 刊、1892年) 

  

 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR