スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も、雨模様

 お元気ですか。
 随分と無為に日を過ごしてしまいました。
 それと、ご無沙汰して申し訳ありませんでした。
 理由はいろいろとあるのですが、「実は」、「本当のところは」と言った書きだしに続く言葉はいつだって言い訳にしかならないので止めておきます。
 しかもその言い訳は嘘ばかりなので。
 かといって拝啓からはじまって敬具で終わるようにも書きたくないとは思っていたのです。
 けれども無能は如何様にもならず、あれこれと悩んだ挙句にお決まりのご機嫌伺いの文句で始めるしかできませんでした。
 奇をてらった表現はきっと僕には似合わないので。
 そして次は定型通りに時節の話題に移ることになるのが自分でも情けないです。
 四月になって桜の花も咲き、浮かれだっていたところへ雪が降ったり、長雨が続いていたりしますね。
 「四月の雪」とか、「春の嵐」なんて文字にしておくと大袈裟な小説か映画のタイトルのようです。
 そしてそれらは大概看板斃れなのですけど、現実は花冷えなんて言葉で風流を表す痩せ我慢をポケットから持ち出せないくらい指先まで凍えさせます。
 今日も空は雨模様で、「このまま梅雨入りしそうです」と天気予報に言われれば信じてしまいそうな雲行きです。
 君の町にも雨は降っているのでしょうか。
 君の傘の色は何色でしたか。
 曇り空の水たまりにもきっと映えるような色合いなのでしょうね。
 僕の傘はどこにでも売っている男性がもつには無難な個性のない茶色です。
 確かホームセンターで一本800円だった気がします。
 「頑丈で軽い。しかも安い」とマジックで書かれた大きな手描きのポップが貼ってありました。
 子供の頃は人と違うものを持ちたがったのに今は目立たないものを選ぶようになってしまいました。
 ところで、少し前の今月の11日、秋葉原にある稲森神社の御衣黄桜を見てきました。
 当たり前に見過ごしてきた花ですけど、この日はそれを見るためだけに足を運んだのです。
 そうするといつもとは違った感じで受け止められるような気がしたのです。
 花は満開でしたが、時折落ちる雨と鈍色の厚い雲の下ではせっかくの色もくすんだ印象を残しました。
 「ソメイヨシノが散った頃に咲きはじめますよ。」
 そう聞かされたのは昔のことです。
 もう散ってしまったかなと思っていたのですが、4月の寒さが幸いしてか花は盛りを留めていました。
 御衣黄桜は薄黄緑の八重桜です。
 開花して次第に色変わりし、散るころには薄桜色になり地に落ちます。
 花にしてみれば天気に関係なく命をまっとうしているのに、花見の客には「あまり綺麗じゃないね」などと言われてしまったりするのです。
 僕が花だったら「もう少し明るい薄曇りの日にきて見上げてください。そうすればきっと今より綺麗にみえます」と申し開きをしたかもしれません。
 とどのつまり串田孫一の言葉を借りれば、僕は、「ところで」ではじまって「さて」で終わるような所在ない言い訳しか持ち合わせていないってことです。
 その日のランチは神保町にある「ラドリオ」という喫茶店でとりました。
 ナポリタンスパゲティのセットでした。
 この日、写真を何枚か撮ったのでそのうちの3枚を添えておきます。
 御衣黄桜とラドリオの店内です。
 とりとめもないことばかりですみません。
 でも、そのとりとめもないことの集合が僕の毎日なのです。
 天候不順で体調を崩し易いのでくれぐれもご自愛ください。

 それでは、また。

 追伸

 通りに面した稲森神社の蔵の壁に、左官が鏝で描いた鯉のレリーフがあります。
 とても生気に溢れた良い鏝絵です。
 近くに行くことがあればぜひご覧になってください。

 稲森神社01 稲森神社02 神保町・ラドリオ





 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

無為に、とおっしゃるなら、ぼくのほうが上かと・・・。
調子を崩して仕事をやめ、自宅静養中で
このごろはなにもせずに一日を終えることもあります。
本もあまり読めずにいますが、otosimonoさんの文章は
ミストのように心地よくしみ込んできます。
みずみずしくて、心地よい文章だといつも思います。
喫茶ロドリゴさん、いい雰囲気ですね。機会あったらいってみたいと思います。稲盛の鯉も。

偕誠様

いつもご訪問ありがとうございます。

> 無為に、とおっしゃるなら、ぼくのほうが上かと・・・。

僕は再び歩き出すための休息の時間を無駄だとは思いません。
歩いて、走って、疲れたら立ち止まって、時には座り込むこともあるでしょうし、泥のように眠ることもあります。
心と体が休養を必要としているのなら休ませてあげるべきなのです。
ですからご自愛ください。

> 喫茶ロドリゴさん、いい雰囲気ですね。

僕はタバコは苦手なのですが喫茶店は好きです。
惜しむらくは、喫茶店に頻繁に通うための資金を持ち合わせていはいないことです。
たまの贅沢ということになりますね。
ですから心地よい場所で過ごしたいのです。
偕誠さんのおすすめのところがありましたらお教えください。
もしかしたらお互いが知らないままに同じ時を共有しているかもしれません。
そんな偶然を楽しめるのが喫茶店なのです。
sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。