軍艦島 ー 長崎県・端島

 長崎港から離れること18.5Kmの海上に、かつて膨大な埋蔵量をほこる海底炭鉱を採掘していた島があります。
 正式名称は「端島」(はしま)と言い、その異容から別名「軍艦島」と呼ばれています。
 この海底に石炭層が発見され採掘がはじまったのは江戸の末期1800年頃、1890年に三菱の所有となり1974年(昭和49年)まで採掘が続けられます。
 島周、約1.2Kmのこの人工島の最盛期(1960年)には、当時の東京の人口密度の10倍と言われた5200人を超える人々が居住し、その廃鉱時においても2200人が住んでいたと説明がありました。

  軍艦島002 軍艦島017 軍艦島001-1 

 狭い島内には地下3階地上9階建てのアパートをはじめとしたコンクリートの建物が林立し、学校、病院、娯楽施設、ショッピングセンターなど生活に必要なものをすべて兼ね備えていました。
 日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅が建設されたのもこの島です(1916年)。
 ただひとつ、島内になかったものは火葬場で、それは端島から少し離れた小さな無人島に設けられ、そこで荼毘に付し島に遺骨をもちかえっていたそうです。
 エネルギー資源が石炭から石油へと移り、ついには放棄されてしまうのですが、その先進的な技術の結晶は近未来的コロニーの理想を築いたといっても過言ではないでしょう。
 
 軍艦島003 軍艦島004 軍艦島005

 はっきりと覚えてはいませんが、僕がこの島のことを知ったのは高校生の頃だったろうと思います。
 「純」と言う映画の中でのことでした。
 主人公が生まれ育った島として、夢や希望といったすべてが備わっていた理想郷として回想に登場してきます。
 その回想シーンがどこか暴力的で、それでいて強烈なノスタルジーをその場所を知らない僕にさえ植えつけてしまうほど印象的でした。
 そして最初にこの島を訪問する機会があったのは今から25年ほど前のこと。
 取材のアシストでのことでしたがその時は海が荒れて出港することができず、結局3日間の猶予を使い切ることになり、ついに叶いませんでした。
 
 軍艦島006 軍艦島008 軍艦島014
 軍艦島016 軍艦島007 軍艦島011

 今回、いくつかある軍艦島ツアーの中から「軍艦島コンシェルジュ」(http://www.gunkanjima-concierge.com/ 長崎市常盤町1-60、Tel.095-895-9300)を選びました。
 3月15日、前日の強風が嘘のようなほぼ無風状態、天気は快晴。船が大の苦手の僕にとってはこれ以上ない好条件。それでも船酔いに対する恐怖感はぬぐいきれず、同ツアーの受付で販売している「ツボ押しの酔い止めバンド」をお守り代わりに500円で購入し手首に装着。
 午前10時40分定刻に長崎港常盤ターミナルから出航。往路は45分間の軍艦島外周を巡るクルージング。
 不安いっぱいの船中、目を閉じ、口を固く結んで、呪文のように「俺は酔わない」を胸中で繰り返し続けていました。
 とにかく前世でタイタニックで遭難した過去をもつ僕ですので、船は天敵以上に忌避すべきもの。船の科学館でさえ船の形をしているというだけで酔いを感じるほど苦手です。
 ついでに、不忍の池のボートで船酔いをして女の子に振られたのも、つい昨日のことのように思い出されます。
 そんな僕が無事に帰ってこられたのは軍艦島コンシェルジュのスタッフの皆さんのおかげです(それでも本音をいわせていただければ、島に上陸した時には「僕をここに置いて行ってください。僕はここで島の道標になります」と言いたいくらいのダメージは受けていました)。

 軍艦島013 軍艦島009 軍艦島012

 草一本生えていなかった人工島は、現在、雑草がコンクリートを割り、崩れた地表に花を咲かせています。その光景は「夏草や兵どもが夢の跡」と場は異なれど芭蕉が見たものと重なるようでした。
 こうして我が国最大の廃墟となった島を目の当たりにして、「軍艦島とは何だったのだろうか」と改めて思います。
 緑無きコンクリートの島に生き、夢をみた人々とは何だったのだろうか、と。
 繁栄の頂点を目指し、近未来的な理想都市を打ち立てた人々の記憶と記録は僕たちにどういった形で受け継がれているのだろうか。
 そこには疑問符ばかりが頭の中の駆け巡るとともに、廃墟となったその美しい姿に魅せられてしまう不謹慎とも言うべき自分がいました。

 軍艦島015 軍艦島018 軍艦島010

 次代の先端を夢見、そしてその現実を精一杯に享受し、繁栄を経験したこの島は、理想都市の行き着く結末を見せていてくれるのかもしれません。 
 それらが僕に伝えてくるのは「喪失」という夢の跡に対する共感と呼ぶべきものなのでしょう。そして、人間が栄え滅びた後の美しさを仮景として僕に見せてくれているのかもしれません。

 この島については、柿田清英さんが優れた写真を残しています。惜しむらくは膨大に撮りためたその写真の選別を行う前に彼が他界してしまっていることです。「軍艦島超景」(三才ブックス社刊)と題された写真集にそのごく一部が紹介されています。機会がありましたらご覧になってください。


 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR