Death and Transfiguration ~死と変容~

 "Death and Transfiguration " (作:川上 勉)

 川上勉04

 今日、川上勉さんから "Death and Transfiguration "と題された乾漆像が届きました。
 川上さんは北海道に住む乾漆像作家です。
 少女と死をテーマに取り組まれていて、繊細、かつ、ファンタジー的な印象を持つ非常にリリカルな作風になっています。

 乾漆像と言うのは耳慣れない言葉かと思います。
 簡単に説明しますと乾漆とは、元にする形の芯を粘土や木で作り、その上に米糊、麦粉、或いは土と木漆を混ぜたものを麻布に吸い込ませ貼っていきます。そうして形にしていき出来上がったものを乾燥させて芯を抜くと中が空洞となり軽く、かつ、耐久性のある素地が出来ます。
 彫像などに比べると成形の自由度が高く、耐久性に富むと言われ、かつては仏像造りに使われましたが手間がかかることから平安期以後は廃れ、以後はあまり見られなくなりました。しかし最近は防水性や防腐性が見直されて工芸品、生活用品などにも利用されています。 

 川上勉01 川上勉02

 この作品を初めて見たとき、僕は死のイメージよりも生のイメージの方を強く感じました。それは浦上天主堂のマリア像に重なるイメージだった気がします。

 死とは無に帰す消滅そのものなのか、それとも更に転生し連環するものなのか。
 死体は腐敗し分解され、土と水に還ります。その変容はただの還元作用なのでしょうか。

 川端康成の小説「抒情歌」には、生命あるものは匂いによって天界に場を与えられるとの描写があります。つまり、花が開き、そこから香りが立ち昇り、その香りが天界に到達するとそこに同じ花が咲き、人間や動物は死して腐敗し、或いは荼毘にふされ、その煙、臭気が天に昇ることによって再び生きると言うのです。
 天界は不老不死の場ではなく、子供は成長し、老人は現生と同じく老衰します。そこにないのは病苦のみだという考え方もあるようです。三島由紀夫は晩年、このテーマに挑んで長編小説を書いています。
 
 川上勉ラフ① 川上勉ラフ①部分

 死の怖れとは変容への怖れなのです。僕たちは変容の正体を解き明かすことができないでいます。それが重く心に圧し掛かって不安となっているのです。

 川上さんは「死のイメージを借りて物体としての人間を造形してきた。そのうちに死そのものが頭から離れなくなり、少女の儚さを通じてそれを表現できればと思った」と話していました。
 ここにある "Death and Transfiguration "という乾漆像は、その意図をよく表現していると思います。
 俯いた少女の胸から上だけを見ていると、それが死体であることを気づかせません。しかし、体は既に木乃伊化しつつあり内臓は溶けて、骨と膜となった肉だけが残されています。けれども少女の命はまだ尽きてはいないのです。眠りについているだけだと信じさせるものがあります。

 人形は人間を模したものであり、それは精巧さを追求していけば腐敗しない死体そのものであると言えます。
 語りかければ唇を開きそうな、その吐息が聞こえるような気さえしてきます。人形の怖さがそこにあり、同時に美しさもまたそこにあるのです。
 
 川上勉ラフ②

 僕は可愛い人形や綺麗な人形が欲しいわけではありません。
 美しい人形が欲しいのです。
 美しいまま、若さや命を留めたままの永久に腐敗しない死体を手元に置きたいのです。
 それは偏に僕が出会ってきた少女たちの面影を人形に映していたいが為かもしれません。

 川上勉03







スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR