スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和和紀「シンデレラの死」

 wy-cin0588.jpg (若木書房、昭和49年初版)

 「太陽がいっぱい」(原作はパトリシア・ハイスミスの小説、原題は The Talented Mr. Ripley) と言う映画は各方面に影響を与えましたね。
 入れ替わりの犯罪という通常はあり得ないことをやってのけるところが映画の面白さです。
 大和和紀さんの「シンデレラの死」も富を夢見たシンデレラ・ガールの入れ替わりの物語です。

 wy-cin0583.jpg

 場所はフランスのコートダジュール。
 サンクレール家令嬢・ドロレスとビアンカ・レイモンは乳姉妹という設定になっています。
 一見すると非常に仲の良い姉妹同然の二人ですが、ドロレスは自分の引き立て役としてしかビアンカを見ていません。
 ある晩、サンクレール家でパーティが開催されます。そこでビアンカはシャルル・ローランという資産家の青年に出会います。
 シャルルはドロレスにプロポーズをしていましたが、彼女にその気はなく「たぶん、ことわるわ」とビアンカに話します。けれども、シャルルがビアンカに好意を示すと急にプロポーズを受けると言いだしたのです。
 「ことわるといっていたのに、なぜ」と問うビアンカに対して、ドロレスは「ビアンカ、あなたはシャルルと結婚できるとでもおもったの。なんて、あつかましい。女中の子のあなたが・・・」と言い捨てます。
 ビアンカが小さな希望を手にすることすら許さないのです。
 その2か月後、ドロレスとシャルルの結婚式の前日。その会場となるサンクレールのヨットが火災に見舞われます。
 救助されたのは顔に火傷を負い、記憶を失くしたドロレス・サンクレールでした。

 wy-cin0585.jpg

 この火災を機にビアンカとドロレスの入れ替わりになるのですが、事故直後では本当に記憶を失ってしまい、本人さえ自分がどちらか判らない状態になっています。
 この記憶喪失が物語の大きな鍵。
 自分はビアンカを殺したのか、それともドロレスを殺したのか。その不安と良心の葛藤。現実に手にした裕福な生活と幸運。
 シンデレラはどちらなのか?
 思い違いが新たな悲劇を生み、ついに事実が明かされる・・・。

 wy-cin0587.jpg

 ドロレスは太陽。ビアンカは月。
 月は太陽がなくては輝くことができない。そして結果としてドロレスは自分の死を以ってビアンカの幸福を阻むことになります。
 月自身が輝くためにはどうすれば良かったのか?その答えを大和和紀さんは読者に委ねています。

…「あなたは死ぬことによってシャルルとあたしをひきはなしたのよ。あなたは月が太陽になることをゆるさないのね。」…

 ストーリーとしては単純です。トリックというようなものもないですね。それに近いものがあるとしたなら「記憶喪失」がトリックを担っていると言えます。実際には錯誤でしかないのですが。
 後年、「はいからさんが通る」「菩提樹」「ヨコハマ物語」「あさきゆめみし」など大作を手掛けることになる片鱗も窺えませんが、単純ながら面白いと言える作品です。漫画としての構成力はこの頃からあったということなのでしょうね。
 
 先日ご紹介した布浦翼さんと同じ北海道出身。デビューこそ9年ほど大和和紀さんの方が早いですが、シンデレラ・ドリーム絡みで取り上げてみました。
 もっとも今はシンデレラ・ガールと言えばアイドル・マスターかもしれませんけれど(ラブ・ライバーの方、すみません)。
 因みに「太陽がいっぱい」って良いタイトルですよね。
 翻訳した方はすごいと思いませんか?原題を直訳すれば「賢いリプリーさん」ですから。直訳だったら日本ではヒットしなかったかもしれないですね。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。