違和感の夏

 梅雨の晴れ間をどうやって過ごしていますか。

 季節がわかりきったように移り変わってゆくなんて思い込みにすぎないのかもしれませんね。
 エルニーニョ現象の影響で梅雨前線は北上できず、南に停滞したまま九州地方で豪雨をもたらします。
 何年か前も同じようなことがありました。
 太平洋高気圧が発達せず、梅雨前線を日本海側に押し上げることなく梅雨明け宣言の無い夏を迎えたことが。
 その夏を贋物とは誰も呼ばないでしょうけれど、違和感を抱いた人は少なくなかったと思います。
 今年も同じような夏がやってきそうです。
 君はそれを偽りの夏と言い捨ててしまうのでしょうか。

 ねえ、君、いつもと違う一日を過ごすためにはどうしたら良いと思いますか。
 遠出をするとか、一見の店でランチをとるとかでしょうか。
 行動パターンを少し変えてみればいいのかな。
 でも、それでは何も変わらないことを君は知っているはずです。
 時と場所が違うことが自分に変化をもたらすわけではないということ。
 気持ちが変わらなければ、同じ思いを持ち続けて彷徨うだけなら、それは変化とは言わない。
 思考は縛り付けられたように同じ場所を巡り続けるだけで何も前に進まない。
 夜の逸れ蟻のようです。
 偽りの行進に過ぎない。
 
 君に言われなければ始めなかったこの日記ですが、その時に話したことを覚えていますか。
 「区切りのないものを始める気はないんだ。とりあえず一年分の日記を目標ということなら書いてみます。」
 僕はこう言ったはずです。
 今、日記は305頁目です。
 そのうちには全く意味のないものもありますから丁度300と考えた方が良いのでしょう。
 とすれば、あと65頁分で区切りを迎えます。
 だからといって残りをどう構成するかなんてことは考えてはいません。
 これまで通りに成り行きに任せるのみです。
 
 君にとって、僕の「いつか」「どこか」での話は意味を為していますか。
 本から意味のあるメッセージを送ろうなんてことは考えてはいませんでしたけどね。

 以前、車谷さんに言われたことがあります。
 「書くということは自意識の押し付け、自己満足以外の何ものでもない。歩み寄りなどなく、ただわかってもらいたいという欲望だけが存在している。ものを書くということは自分の中の汚物をまき散らすことであり、人の行為の裏側を覗きこむことなんだよ。しかもその表現はどんなことをしても剽窃であることを逃れることはできない。つまり悪だ。悪を行い得る本性を持った人間しか小説家にはなれない。」
 
 僕はね、中途半端なんですよ。
 人を信じる事よりも疑うことが仕事であると、それは本当にそう思っています。
 問題なのはそれが片側通行であることです。
 僕は自分を疑うことが怖いのです。
 自分を否定しなければならないことを避けていたいのです。
 天秤ばかりが傾きを明確に示すことに怯えているのです。
 だから、どちらにも傾かないように細工をする。
 稚拙なレトリックで。
 錯覚していたいんですよ、できるなら永久に。
 自分の価値を示すことなく。

 僕は、僕のいない世界と僕だけを残した世界とを区別できない、と何度か書きました。
 それは結果無価値と言う自分の評価以外のなにものでもないのです。
 僕と世界とは相互関係からしてみると全く無関係であり、僕だけが依存しているにすぎない。
 世界は僕を必要としてはいない、僕だけが世界を必要としている現実がそこにあります。
 パラサイトです。

 君は既に気が付いているのだろうけれど、不思議なこともあるものなんですよ。
 そのパラサイトの書いた「いつか」「どこか」での話が、読んでいる君にとって「いま」「ここで」の話にすり替わってしまうこと。
 そして、そうすることで僕は過去における自分の不存在を覆い隠して現在にしてしまえるのです。
 
 僕がこれを書き終える頃、僕の天秤ばかりは正常さを取り戻すでしょうか。
 そうしなければなりませんね。
 あと凡そ64頁です。

 今日は晴れて暑くなりそうです。
 くれぐれも気を付けてください。

 それでは、また。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR