盛岡、ちょっとだけの散策

 佐香先生をお訪ねした折、ちょっとだけ時間つぶしに散策してまいりましたので、その時の写真などを。

 まずは「高松の池」です。

 高松の池

 ぐるっと周ると結構広いですよ。桜の名所でもあります。
 高松公園を出て最初に訪れたのが三ツ石神社です。

 三ツ石神社は盛岡市内で最古といわれる東顕寺の一郭にあります。
 ここには「三ツ石様」と呼ばれる、岩手山が噴火したときに飛んできたとされている大岩があります。
 その大岩には次のような伝説があります。境内の由来書きをそのままご紹介します。

 …昔この地方に住む羅刹(らせつ)という鬼が、里人や旅人に悪さをするので、里人が三ツ石様に「どうか鬼をこらしめてください」とお願いしたところ、たちまち三ツ石様が羅刹を大石に縛りつけてしまった。羅刹は「もう二度と悪さはしません。二度とこの里にも姿を見せません」と誓ったので、約束の印として、三ツ石に手形を押させて逃がしてやった。岩に手形から岩手と呼ぶようになった。…

 三ツ石 三ツ石神社・鬼の手形モニュメント

 この伝説とは別に、平城天皇にみちのくの豪族から見事な鷹が献上され、その獲物を捉えたら離さない頑強な爪から、その鷹に「岩手」と名付け、それ以後、その豪族の治める地を「岩手」と呼ぶようになった、というものもあります。

 いずれの由来も真偽のほどはわかりませんが、岩手盛岡一体には花崗岩の巨石が多く見られます。地面からニョッキリとそびえる巨石は台地の指にも譬えられたことでしょう。その地質的な特徴から名前が付けられたと考えるのが妥当かもしれません。
 ちなみに「さんさ踊り」もこの三ツ石神社から発祥したものと伝えられています。
 羅刹膺懲を喜んだ里の人たちが神様に感謝し、三ツ石の周りを「サンサ、サンサ」と言って、踊って祝ったのが「さんさ踊り」の起源だと言われています。

 この鬼には別の伝承もあり、そこでは化物ではなく、坂上田村麻呂によって捕えられた三人の蝦夷の首領だとされています。この三人の首領は、以後、朝廷に服従し二度とこの地には戻らないことを誓い、その証として三ツ石に手形を押したと言われています。
 しかし、これはちょっと不思議な話ですね。坂上田村麻呂は現地の人々から見れば侵略者です。それが英雄扱いとは…。彼等がよほどの暴君であったなら別ですけど。この別伝承は朝廷寄りの後付と思った方が適切でしょう。

 三ツ石神社からさほど離れていないところに報恩寺という古刹があります。かの石川啄木がその歌に詠み、盛岡三十三観音霊場第二十七番札所にもなっているお寺です。そこにある五百羅漢を拝観したくて足を運びました。

 報恩寺山門00 山門 報恩寺・羅漢堂00 羅漢堂

 開基は1394年。南部家十三代英主守行公によって三戸八幡山下に創建され、1601年に現在の地に移転されたとのことです。その寺内に羅漢堂はあります。

 報恩寺・羅漢堂01 報恩寺・羅漢堂 報恩寺・五百羅漢03

 建造は1753年。中央の廬舎那仏は弘法大師の作と言われています。手前は八歳竜女像です。

 報恩寺・廬舎那仏 廬舎那仏

 この羅漢堂には四百七十体を超える仏像が安置されています。
 その一体一体はすべて異なる表情を持っていて、落ち着きはらった白顔の賢僧もいれば、おしゃべりをする者、おどけている者、中には居眠りをしている者さえいます。その全部の表情を捉えることはできませんが、目に入るものだけを見ていても飽きることがありません。

 報恩寺・五百羅漢00 報恩寺・五百羅漢01 報恩寺・五百羅漢02

 それら羅漢像の中で一際異彩を放つのが第百番善注尊者と第百一番法蔵永劫尊者の二像です。

 報恩寺・第百番&百一番 第百番善注尊者/第百一番法蔵永劫尊者

 このふたつをじっくり眺めていると何かイメージがわいてきませんか?
 遠くを仰ぐようにしているのが「マルコ・ポーロ」で、その隣で威厳を正しているのが「フビライ干」と言われています。

 報恩寺マルコ・ポーロ 報恩寺フビライハン

 マルコさん、黄金の国は見えますか?
 「血迷ったフビライ干、元寇を企てる」なんてシャレにならない見出しはごめんです。

 二つの古刹をあとにして最後に向かったのが、岩手県立博物館です。

 岩手県立博物館イントランス・ホール チャグチャグ馬っこ

 1978年に岩手県岩泉町で発見されたモシリュウの大腿骨化石や郷土に因んだ遺物が数多く展示されています。企画展や体験もできるように考えられており、時間をかけて見てまわりたいところです。
 僕が行った時には、鉱物や昆虫、植物などの「光るもの」の特別展が開かれていました。

 不思議な蛍石00 不思議な蛍石01

 常設展示にも、ニホンイズナやニホンカワウソの剥製、そして、恐らく我が国最後の捕獲例かもしれないニホンオオカミの毛皮などがあります。
 ニホンオオカミは明治三十八年(1905年)を最後に姿を消したと言われていますが、この毛皮は明治43年(1910年)に岩手県二戸の蛇沼牧場で捕獲されたものであると言われています。

 ニホンイズナ ニホンカワウソ ニホンオオカミ毛皮

 他にも行きたいところはあったのですけど、タイム・オーバーということでここまで。
 次はもっとゆっくりできるように時間を取りたいですね。
 でも、泊りがけは難しいかな…。 



 


 


 


 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR