スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログのタイトル

 今日、取材が終わった後、報告のために立ち寄った取引先での出来事です。

 ひと通り報告が終わった後、雑談をしていました。
 「なんで『おしゃべりのあとさき』なんですか?」と突然、そこの女の子にブログについて尋ねられました。
 すると近くにいた男性主任が「あれでしょ。ほら永井荷風の小説からだよね。何とかのあとさき。」
 「つゆのあとさきですか?」と冷たいほうじ茶をもってきてくれた子が話に参加。
 「それって、さださんの歌じゃなかったでしたか?」
 さらに割って入ってきたのは、「大奥の魔女」を自称するベテランOL様。
 「さだ?さだって噺家だっけ?」
 「歌手ですよ、もう。グレープとかデュオを組んで歌ってたんです。今はソロですけど。」
 「ああ、そっかぁ、白線流しだっけ?映画かなんかにもなったよね。」
 「ちがいますっ!精霊流しです。しょーろーな・が・し。オカルトと一緒にしないでくださいよ。確かにどちらもドラマや映画になりましたけどね。」
 と主任と大奥の魔女とのやりとり。
 (ちなみに「白線流し」はオカルトではありません…。)
 「白線流しって『ひぐらしの鳴く頃に』ですかぁ?」と最初に質問してきた女の子。
 「いや、それは『綿ながし』だから。」と主任。
 ぶらっとやってきた男性社員がちょろっとひと言「島流しがどうかしたんですか?」
 (ああ、とうとう永井荷風が島流しになっちゃったな)と思っていると。
 「で、なぜ、おしゃべりのあとさきなの?」と最初の話題。
  
 という短い錯綜を重ねた日常会話の行く先に落ち着いたものですから、つまりは説明をしたわけです。

 永井荷風の著作に、小説「つゆのあとさき」と随筆集「紅茶のあと」というのがあります。本当はこれを組み合わせて「紅茶のあとさき」にしたかったのですが、江藤淳の荷風評の著書に同名のものがあるので遠慮したわけです。
 僕の書くものなんてたかが知れていますし、どうせ無責任極まりない無駄話ですから「おしゃべりの延長でいいじゃん」とか思ったわけです。
 おしゃべりなんてものは前後の脈絡なんて関係ないですし、言ってしまったからその後どうするというものでもないですから、ちょうどいいんじゃないかと。
 あと抜け道ですね、「おしゃべり」という。
 おしゃべりなんて言うものは思いつきで言葉がでてくるものですから、思い違いもあれば、誤解もあります。大袈裟に話したり、脚色することもありますでしょう?間違いもそこには存在するし、それはあっても良いわけです。
 いちいちその場で広辞苑を開いたり、百科事典を持ち出したり、PCを起動して検索しながらおしゃべりをする人を僕はまだ見たことがありませんので、幸いに。
 書くことは、つまり「嘘」でなければいいんじゃないかと。誰かに「間違ってますよ」と指摘されたら素直に頭を下げればいいだけです。
 ただご紹介を話の中心に置いた場合には、ご迷惑がかからないよう最低限の資料は紐解きます。それ以外の僕自身の個人的なことは曖昧にしておいても可、という姿勢で書いています。
 だいたい思い出すことなどというものは、元来、当てにならないものです。記憶は時間がたてば再構成される危険性があります。いえ、常に再構成され続けていると言ってもいいかもしれません。
 こうして身辺整理、備忘録的なブログということで題が決まったわけです。

 つゆのあとさき 「つゆのあとさき」(中央公論社、昭和6年・初版)
 紅茶のあと 「紅茶のあと」(籾山書店、明治44年、橋口五葉・装丁、胡蝶本)
 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。