スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落栗花、そして、昼顔

 栗の花、落ちる。
 落栗花と書いて「ついり」と読みます。
 「つゆいり」がなまったものです。
 栗の花が散るころが入梅に重なるため、この字があてられたとどこかで聞きました。
 最近の雨は栗の花がこぼれ落ちるどころか叩き落とす勢いで降りしきりますね。どこぞの熱帯雨林にでも入り込んだ心持がします。
 そういえばボルネオに初めて行った時の夜、サウナのような湿度の中で豪雨に巻き込まれたことがありました。いつかこの国もそんな気候になってしまうのでしょうか。
 北半球の亜熱帯化。
 次に出番を待っているのは氷河期のようです。
 その前哨戦ではないでしょうが、「俺も控えているぞ」とばかりに先日は東京で雹が降り積もったりもしています。
 異常なのは気象だけではなさそうですけどね。
 とにかくこの日は前日の不規則な豪雨が小休止した心地よい快晴。
 真白な雲が青空に立ち上がり、既に梅雨が明けたかのような気さえし、あまりに気持ちが良かったので車を使わず駅までの道のりを歩くことに。
 その通りがかりの道端に白っぽい丸い小さな花を見つけました。
 ヒルガオです。
 本来は薄桃色の花弁ですが強すぎる陽射しを正面から受けて色を失くしてしまったかのように僕の眼には映りました。
 学名を「Calystegia japonica」と言い、日本原産種。
 この花はアサガオとは異なり根で増えます。ヒルガオが種を結ぶことは稀なのだそうです。
 ふたつの花は良く似ているのに全く違っているのです。
 そのヒルガオを見ながら西脇順三郎の同名の詩を思い出しました。

…ああ
 夏がまた来てしまつた
 もう何もいうことはない
 野原の方へ歩きだすだけだ…

 「人類」という詩集に収められているこの詩は、彼の他の作品と同じように非常に長い。
 
…道端の藪にからむ
 あのヒルガホのやわらかな蔓なら
 馬でもたべられそうだが
 あの花の色のうすもも色は
 地球上何属にも見られない
 薄暮の最高の哀愁の色だ
 まひるに見ても
 どんな放浪の旅人がみても
 つかれた眼になみだがにじみ
 夕暮れを感じたであろう
 放浪の心はその名を悲しそうに
 呼んで顔をそむけるだろう…

 この後、中国語でヒルガオを指す「旋(セン)」を持ち出し、続いてミルトンやランボー、ギリシャ神話を思い浮かべ、そして、道をゆく男や周囲の景色へと視線を動かし、そこから果てのない連想ゲームのように言葉が紡がれていきます。
 その自由な広がりこそ詩のもつ本質だと言わんばかりに。
 ゲンゴロウ、ジュンサイ、サルスベリ…。
 にぎりめし、スカンポ、ヘンリー・ムーア…。
 そして、この言葉の飛翔が最後に行き着くのは一匹の蛇の姿です。

…この窓から天狼星が見えます
 ところであなたは紋章学を
 やつたことがおありでしょうが
 あの赤ん坊をたべようとしている
 蛇の紋は何といいましたかね
 すつかりわすれてしまつたわい
 ああ
 野原のセンリツ
 カイレ …

 蛇足ながら付け足しておくと、この紋章は「戴冠する蛇(Serpent Vorant)」です。
 紋章の形を思い浮かべながら考えます。
 自由な心の飛翔を楽しむ余地もなく、僕たちのこの国はどこへ行ってしまうのでしょうか。
 蛇に食べられてしまうのは僕たちなのか、この国なのか、それとも他の誰かですか。
 食べようとしているその蛇はいったい誰の役回りなのでしょう?
 強すぎる陽射しに色を失くしてしまうのはヒルガオだけではなさそうです。
   
 

 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。