スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風船

 綱のうへの少女

 「紅茶をカップに注ぐときはゆっくりと注ぐといいよ。香りがとんでしまわないように。」
 誰かに言われたことがある。それが誰だったのかはもう忘れてしまった。

 銀のケトルのお湯が沸くのを凝っと待っている。
 僕しか居ない部屋。
 空気が動いている。
 アルコールランプの炎が時折大きく左右に揺れる。
 どこかしらでコトコトと何かが鳴っている。
 風の音なのか、水の音なのか、時計の刻音にも似ている。
 正体がつかめない。
 遠くなのか近くなのかも判然としない。
 それでも音は途切れなく聞こえている。

 僕は以前にも似たような音に耳を澄ませたことがあった。
 それを思い出そうとしてお茶の用意をし始めた。
 読もうとして出してきた本は表題を晒したまま進むことなくテーブルに置かれている。
 開かれない物語は閉じ込められた記憶そのもの。
 僕は始まらない物語とは別の、もうひとつの頁を捲った。

 アールデコの名残を醸す薄暗い図書館。
 そここに下手な改修がなされているのが惜しまれた。建物の美しさよりも実用を優先した結果だろう。けれど全体としては理想的に保存された廃墟にいるようで、僕はいつでもきまった席に座った。
 ここにいると殊に雨の降りだしそうな曇天の日は、お伽噺が始まるような想像に囚われる。
 降り出した雨。
 傘を持たない僕を、誰かが迎えに来てくれそうな気がした。
 そんな「誰か」は存在しない。
 待っていても来るはずがない現実は決して動くことがない。
 
 紅いゴム風船を持った男と小さな女の子の姿が不意に浮かんだ。
 僕の実体験ではなく、何かの小説の一場面。
 女の子は主人公の妹で、丁度、売られて行くところだった。
 兄の記憶は、妹よりも妹の頭のうえでふわふわと揺れている風船を刻み込んだ。
 その光景は妹の消息を知った時から幻視となって彼の日常に憑りつき、ことあるごとに懊悩させた。
 そして妹を救い出すという兄のロマンチシズムは、ひとつの死の音を叩く。
 
 僕は司書の女性に尋ねてみた。
 「そんな小説があったはずなのですがわかりませんか?」
 彼女は途方に暮れた。
 折よく返却本を抱えて入ってきた男性のほうへ歩んで、彼に何か耳打ちをした。
 僕の質問を伝えたのだろう。
 彼は僕のほうを見て、しばらく考え込むようにしていた。

 「それってサーカスの女の子の話じゃなかったかい?」
 「そんな気がします。」
 彼は莞爾として「片岡鐵兵だね」と言う。
 「それが読みたいのですが…。」
 「ここにはありませんが、個人的に持っているので明日なら持ってこられますよ。」
 「ぜひお願いします。学校が終わったらここにきます。」

 彼は僕のことを知っていると言った。
 どこの高校かも、学年も、住んでいるところも。
 そして僕の名前を呼んだ。
 僕はその理由を尋ねるのは愚かなことだと感じた。
 その後、僕たちは図書館の控室で本の話に耽り、やがて館長さんも加わって川端康成、横光利一、片岡鐵兵について長い時間語った。

 石を繰り抜いたような窓の外ではエニシダの黄色い小さな花が雨に打たれて揺れていた。

 彼が約束通り携えてきた本は、現在、僕の手元にある。
 送別にプレゼントしてくれたのだ。
 受け取った時はもうそのことを忘れかけていたのだけれど、僕は彼が一年以上も前のことを覚えてくれていたのが嬉しくて、本当に嬉しくて、少しだけ涙目になった。

 僕は現実の本の扉を開く。
 どこかで相変わらずコトコトと音がしている。
 ダージリン・ファーストフラッシュをカップに注ぐ。ゆっくりとのぼりたつ香りの形をイメージしながら。
 玄関先のエニシダが咲き始めた。この花が咲きだすと僕はもう初夏に立っていると感じる。
 紅茶を口に運んだあと、茶葉が切れたので買いに行かなくてはと思った。

 エニシダ



 ☆ ☆ 「綱のうへの少女」片岡鐵兵 ☆ ☆

 昭和2年5月20日、改造社から発刊された短編小説集。
 表題作は内向的官能に支配される主人公と貧困という題材を扱った新感覚主義の手法を用いた作品。作品思想の根底に、やがて片岡が参加することになるプロレタリア文学への予兆が感じられる。
 
 綱のうへの少女(初版)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。