雲雀

 如何お過ごしですか。
 空にはもう夏の気配をさせる雲が浮かんでいますね。
 僕は体調を崩し、起き上がれない朝を迎えています。
 何とか窓を開けて風をいれるのですが、ここから吹き込んでくる風は野をわたるものと違い、世間の雑事の音を連れてきます。
 そんななかで雲雀の声を聞きました。
 どこか高い空から澄んだよく響く声で、夏を囀ります。
 雲雀が鳴くのは太陽が高くのぼってからだと思っていたのですが、割と早起きみたいです。それともこの彼が珍しいのか。
 その声が聞えなくなるまで耳を澄まし、その後でモーツァルトのピアノコンチェルトをかけました。
 少しでも体が動くようになったら仕事を片付けに入ります。特に人との約束は違えられないので、重い体を引きずり起してでも行かなくてはならないから。
 グレゴリー・ザムザになりきれるならそれも好いかもしれません。

 音楽は、ここ最近はずっとモーツァルトです。
 特にピアノコンチェルトは初夏に似合う気がします。
 今も Piano concerto 15番が流れていて 第2楽章 Adagio に入りました。
 やがて11番、23番と移っていきます。
 ピアニストは、Derek Han です。

 雲雀の話に戻りますが、君は「ひばりのす」という詩をご存知ですか。

 ひばりのす
 みつけた
 まだたれも知らない

 あそこだ
 水車小屋のわき
 しんりょうしょの赤い屋根のみえる
 あのむぎばたけだ

 ちいさいたまごが
 五つならんでる
 まだたれにもいわない (木下夕爾)

 子供の頃の秘密の多くは宝物でした。
 大人になって抱える秘密の多くは後ろめたさと他人のゴシップばかり。
 わかりあえた振りをするために強要された王様の耳です。

 木下夕爾は俳句も作っていて、僕は次の句が好きです。

 かたく巻く卒業証書遠ひばり

 卒業という学生の門出とひばりの囀りの爽やかさが重なり、映像のようにその場面が心に浮かんでくる句です。
 卒業証書を胸に抱いて学校からの帰路についたのはついこの間のような気がするのに、季節はそれを惜しむことなく遥か彼方へ押しやります。
 時間は何も解決しません。
 ただ遠方へ流し、不分明なものにしてしまうだけです。
 そこにあったはずのものさえ、自分だけの記憶に変えてしまう曖昧さを増すのみです。
 
 体調が回復し、GWの賑わいも収まったら鎌倉へでも出かけてみようかと思っています。
 まだ紫陽花も咲かないので人もそう多くはないでしょう。
 写真を2枚添えておきます。
 ちょっと前に立ち寄った小湊鉄道の上総鶴舞の駅です。

 それでは、また。

 上総鶴舞01 上総鶴舞00


 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひばりですか、そう、もう夏がきてるのですね。
ぼくも早く起きなくてはいけませんね。
市原に二年住んでいたので、小湊鉄道なつかしいです。
13、14歳という青春のはじめを過ごした地です。

>わかりあえた振りをするために強要された王様の耳です。
ドキっとしました。
少年の心をよみがえらせることは不可能なんでしょうか。
ときたまそんな錬金術的なことを思います。


ご無理なさいませんよう。
くれぐれも御身御自愛ください。

偕誠 様

> 市原に二年住んでいたので、小湊鉄道なつかしいです。
> 13、14歳という青春のはじめを過ごした地です。

 よそ者の気楽な感想ですが、小湊鉄道沿線は里山の雰囲気もあって落ち着きますよね。
 時折、ローカル線にのってぶらっとしてみることがあるんです。
 特に小湊鉄道は利用しやすいので。
 目的もなく、途中下車して次の列車がくるまで小一時間を過ごす。
 何もないけれどどことなく心地よい時間です。

> 少年の心をよみがえらせることは不可能なんでしょうか。
> ときたまそんな錬金術的なことを思います。

 時を過ごすことが次第に速度をまして感じるのは、脳が処理する時にショートカットするからなのだそうです。
 つまり子供の頃は好奇心が強く、何でも見て触ってを繰り返す。それが時間をゆっくりと感じさせることになると言うんですね。
 錬金術で何かを生み出せるとしたなら、大人にとって欠けている純粋な好奇心かもしれませんね。

 体調の方はだましだまし仲良くやって行くことにします。
 お気遣いありがとうございます。
sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR