午前3時15分

 とても、とても悲しい夢を見た。あまりに悲しすぎたのでそのまま眠り続けることができず、シャボンの泡が唐突に弾けるように、僕は力を込めて眠りを断ち切った。夜のなかに目をさました僕は体を起こすこともせず、薄ぼんやりとした電灯の形をみていた。どうしてだか、あんなにも悲しい夢だったのに眠りが途絶えると同時に霧散してしまい、どんな内容だったのか全く思い出せない。自分独りだけだったのか、ほかに誰かいたのか、こどもの頃のことだったか、もう少し大人になってからのことだったのか、家での出来事だったか、それとも学校、どこかの野原であったのか、何一つ覚えてはいない。ただひどく悲しい夢だった。

 書斎階段

 階段に掛かっている振り子時計の秒を刻む音がとても近くに聞こえ、こんな時に限って周囲は静まりかえっている。どこかで鳥の鳴く声がした。警告を発しているようにも、呼びかけているようにも聞こえた。
 机の上にある懐中時計に手を伸ばして時刻を確認する。午前2時6分。寝床について1時間も経っていない。きっと眠りが浅すぎたからこんな夢をみたのだな、と思う。もっと深く、もっと深く沈み込めていたら、恐らく違った夢をみていただろうし、それを覚えてもいられただろう。現実に一番近いところで見る夢は大抵、浅く、悲しいものと決まっている。

 部屋の灯りを点けてラジオの電源を入れる。戦前のラジオなので真空管が温まるまでノイズが続く。このラジオにはボリューム調整のツマミがない。主周波を合わせるツマミとTICKLERと呼ばれる鉱石検波器のツマミがついていて、主周波を合わせた後、TICKLERで受信精度を微妙にずらして音量を調節するという方式。大正期のラジオや無線機によく使われた。少々面倒ではあるけど、僕はこれが気に入っている。とても柔らかい音がする。カウント・ベイシーやサラ・ボーンを聴くにはちょうどいい。
 
 ラジオ

 NHKのラジオ深夜便を流していると、耳に届く音に刺激されてようやく僕の頭も活動を始める。真空管よりも温まるまでに遥かに時間がかかる。昔の車の暖機運転のようなものが僕が動き出すには必要だ。
 メールチェックのためにPCの電源を入れると駕籠真太郎先生から蔵書票の原画が仕上がった旨のメールが届いていた。駕籠先生は今年に入ってから各地での個展、グループ展などが続きご多忙であられる中、僕が個人的にお頼みしたにも関わらず思いもよらない早さで仕上げてくださった。感謝一入。

 kago00.jpg 下絵 kago着色済01 完成

 駕籠先生に返信を差し上げた後、昭和31年に中原淳一主催の「ひまわり社」から出版された川端康成の「乙女の港・霧の造花他」を本棚から引き出し、一階にあるダイニングへ向かう。テーブルに本を置き、買っておいたスコーンを温めて紅茶の用意をする。午前3時15分、いつもより少し早い朝食。

 AM0315.jpg

 書斎階段の入り口には杉本一文先生の「ピエロ」を掛けてある。地球でお手玉をするピエロが、本の世界への扉に似合っているような気がして。
 言葉自体が宇宙なのだから、きっとピエロは宇宙なのだ、と僕は勝手に感じている。

 雨戸を閉めた外には水滴のかかる音がし、決して小降りとは言えない雨が降る。それでも僕は雨の日は静かだと感じていた。
 「夜明け前の雨音が優しいと思えるのは、絶対に自分は濡れることがないと安心していられるから。」
 あの少女の言葉が不意に思い出された。
 淹れたての紅茶を飲み、スコーンにメイプルをかけてフォークで崩す。
 今、窓の外で降り続けている雨が僕を打つことは決してない。
 そして僕は思う。
 忘れてしまうこと、覚えていられないことは利点だと。
 先ほど見た夢を覚え続けていたなら、僕はふさぎ込んで一日を送ったかも知れない。
 午前3時15分。
 僕の一日が始まった。





 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR