曳舟の異空間 " LE PETIT PARISIEN "からのメッセージ

 LE PETIT PARISIEN の石川さんからメッセージをいただきましたのでご紹介します。

 From Ishikawa オーナーの石川さん

 「曳舟の異空間 LE PETIT PARISIEN」 は、当初『古書屋』を標榜しておりました。しかし、これは便宜的な間に合わせの肩書きに過ぎず、私が今後行っていきたい活動と相容れない属性を含んでいたことは否めませんでした。
 もとより、古書の販売を主眼に置いて運営する目論見は皆無であった訳で、寧ろ『販売しないことの意義』を鮮明に伝えることを念頭に置いていました。言い換えれば、『美術的作品としての書籍の価値も伝えて、次代に継承していく』とでも言いましょうか。言辞のみ矢鱈と壮大で、実が伴っていないという指摘はさておき(笑)、とにかく伝えていく為には、原本ありきでないと理解度が半減するだろうという思いから、書籍を無闇に販売しないという方針を採用した訳です。

 書籍を伝える活動に留まらず、個展および単発のイヴェントを実施する所以は、その際にご来場頂いた方達に展示作品やイヴェントをお楽しみ頂くついでに、書籍に目を向けて貰う機会を創出したいという思惑が潜んでいます。実際、個展への来場が目的であった方が、うちの書籍が目に留まったことによって、そのまま引き続きお越し頂いているケースが少なくありません。誰とは申し上げませんが、ね。(笑)

 活動を続けていくうち、いつしか『古書屋』から『書斎』へ、更には『オープンな書斎』と呼称することが多くなりました。私自身は勿論のこと、書斎に足を運んで下さる方達も含めて、『LE PETIT PARISIEN = お店』という意識が稀薄になってきたという証左なのでしょう。この意識の共有は、今後の運営を進めていく上で重要なファクターになると確信しています。
 サーヴィスを提供する側される側の関係では培われない、胸襟を開いたお付き合いをすることにより、相手の趣味趣向に沿った書籍の提示を容易にし、また芸術全般に限らず様々な情報の交換の場として機能し始めています。ゆくゆくは、全ての来訪者が言いたいことを言い合える場所になってくれることを期待しています。20世紀初頭のラパン・アジルのように。。
 そういう訳で、『ここをお店だと思わないで下さい』と、一見の方にはお伝えするように心掛けています.。(笑)

 LE PETIT PARISIENは、時代の変遷と共に埋もれてしまった作家や画家を再評価する活動も偉そうに開始しています笑 ま、こちらは細く長く続けていこうと考えています。求められる人間とそうでない人間というのはどの時代においても必ず存在しているので、現代の潮流なども加味しながら少しでも世に送り出していければなぁ。。と。あ、ちょっと酔ってます。(笑)

 話の画竜点睛を何処に定めれば良いか分からなくなってきたのでそろそろ終わりにしますが、とにかく私の理想というのは、私が現在所蔵している書籍の類を私の生きている時代を超えて残していきたいということに尽きます。そのために、自らの蔵書の魅力というものを多角的な観点から伝えていく所存です。殊に若い世代に向けて。。微塵も来てくれる気配が無いけど。」(笑)

 From Ishikawa



 自らを「異空間」と自覚されているところが、ある意味で酒井徳男さん曰く「書痴」の域に入りこんでいるのかも・・・。
 皆さんも、友達の家でお茶を飲むような気持で、ふらっと立ち寄ってみてください。
 特にお金のない高校生の方、稀観本が読めて、しかも涼しい!営業時間内なら追い出されることもありません。おしゃべりもし放題。うんちくなんて必要ありません。「本が好き」という気持ち、或いは、好奇心があれば十分です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR