スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外小代公園で。(公津原古墳群・成田市)

 成田ニュータウンの北端に外小代公園というところがあります。それほど大規模な公園ではありませんがよく整備されており、総合運動場、テニスコート、遊具施設などを備え、春の桜は見ごたえがあります。
 その公園の一隅に9基の円墳があります。公津原古墳群と呼ばれる成田ニュータウン内に保存された古墳群のひとつです。

 外小代公園04

 今の時期では花には中途半端でとくにこれといって目をひくものはありませんが、何もないということが心地よく感じられることがあります。

 昼食をとりはぐれてしまった午後3時。すこし休ませてくださいと誰にお願いするのか車をとめました。
 今日は湿気を帯びた汗の滲む陽気でしたが、日陰におちたベンチに腰かけてこの季節特有の少し甘い香りを含んだ風を受けていると、夏が近づいているという気配が実感されます。

 外小代公園03

 風に吹かれている丘の上はこんなにも穏やかで、囀る鶯や目白の声は澄んで耳に届いてくるのに、僕はどうしてこんなにもつかれてしまっているのだろうと思うのです。
 何がつらいとか、苦しいとか、誰よりも何よりも厳しい毎日を送っているということではないはずなのです。どこにでもある、誰にでもあるありふれた毎日のはずなのに、こんなにも疲れてしまっているのです。
 理由もなく疲れ切ってしまっている僕は、ベンチに座ったまま目を閉じて呼吸を数えるように心を閉じます。せめて空元気が心を満たすまで。僕はまだやれると、よし立ち上がるぞという勇気が湧いてくるまで。
 たとえ一人でも僕は立ち上がれる。今までもそうだったじゃないか。足は萎えていないし、腕も動く。視界も音も言葉もあり、失ったものなどない。僕はまだやれるんだ。そう胸の奥で呟きながらじっと通り過ぎる風を数えます。

 外小代公園02

 古墳の丘で風に吹かれていると砂時計の蜂の腰を通過して行く、擦れるような時の音がきこえてきます。僕がそこを通過する番もそれほど先のことではないのだろうと確かな予感を抱いて。

 そう、夏が近づいているからなのかな。
 たぶん理由があるとしたらその程度なのです。

 外小代公園01

 ぶらんこに乗って漕いでみたら座板が低すぎて足がもつれてしまい、うまく動かせませんでした。時を実感するというのは、おとなになり過ぎたということを知るのは、こんなにも簡単なことなのです。



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。