恋には無縁の彼岸花

 連休中は天候に恵まれ英気を養った方も多いでしょう。
 僕は仕事の区切りを見て息抜きに近場へドライブに出かけました。

 麻賀多神社に以前来たのはいつだったでしょうか。
 誰かと一緒だったような気もするし、ひとりであったような気もします。恐らくどちらの記憶も正しいのでしょう。いずれが先だったかが判然としないだけで。
 寒蝉がしきりに鳴いている林の中は少しだけひんやりとはしているけれど、額に軽く滲む汗を引かせるほどではありませんでした。

 20150921RIMG0491.jpg

 ここにはご神木である樹齢1300年余の杉があります。東日本一の大杉とされています。その高さ約40m、幹の太さ約9m。
 麻賀多神社というのは近隣十八社を総じてのことで、ここがその総社(本宮)となっているとどこかの説明で読んだ気がします。延喜式神名帳では国幣社として記載されたというような覚えもあります。
 かつて神社には格と言うものがありました。国幣社というのはその一つです。
 明治四年(1871年)に布告された新しい社格制度においては府県、市が奉幣を担う郷社と定められました。
 社に格付けをしたものであるなら十分ではないが、まあ納得のいくこともあるが、神様に格付けをしたとするならそれこそ神をも恐れない行為だと皮肉を言ったところで、政治機構の都合もあったのでしょう。
 手っ取り早く言うなら、祭祀において奉献する幣帛をどこが担当するのかを決め、国に集中しないようにしたということです。
 明治以降は先ほどの太政官布告により改定されましたが、第二次大戦敗戦後の国政改革を機に廃止されています。
 理由としては再び神道を拠り所として国が一致団結し戦争を仕掛けてこないようにと、米国が神道・国政・国民の分断を図ったというところでしょう。国家民族の精神的収束先を失くすといった単純なもので、それは結果として外見上は実施されましたが、未だに地縛霊は政治家たちに纏わりついているようです。
 それよりも深刻になったのは戦後教育においてモラル(倫理観、道徳観)とマナー(作法、礼儀)とをきちんとすみ分けして教えることをしなくなったことです。ごちゃ混ぜにした結果、骨子を抜かれた倫理観が先に喪失していったということなのでしょう。倫理と宗教というのは密接な関係にありますから。
 神様という存在は人を説得するにおいて重要なのです。誰もその真を捕えることができません。「神様の仕業」「神様が見ている」という畏怖は必要なものであったのです。孔子でさえ怪力乱神について理論の外に起きました。

 ご神木のある林内の至る所に蜘蛛が巣を掛けていました。蜘蛛の巣は美しい。
 巣は細い糸を綿密に組み合わせ獲物を捕らえるために、そして風雨に耐えるために丈夫に編まれています。
 蜘蛛の巣には、正面から生命をかけてあらゆるものに立ち向かう覚悟があるから美しいのです。
 そんなことを思いながら大杉を見上げ、辺りをぐるりと巡りました。

 20150921RIMG0494.jpg

 神社を出たあとは通りを渡り曹洞宗を掲げる超林寺へ向かました。途中、先日までの風雨で地に落ちた青柿の饐えた匂いが鼻を突きました。
 正式な号は麻賀多山信竜院超林寺です。文明十三年(1481年)の建立で境内には平貞胤の供養碑があります。
 平貞胤は千葉氏第12代の当主で観応2年(1351年)1月1日に61歳で京都で没したことになっています。
 供養碑脇にある看板に書かれたとおり、ここに遺物は収められてはいないでしょう。貞胤を慕うものが寄進を募り石碑を立てたと言う推測にほぼ間違いはないでしょうが、石碑の文字が風化し判読不明になっていますので詳しくはわかりません。
 平貞胤について僕はあまり印象はなく、当時の武将にしては機を見るに敏で世渡りの巧い人物だったくらいのことです。調べるのも億劫なので止めておきます。
 彼の没年と寺の建立年から見れば、石碑がどこかから移設されたか、或いは供養塔のあったところに寺を建てたか、没後に記念碑的に創られたか、なのでしょう。最後の選択肢が一番わかりやすい説明です、恐らく。

 20150921RIMG0502.jpg

 墓地周辺にはこの時期、曼珠沙華の花が咲き乱れています。今が見ごろと言ったところ。
 火をともしたようなその姿は忌みとも敬いとも取られ、狐扇、お盆草、鈴玉など様々な名前が付けられ、その数は我が国だけでも方言をいれれば1000種を超えると言われています。死入れ花、死人花、厄病花と言った不吉な名前も多いです。
 球根にはアルカロイドが含まれています。ですので球根そのものは食べられませんが、磨り潰して水に晒して取り出した澱粉は食用になります。
 花の無い時期、ユリ根と誤食した事故も多かったと聞いていますし、確かに事実事故も多くあったのでしょう。それがための忌み名であったかもしれません。
 墓所や畔にこの花が多いのは毒性を利用して土竜などの害獣を避けたためとも言われていますが、さて真偽と効果のほどは・・・。

 この曼珠沙華(彼岸花)ですが、日本に自生するものは結実しません。彼岸花同士では受粉しないのです。
 村田冨美子はこれを知ってか次のような句を詠んでいます。

 さりながら恋には無縁 彼岸花

 けれど黄色の彼岸花に似た花を咲かせる近縁の鍾馗水仙とは受粉します。そこから咲く花は紅色でも黄色でもない白花です。そういうわけで、まったくの恋に無縁というわけではなさそうです。 
 幾つもの忌み名を有する花でさえ恋をするのであれば多少は希望が持てそうな気もします。しかし、花は花、それだけで人を惹きつけるのです。そこが人と花の違いでしょうか。

 20150921RIMG0507.jpg

 つきぬけて天上の紺 曼珠沙華

 これは、山口誓子の作。

 見上げると空には半分に欠けた月。
 陽がとっぷりと暮れ夜空に掛かれば上弦となるのでしょう。
 そして僕はやはり今日も空に向かってシャッターを切ります。

 20150921RIMG0504.jpg 2150921RIMG0520.jpg

 麻賀多神社 〒286-0003 千葉県成田市台方1番地
 超林寺   〒286-0003 千葉県成田市台方10


 
 
 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR