スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木の教会~宇都宮・日光~

 先日は手抜きのぶらり記事を書き捨てるようにアップしたきりで申し訳ありませんでした。
 正直、体力がもう底をついていたもので内容を整理して書き切る気力を失っていました。まだ復調してきませんね。やはり寄る年波ということでしょうか。
 今回は、栃木にある教会を3か所ほどご紹介します。仕事で別の建物の取材にいった途中に足を延ばしたものですが、建築物として非常に美しいものです。ガイドブックなどにも記載されていますのでご存知の方も多いと思います。ですから解説などは省かせていただき簡単に添えておくに留めます。


 日本聖公会宇都宮聖ヨハネ教会礼拝堂(国登録有形文化財)
 栃木県宇都宮市桜2-3-27 TEL028-622-0335

 1911年に認可された教会で、1933年の竣工。設計は、上林敬吉。
 奇跡的に戦禍を免れ、大谷石造りの建物は当時のまま保存されています。但し、併設の幼稚園と敷地を共有しているため普段は見学できません。
 僕が行った日は当然ながら夏休み中であり、事前のアポイントもしていなかったため外観を見るにとどめました。
 建物のベストショットは園庭内から撮ったほうが好いですが、くれぐれも無断で敷地内に入らないようにしてくださいね。
 
 uyc01.jpg uyc02.jpg uyc03.jpg


 カトリック松が峰教会(国登録有形文化財)
 宇都宮市松が峰1-1-5 TEL 028-635-0405 

 mtgc01.jpg mtgc03.jpg mtgc04.jpg

 大谷石張りのロマネスク・リヴァイヴァル建築の教会としては国内最大級、かつ、コンクリート製の教会としては国内最古。
 ロマネスク・リヴァイヴァル建築というのは19世紀末に流行した設計で、ロマネスク様式(11世紀頃)のアーチや装飾を単純化したもの。
 1932年に竣工。設計は、マックス・ヒンデル。建物はコンクリート製で大谷石を仕上げに使っています。
 昭和20年7月の空襲により大屋根が焼け落ち、2年後に修復されています。礼拝堂内のパイプオルガンは昭和51年に設置されたもの。

 mtgc02.jpg mtgc05.jpg mtgc06.jpg


 日本聖公会日光真光教会(県指定重要文化財)
 栃木県日光市本町1-6 TEL028-622-0335

 sc01.jpg sc02.jpg

 聖公会はイギリスの宗教革命から生じたキリスト教の一派でアングリカン・コミュニオンとも呼ばれています。英国国教会と言ったほうがわかりやすいかもしれません。
 日本聖公会はその派を担う形成団体のひとつです。
 竣工は、1914年(大正3年)。設計は、立教学校(現、立教大学)の第3代校長ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー。
 教会の資料によれば日光で初めて礼拝が行われたのは明治8年の8月で、日光観光に来ていた外国人聖職者がその通訳に伴った学生二人と中禅寺湖の宿屋で聖餐式を行ったと言うことです。
 ガーディナーが教会を建てたのは明治32年。現在の真光教会がある場所から少し離れた木造建築によるものでした。その後、日光が観光地として栄えるに従い、外国人の礼拝も多くなり手狭になったため現在の地に移転しました。
 建築様式としてはゴシック・リヴァイヴァルに属します。外壁は安山岩の乱石積み、内壁は板橋石の平張り。
 ガーディナーはその妻、フローレンスとこの地で出会い、同じ時を過ごし、今も寄り添うようにしてこの真光教会の聖書朗読架前の床下に眠っています。
 真光教会では信徒でなくても結婚式があげられるので、その趣のある佇まいとガーディナーのロマンスのため多くのカップルが利用しているようです。
 愛の絆は先人に由来するようなものではないとは思いますが、そこは未来へのお守りと言ったようなものでしょうか。そのご加護のほどは置いておいても、このような教会で式を挙げられるのは素敵ですよね。

 sc03.jpg sc04.jpg sc05.jpg

 この日の遅すぎるランチ(既に4時)は、日光金谷ホテルのラウンジ「メイプルリーフ」で摂りました。頼んだメニューは、大正時代のカレーのレシピを再現した「百年カレー」です。肉は鴨を選びました。

 kny01.jpg kny02.jpg

 松が峰教会で見つけた聖書の言葉です。
 マタイ6章第34節からの抜粋。

…明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。…

 素晴らしい天のお言葉でした。

 

 
 

 

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。