偕誠「つかれた」

 僕の意味のないブログによくお立ちより下さる偕誠さんという詩人がいらして、その方が管理している "Office K"というブログがあり、3月14日に次のような詩が書かれてあります。

 「つかれた」 偕誠

 布団にこもって聴覚を殺し、顔を殴る、救いはない。
 雨の夜道をのそのそ歩く、救いはない。
 何本も煙草に火をつけては消す、救いはない。
 結局のところ、おれはひとりだ。
 だれにもおれの苦しみはわからないのだ。
 おれはだいぶん、世の中のことがわかってきたぞ、と思う。
 それから、おれの寿命も。
 もう長くない、それは間違いない。
 死ぬ時もひとりで死ぬだろう。

 ああ、おれがそもそも間違っていたのかもしれない。
 旧友よ、孤独よ
 いつでもおまえがおれのそばにぴったりくっついて。
 おれを救ってくれていたのかな。

 飛びだしたい!
 妻の眠るこの家から
 町内をさえない顔でうろうろして
 凍えて帰ってくるのではなくて。
 もうなにもかも棄てちまって
 誰にももう迷惑はかけませんから
 ひとりでゆくのだ。
 書き散らして死ぬ。それだけの人生ぢゃないか。
 いつのまにか、何者かになったような、この驕慢。

 聞こえる雨音に混じった罵倒。
 見えてる死角にうごめくくそったれども。
 おれを一体どうしたいのだ。

 近いうちに死のう。
 そうだ、いま作りかけの詩集、
 あれが完成したら死のう。
 悲しいのもそれまで。
 こんなに苦しむのもそれまで、だ。
 どうだ、少しは希望がわいてきたか。
 もともと、今生に未練もなし。

 ああ、ひとりだ。
 今夜はかみしめるようにひとりだ。
 ひとりだ。
 ひとりだ。

 おれがなにしたって言うんだ。
 まあ。
 いいさ。
 もう死ぬんだからね。

 
 偕誠さんが書かれたこの詩に何かコメントをしようと思ったのですが、空欄をどう埋めてよいのかわからず、ただ次のような詩が頭を過りました。
 関連があるわけではないですし、並べることによって意味が成立することもありません。
 このふたつには50年以上の時の隔たりだけがあって他には何もないはずですが、僕の中で自然と結びついたのです。
 ブログにコメントを入れる代わりにここに置いていきます。

 
 「血」 吉原幸子

 たたきつぶす
 小さな虫を
 大きすぎる力で
 すると 小さな血のしみになる

 ほらみろ ひとの血を吸ってる
 いいきみだ つぶれて

 でもだれの血
 わたしではない 覚えがない
 それならだれの血
 ここにはわたししかいないのに

 突然 
 おそろしい考へが わたしをよぎる
 この虫の この虫自身の血が
 このように赤いのではなかったか

 こんなに とびちってゐるわたしを
 かきあつめられない
 わたしによってつぶれた
 赤い血をした小さな虫
 そして この虫こそが
 わたしだった と

  (吉原幸子「幼年連祷」から)

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とびちってゐるわたし…
とてもいい詩ですね
静かに胸を何回も刺されました。
吉原さん、読んでみます。

ぼくなんぞの詩を載せていただいてありがとうございます。
こんな素敵なブログにこんな稚拙なものを…
ありがたさの倍くらいおもはゆくはありますが。

ぼくは普段、詩を書くとき
内面の欲求のまま、走るように書きます。
評価は求めていません。
でも、書きあがったものを発表するときには
おそらくどこかで評価を欲しています。
でも、今回のものは違いました。
蚊がぶちまけた誰のものとも知れぬ血に
すこし似ているのかもしれません。
或いはその、殴るこぶしに。

偕誠 様

詩人の言葉というのはとても簡潔で、それ故に心をわしづかみにして爪を立ててきます。
その痛みは詩人と同じであるはずはないのですが、自分の痛みと同じように感じてしまう危うさがあります。
そしてそれはやがて心に憑りついて病になってしまうのではないか、そんな気がします。
他愛もないブログですがこれからもお付き合い願えれば幸いです。
いつもありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR