スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松谷みよ子「わたしのいもうと」

…この子はわたしのいもうと。むこうをむいたままふりむいてくれないのです。…

 「わたしのいもうと」(文・松谷みよ子、絵・味戸ケイコ、発行・偕成社)

 わたしのいもうと01 わたしのいもうと02

 ある日、松谷みよ子さんのもとに若い女性から一通の手紙が届きました。
 「わたしの妹の話をきいてください」と書きだされたその便箋のなかには、彼女の妹が体験したいじめの話が綴られていました。
 そして、それは妹のいじめ体験のみにかぎらず、自分より弱いものをいじめること、自分たちとおなじでないものを排除すること、それらが戦争につながってゆくのではないかと綴られていたそうです。

 絵本のなかの少女は小学4年生。
 どこか違う地方から転向してきたのでしょう。
 その言葉の違いをからかわれ、さらに跳び箱が苦手だったことを揶揄され、ついには「汚い」と罵られ孤立していきます。

…いもうとがきゅうしょくをくばるとうけとってくれないというのです…

 楽しいはずの小学校がいじめによる地獄の場と化します。
 次第に不登校になり、ついには自分の部屋から出ることもなくなり、一日中、背中を向けて折鶴を作り続けます。家族にも顔をあげることなく。
 やせ細ってゆく少女は、そして、ひっそりとその一生を閉じます。
 便箋に短かすぎる言葉を残して。

…わたしをいじめたひとたちは、
 もうわたしをわすれてしまったでしょうね。
 もっとあそびたかったのに。
 もっとべんきょうしたかったのに。…

 孤立していること、異分子であることは必ずしも悪いことではないのです。
 真に問題となるのは、悪意によって孤立させられていること、どこも違わないのに異分子とされてしまうことです。

 人間は共通の目的を得た時、その集団としての力を最大限に発揮します。
 しかし残念ながらそれらは社会的には限りなく低水準に留まることのほうが多いのです。
 高尚な理想論より低俗な猥談のほうが興味を引く、もしくは、正論よりもデマのほうが人を誘導しやすいと言えば分りやすいでしょうか。
 ナチス・ドイツのユダヤ人政策、黒人差別などと大袈裟に世界史を紐解かなくとも、もっと身近に存在しています。
 その身近な危険に僕たちは関心を払わない。
 問題が起きるまで。
 そしてその端緒は大概、冗談や遊びからなのです。
 悪意のないからかいが次第に変質し悪意を生成する。
 それらが奇妙な決まり事を作り上げてしまう。
 冷静になって考えれば理不尽で奇妙なこと、つまり誰もが気づいて良い「間違い」なのです。

 たとえば自分では「変だ、やってはいけないんだ」と思っていながら同一の行動を反復し起してしまう。
 それが個人の行動である場合は「強迫性障害」と言い、精神疾患のひとつに類別されます。
 けれど「誤った常識」が大衆にまで拡がり同一の行動を示せばすべてが正当化されてしまいます。
 一部は気づいているはずなのですが、その本当の正当性を互いに確認することができないのです。
 口に出してしまったら自分が弾きだされてしまうのではないかと。
 だから誰も言葉にだせない。
 そしてスケープゴートに冤罪をなすりつけるのです。
 多数の怖さは言うまでもなくここにあります。

 言われた当人の心に突き刺さる冗談も、最初は笑ってやり過ごそうとします。
 周りも笑っているから、仲間からはみ出したくないので我慢するのです。
 しかし、その遠慮が周囲に「承諾」ととられ「許された遊び」となり、ついには「自分たちと違う存在」というところまで変質してゆくのです。

 人に対する「イジリ」は本当にコミュニケーションとして必要なのでしょうか?
 それがコミュニケーションと言えますか?
 僕の理解が間違っていなければコミュニケーションとは、「社会生活において人間が相互の意思や感情、各々の思考を伝達し、交換しあうこと」であるはずです。
 
 「人間に最も害悪を加えるものは、やはり同じ人間である」という歴史を、どこかで変えることはできないのでしょうか。
 先の多くの戦争の反省があるというのなら、その対策は簡単なことです。
 現在を「戦前」にしないことです。
 それと同じで個人においても罪の意識に気づき苛まれる前に、罪を犯さない事。
 それは不可能なほどに難しいことです。
 まったく誰も傷つけない生き方などできるはずはない。
 けれど「する自由」とは暴虐の限りを認容したものではありません。
 人は他者に危害を与えない限りにおいてその行動を許されているということを、今一度考えてみませんか。
 
 「あなたが罪を忘れても、罪はあなたを忘れはしません。」

 かつて僕が傷つけた子が、僕に投げつけた言葉です。
 僕は彼女の味方になれたはずだったのに、そうしなかった。
 ひとりになる勇気を持てなかったのです。
 僕は絶対にこの時の声を忘れません。


 


 
 

 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。