分岐点

 連休をどのよう過ごしていますか。
 雑踏を楽しむことも、ひとりで部屋にいる楽しみも、きっと君は選ぶことができるのでしょう。
 外出するのであれば、幸いに天気はそれほど大きく崩れはしないようです。

 先月の25日、別府葉子さんのコンサートがありました。
 ローソンで前売り券を買って楽しみにしていたのですが体調が思わしくなくて行くことができませんでした。
 ちょうど西巣鴨から通ってくる女の子がいましたので彼女にチケットを譲りました。
 コンサートの翌日、彼女は興奮したように「声が綺麗で、歌も上手で、感動しました!」って話してくれましたが、やはり自分の耳で聴かないことにはまったくわかりません。
 ただ彼女のライブ初体験が別府さんの歌声に触れることだったということは確かな価値があったと思います。
 「つぎのコンサートがあったら誘ってくださいね。チケット代は払いますから」と笑顔で言っていた彼女の言葉に嘘はないでしょう。

 君は歌うことが好きでしたね。
 
 悲しい時でも歌うことはできると誰かが言っていました。
 何十年ぶりかで再会した友人。
 「高校生の頃、放課後は毎日、歌ってたよね。ちょっと弾いてみてよ。うちの息子のギターあるから。」
 けれど僕はギターを手渡されてもとてもつま弾く気にはなれなかったし、歌うことなんてできませんでした。
 渡されたギターを丁寧にスタンドに戻して、「また今度ね」と。
 年月のブランクではなくて、僕のここ数日のできごとがそれを阻んだのです。
 涙もでない悲しみなのに、それは歌声をあっさりと塞いでしまう。
 だから僕はこう思うことにしたんです。
 「気がのらない」って。

 君は「時間が戻ればやり直せることが多いのに」って言っていましたね。
 でもね、時間を戻しても結果は恐らく変わらないのです。
 もちろん、これは僕に限ったことです。
 僕は現在の自分に満足しているわけではないし、後悔も山ほどあります。
 それこそやり直したいことをやり直すために過去に戻ったら、もう二度と現在に帰ってはこられないくらい。
 けれども、きっと僕はその場面で同じような選択をするのです。
 「現在」を変えないために。
 自分の通ってきた過去は胸を張れるようなものではないけれど、自分の知らない過去を通じて見知らぬ「現在」に至ることの方が遥かに怖いのです。
 すべてを消去して、やり直す決心をするとしたなら、それはきっと自分のためではないでしょう。
 自分を諦めてでも助けたい誰かのために。
 そういった強い心がないと「過去」は決して動かないと思うのです。
 ですから、僕はたとえ過去に戻っても結果を変えないための選択しか、恐らくできないのです。

 分岐点は幾つもありました。
 それらを選択した僕は、つねに成熟した思考をもとに行動したわけではありません。
 おざなりに、面倒がって、無責任に、選んだと言う意識もなく、周囲の勢いだけで進んだことの方が今となっては多いのかもしれません。
 それでも、きっとそれはその時点で僕の精一杯だったと思うのです。
 後悔がその時に選び取れなかった正しい答えを連れてきたのなら、それを「成長」という言葉で飾ってもいいし、決して間違いではないでしょう。
 現在は分断されたエピソードの集積ではないのだから。
 スピンオフは自分の見ていない世界の物語なのです。
 だから僕は自分の選択によってしわ寄せが起きた見知らぬエピソードの結末に幸いあれと祈ります。
 明かり灯る窓の内側は幸福なものだと信じたほうが気が楽なので。

 そして、今、僕は、君のために何ができるのだろう。
 そんなことを思っています。

 残りの休日が君にとって、君の周囲の人にとって、楽しいものであることを願っています。

 いつものように写真を2枚添えます。
 吉見のヒカリゴケと蚤の市で見つけたひな人形の首です。

 ひかりごけ 蚤の市



 それでは、また。




 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR