スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梨の花

 僕の住む近隣は県下でも指折りの梨の生産地です。国道16号沿いをはじめとして棚が組まれた梨畑をいたるところに見ることが出来ます。
 今、その梨の花が満開です。

 梨の花03 梨の花02

 桜ほどの華やかさがなく、満開だからといって人目をひくものでもないのでしょうが、古の唐の人々はこの花に奥ゆかしさと誠実さを感じ、清楚な咲き方を愛し歌にもうたいました。
 長恨歌のなかにも雨に打たれた梨の花の寂しげな清らかさが取り上げられています。

 風吹仙袂飄颻舉 猶似霓裳羽衣舞 玉容寂寞涙闌干 梨花一枝春帶雨

…風が吹き仙女の袂はひらひらと舞う。霓裳羽衣の舞を舞うかのごとく。
 玉のような美しい顔は憂いを纏い、涙が伝い落ちる。春の雨に打たれる一枝の梨の花のように。…

 梨の花01
 
 何かに足をとめるということが、ここしばらくは無かった気がします。
 いつも足早に急いて街中を歩き、手元の携帯を時計代わりに点と点を結ぶかのように最短距離を選ぶような毎日。
 そして気が付くと日を虚しく過ごしているような空疎に襲われ、もっと別にやるべきことがあったのではないかと自己嫌悪に陥ってしまう。
 義務として事務的に生きているにすぎないのではないだろうかと思ってみたところで、それが事実だと諦めてしまっている自分にまた嫌気がさしてきます。

 道元の余談をあつめた正法眼蔵随分記という書中に次のような一節があります。

…古人曰く、光陰空しくわたることなかれと。今問う、時光は惜しむによりてとどまるか。惜しめどもとどまらざるか。すべからく知るべし。時光は空しくわたらず、人は空しくわたることを。…

 時が空しく過ぎると言うことはない。今、あなたに問おう。時と空間とは惜しむことによってとどまるのか、それとも惜しんでもとどめることはできないものなのか。
 時と空間は移り変わってゆくものなれど、それらが空しく移ってゆくのではなく、人がその中を空しく渡ってゆくのである。

 つまり、時間や空間は人の生業に関係なくたゆまずに移り変わってゆくのであり、それを空しく過ごしているのは人なのです。ですから、時間が空しく過ぎたなどというのは言葉の誤りであり、いたずらに過ごした自分を真摯に反省すべきだと言っているのです。
 とどまることなく前進しつづける時間と同じく、人も精進を重ねねばならないというわけです。

 耳に痛い言葉ですね。僕はいつも何かの責任を僕以外のものに押し付けてしまっているので。
 あとから誰かにそれを指摘されたら誤謬があったと言い訳をしているばかりです。

 時の流れがどうであれ、その中心にはいつも自分がいるわけです。気負った表現をするなら僕の人生では僕が主人公だということになります。
 それなら、起こったすべての責任を主人公が負わなければならないのが道理です。じゃないと真の主人公とは言えませんよね。
 終りを決められた小説のように、筆者がご都合主義的に僕の人生をまとめてくれることなど有り得ないのですから。

 梨畑の写真をとった帰り道で野良鶏の番に出会いました。
 ちょっと近寄ってみようかと思ったとたん、不審者(もちろん僕のことです)を見咎めた雄鶏が片足をあげて威嚇してきました。

 野良鶏

 こんな小さな生き物でも守ることのために精一杯の力を注ぎます。それに対し僕は何かを守るための力を働かせているのだろうか?
 「君のほうが僕の数倍もヒーローだよ」と賛嘆をおくり、その雄姿に表敬のシャッターを切ってお別れをしました。

 桜がきらびやかに散った後、振り向く人も少ないままに実生のために花をつける梨。それは次代のための生命の精一杯の姿のなのです。
 桜も、梨も、あの鶏も、時を空しくは過ごしてはいないでしょう。彼等は自分の命の行く先を見据えています。
 自然の営みに気づかされれば、やはり、僕だけが時を空虚に費やしているのだと実感させられるのです。






スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。