宮下登喜雄「墨東の風物」

 ふと寂しくなる時があります。
 自分が失われてしまった存在のような気がして、なぜそんな気持ちになるのかなんて、それはあまりにも漠然としていて、理由も何もはっきりとはしないのだけれど。そんな時、宮下登喜雄の本を取り出して眺めるのです。

 宮下登喜雄は、蔵書票などを収集している方の間では高い評価を受けている版画家です。
 木版画を平塚運一に、銅版画を駒井哲郎に師事し、木版と銅板を併用するという独自の作品表現を生み出し、1964年には東京国際版画ビエンナーレ文部大臣賞を受賞しています。1930年に東京・本所の柳島梅森(今の墨田区横川)で生まれ、2011年1月6日に亡くなりました。
 彼は長らく墨東の地で制作活動を行い、またこの地の風景を数多く作品として残しています。そのひとつに「墨東の風物」という画文集があります。限定120部で、宮下登喜雄が府中本町に転居した後に作られました。7枚の美しい銅版画が挿絵として添えられています。

 墨東の風物00 (昭和62年、私刊本)

 この本は「宮下登喜雄を囲む会」の私刊本第一号として発行されています。発刊によせた宮下登喜雄の別刷りの序書が残っていますのでご紹介します。

 …生まれてから30年間、墨田区に住んでいました。かねてから、少年時代の記録を一冊にまとめようと考えていました。「宮下登喜雄を囲む会」の発足を機に実現することができました。とにかく昔語りをすると懐古調になり一人よがりになりがちですが、私なりに情感を排して記したつもりです。
 表紙は、群青色のきずきこうぞ紙に白で木版刷り。図版は隅田川の川面にうかぶ桜の花びらと都鳥。都鳥とはかもめのことで在原業平の歌「何しおわはば、いざ言問わん都鳥、わが思ふ人ありやなしや」とあり、都鳥とは隅田川に飛来したかもめを都鳥と呼んだ。(中略)本文は特注の手ずき局紙で、当初は三方耳付仕立てにするつもりだったが印刷屋がどうしても刷りにくいというので、地の部分を裁断せざるを得なかった。外函はミューズコットンを使い、淡いブルーで表紙とツートンカラーにした。挿絵は、7点とも針描による腐食銅版で図(四)だけは夜景の感じの表現に松脂粉末によるアクアチントを併用した。…

 墨東の風物01 曳舟川と北十間川の水量調節用水門(S24頃)

*曳舟川は江戸時代から明治初頭までサッパコ(サッパ船)と呼ばれた小規模な刺し網漁などに使用する小型の磯舟を曳いて川を往来したことから名前が付きました。昭和29年に埋め立てられました。


 墨東の風物02 魚介類の荷揚屋が続く門前仲町附近(S25頃)

 彼自身が「情感を排して」と言っているように本文は客観的に当時の風物について書かれています。それは単に感傷的になることを避けたという姿勢の結果ではなく、変貌する街の本質的な理由を冷静に受け入れたためであると思われます。そういった中で彼は人々の記憶から忘れ去られて行く昭和十年代から二十年代の風景を伝えようとしたのです。

 …どろんと淀んだドブ川は埋め立てられ、軒の低い黒ずんだシタミ板張りの長屋も改築され、道は広くなった。これらの改修はその地の住人にとっては喜ばしいことであって、古くなって住みにくくなったものが消えて行くのを惜しむのは、よそ者の身勝手というものでしかない。…

 墨東の風物03 荒川用水路に架かる堀切橋(S10年代当時は木橋)

 墨東の風物04 向島「鳩の街」附近(S25頃)

*昭和の初めごろ「銘酒屋」というのがありました。お酒を提供するばかりではなく、私娼を抱えた売春店を兼ねていました。玉の井、亀戸三丁目、洲崎、向島の鳩の街が有名どころとして挙げられ、戦後は「赤線地帯」と呼ばれました。


 宮下登喜雄は当時のスナップやスケッチを基にして原画をおこしています。写真とは異なり手作業の温もりが作品に現れていることも関わってはいますが、そこにはありのままを写実的に表現するのではなく、彼自身の心象風景が薄く重ね合わせられています。
 そのことが当時を知らない僕のようなものにも既視感というのか、郷愁への共感を呼び起こしているのでしょう。有り得ていた風景の中に、どことなく不思議さが漂っている気がします。そのある種の奇妙さが「僕はこの風景に似ている場所を知っている」と思わせるのです。

 墨東の風物05 言問橋、白髭橋間の堤通り下の長屋(S24頃)

 墨東の風物06 東武線曳舟駅近くの芝居小屋(S24頃)

 時の流れには大きく分けて、変貌させる流れと、変化を感じさせない流れとがあります。時は止まるはずはないのです。常に動いています。変化は望むと望まなかろうと必然に起きてきます。如何な郷愁が働こうとも止めることも、止まることも不可能です。 
 画家がかつての風景に残そうとしたものを探る時、そのふたつの時の流れを避けては通れないし、目を逸らしてはならないのです。
 
 宮下登喜雄がここに残した風景は、かつて灰塵に帰した風景です。焦土と化し、木炭化した死体がマネキン人形のように積み上げられた場所であるのです。
 彼は巻末で、この画文集の中ではそれまで極力排してきた私感をはっきりと述べています。

 …最近、日本国憲法第九条「戦争の放棄」に不満を持つ動きが一部で起きているようだが、あの空襲の悲惨な情景を知ったら戦争の恐ろしさ、愚かさは二度と繰り返したくないはずである。私自身も大切なものを失い。大切な時間をも失った。家族を失ったものさえ少なくない。
 戦争はいつの世でも一握りの誤った支配者が起し、犠牲になるのは一般国民なのである。これは思想の右でも左でも、保守でも革新でも関係ないのである。…

 その風景がなぜ失われたのか、失われねばならないその理由は、宮下登喜雄が先に述べたように「その地の住人にとっては喜ばしいこと」であるか否かなのです。

 墨東の風物07 隅田川河畔(S24頃)

*恐らく吾妻橋付近の河畔から見た風景でしょう。対岸に見える大きな建物は松屋デパートと地下鉄ストアです。ここの川岸には鉄柵がありましたが、戦時中、軍に供用され取り払われました。


 僕はあまりにも無意味に何かを失ってきたのではないかという気がします。喪失の理由に目を耳を塞いで、失ったことにも気づかずに来てしまったのではないでしょうか。理由を知る勇気を持ち合わせていなかったために。本当にそれが幸福のための喪失ならば、いつでも受け入れる気持ちは誰にもあるというのに。

 宮下登喜雄が伝えようとしたものを、僕は彼の作品を開くたびに探し続けます。



スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR