牛久沼の月光仮面

 「土用丑の日には鰻を食べない。僕は鰻は大好きだけど、丑の日には鰻の冥福を祈って供養するんだ。」
 そんなことを言っていた友人が中学時代にいました。
 彼はその理由もきちんと話してくれていて、僕には理解できない点もあったのだけれど、わかった気持ちになってしまったのです。
 だってね、彼は結論をこう言ったんです。
 「実際に食べられる量よりも遥かに多くの鰻が殺されて、余ったものは冷凍されて持ち越され、それでもだめだと捨てられちゃうんだよ。一時に押し寄せるから大虐殺が起こるんだ。こんなことを続けていたら鰻はいつか絶滅しちゃう。鰻のためには丑の日にしか食べられないくらいにしたほうが丁度いいのに。」
 あれから30年以上の月日が流れ、ニホンウナギは彼の予知通りに絶滅に向かって一直線です。
 ですからね、僕はチーズケーキを食べることにしたんです。鰻のためには何の役にも立ちはしませんけど。
 まあ、つまりは、込み合っている鰻屋に行くのも面倒だったし、高価だし、アナゴやナマズを代用にしてしまうと彼らに失礼だし、一日限りの秘仏の公開というわけではないので慌てる理由にもなりませんし、何よりも家でのんびりしたかったんです。

 RIMG0905.jpg

 丑の日で思い出すのは、小学生のころ友達4人と自転車で茨城県の牛久沼まで釣りに行ったことがあるんですよ。東京の向島から6時間くらいかけて。
 出発は午前3時。今から思えば「アホかっ!」てな感じですよ。
 しかも苦労して着いたけれども、まったく釣れないんです。
 小魚一匹かからない。誰れも釣れない。
 収獲がないことをボウズというんですけど、心底、丸ボウズです。
 当然、あちらこちらに釣り場を探して移動していくんですが、だんだん頭に血が上ってくるんです。
 「なんで釣れなんだよおぉぉぉ!」ってな感じに。
 こうなってくると魚が捕まえられれば方法はなんだってよくなってきます。それどころか、魚じゃなくてもOK。タイコウチだろうが、亀だろうが。タニシ以外なら。
 子供らは目を血走らせて獲物を探して走り回る。
 すると、バシャリと大きな水音がして、何だ何だと見回す先に、鯉がね、倒れた葦の葉の塊の上にのってるんです。それも大きな鯉です。まな板の上の鯉ならぬ、葦の葉の上の鯉。
 で、4人の釣りバカのうちのひとりがタモアミを持ち出して、鯉を掬うってなことを考えたわけです。
 鯉が見えるところは岸から2mもない。ほんとに目と鼻の先なわけで、ちょちょいと足を水につければ捕まえられそう。
 子供というのは危険なことでも簡単に考えてしまうものなのです。
 東京から京都までの地図を開き、紆余曲折の道路も見ずに頭のなかで一本の線を引いて「なんだ、まっすぐじゃん」みたいにね。
 僕がそばにいた大人だったらとめますよ、絶対。
 「こら、そこのガキ、あぶねえからこっちさ来い」ってな具合に。
 でも、不幸なことに周りに良識のある人間はいず、バカなガキはタモを担いで一足踏み出す。
 一瞬のことだったんですがね、頭まで水のなか。どっぼん!
 辛うじて葦束を掴んで頭を出すけど、泳ごうにも泥が相手では沈む沈む。浮かないんですよ、体が。
 それを見ていた他の3人、慌てふためき右往左往。大声を出すやら、落ちてる木の板などを投げるやら、もう大変。
 でも、仏というのは知らんぷりはしないもんです。
 100mほど先で釣りをしてたおじさんが異常を感じて走ってきまして、釣り竿と麻紐を持ってね。
 溺れてるクソガキを見つけると、迷わず釣り竿をポキリと折って紐を結び、「えいっ」と投げ渡して「これにつかまれ。引っ張るから」と。
 それでことなきを得たんですが、それが土用丑の日。危うく鰻の餌になるところでした。
 岸に上がって「げーげー、ごほっごほっ」とひとしきりやってから、子供らも落ち着きを取り戻し「よかったね。ああ、よかったね」と喜ぶ。夏ミカンを伏せた帽子のまわりで飛び回るチョウチョのごとくに。
 それで、おじさんにお礼を言おうと思ったら、いないんです。どこにも。
 自分の釣り場に戻ったのかと思い、そちらの方へ行ったのですけど、釣り人の形跡もない。何にもない。
 手にしていたのは、確かに古ぼけた竹の釣り竿。もちろん自分たちのではない。
 今度は溺れたことよりもそっちの方が大事件になりまして、神だ、仏だ、幽霊だ、とね。
 ついては子供ですから、家に帰るや否やそれぞれの家庭で大吹聴。
 結果は明らかですよね。当たり前の大目玉。
 しばらくは釣りどころか、自転車の鍵を取り上げられ遠出禁止となりました。

 でね、その溺れたバカは僕です。

 しかし、今でも不思議なんですよね。
 あのおじさんはどこに行ってしまったのでしょう?
 はやてのように現れて、はやてのように去って行ったあのおじさんは、もしや月光仮面だったのかしらん。
 僕を助けてくれたおじさん、あなたのおかげで僕はこうして今も生かされています。
 あれからいくつものろくでもないことを繰り返し、しょーもない足跡ばかりを残してきましたが、笑いのネタのタシになるくらいにはなりました。心より感謝申し上げます。

 いや、本当に感謝しているんですよ。自虐ネタじゃなくて。
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR