THE OLD GARDEN and OTHER VERSES - Walter Crane - 19世紀末の挿絵

 19世紀末を代表する挿絵画家ウォルター・クレインの本を取り上げてみたいと思います。

 Flowers from Shakespeare's garden 「Flowers from Shakespeare's garden」(1906年)

 ウォルター・クレインは我が国でもファンが多く、チャールズ・リッケッツ、ケイト・グリーナウェイ、ジョン・テニエル、ランドルフ・コルデコット等と共に当時を代表する知名度の高い挿絵画家です。
 代表すると言うよりも、むしろ「クレインが近代絵本の挿絵を牽引した」と表現する方が適切でしょう。
 クレインは、ラファエル前派やウィリアム・モリスの影響を受け、書籍の中の絵画と文字との有機的作用を主眼としたデザインの構築を主張し、同時代のグリーナウェイやビアズリーなどに対し辛辣な批判を展開したことでも知られています。
 個人的な意見ですが近代絵本の挿絵はクレイン以前と以後とに分けられ、良くも悪くも以後の絵本の挿絵画家はクレインの影響を受けていると言えます。
 クレインの絵を受け入れるか、否定して拒絶するかの手法は別として、彼の影響を受けずにはいられなかった挿絵画家は居なかったと言っても良いかも知れません。

 彼らが登場した時代は印刷技術の革命時代でもあったのです。
 19世紀初頭までの印刷法であった銅版によるエッチングから木版多色刷へと移り、さらには石版多色刷、写真凹版印刷など次々と新技術が開発され、低コストによる大量印刷が可能になりました。
 その印刷技術の飛躍的発展に伴い挿絵の可能性も広がり、かつ、アカデミックな絵画の仕来りに拘束されることなく活躍の場を広げる事が出来ました。
 豪華装丁本や多色刷挿絵本の黄金時代であったとも言えます。

 あまりメジャーな書籍ではありませんが、マーガレット・デランドの詩集「THE OLD GARDEN and OTHER VERSES」をご紹介します。
 クレインの挿絵本の中ではマイナーな方なので少しは目新しい感じがするかもしれません。

 Margaret Deland マーガレット・デランド
 
 マーガレット・デランドは1857年ペンシルバニア州アレゲニーに生まれ、1945年に亡くなっています。
 詩人であり、小説も手掛け、短篇小説に優れた能力を発揮しました。
 彼女の代表作としてあげられるのは、「オールド・チェスター物語」「伝道師ジョン・ウォード」「激しい炎」などです。
 1880年頃、グリーティング・カードやハーパーズ・マガジンにおいて詩を発表し、1886年にそれらの詩を集め「THE OLD GARDEN and OTHER VERSES」として刊行しました。
 刊行当初は極めてシンプルな装丁でしたが、1893年にウォルター・クレインの手によって美しい挿絵が添えられベストセラーとなりました。
 詩は「古い庭」「自然」「愛の歌」「人生の詩」「子供のための詩」とテーマ別に分けられています。

 1886年オリジナル版と1893年クレイン挿絵版とを対比させてご紹介します。
 しかしながら1886年版については僕の持っているものは表紙のコンディションが悪いので、他所から写真をお借りしてきました。(参考: http://www.archive.org/stream/oldgardenandothe00delaiala#page/n0/mode/2up )

 上段が「オリジナル版」、下段が「クレイン挿絵版」です。

 The Old Garden 1886 表紙 10-11 P10-11 12-13 P12-13

 1893年版(表紙) 表紙 P10-11 P.10-11 P.12-13 P.12-13

 表紙については両冊ともに和装本を意識したような装丁になっています。
 中は挿絵が入ると雰囲気が全く変わり、英語が読めなくても絵本のようにページを捲るだけでも楽しみが湧いてきます。
 クレインのデザインはアールヌーヴォの特徴を生かしたカルトーシュを効果的に用いていますが、デザインのコンセプトとしては当時の流行を取り入れるというよりも一つ時代を遡るような18世紀末~19世紀初頭の感じであるようです。
 また外輪を彩るカルトーシュもただ文様を描くというのではなく、ページによってはその文様自体に詩の内容を反映する何かを埋め込もうとしているのが見受けられます。

 P30-31  P.42-56  P104-105

 クレインは余白部分を活用することに当時の誰よりも心を砕いた挿絵画家とも言えます。
 後でご紹介する機会があると思いますが、例えばグリーナウェイは余白部分にあまり注意を払ってはいません。
 むしろ絵を広く見せるために空白部をそのままにしている感じがあり、少女を可愛らしく描くことに重点を置いています。
 次に挿絵画家をご紹介する時は、ケイト・グリーナウェイを取り上げてみようかと思っています、一応。
 
 扉&P.14 扉&P14

 19世紀末から20世紀初頭の挿絵画家を何人かご紹介しながら、いずれ再びウォルター・クレインに戻り、もう少し詳しくご紹介するつもりです。 

 

 




 

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR