「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」を観てきました

 20日のレイトショーで「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」を観てきました。初日ということもあるのか、レイトショーでもほぼ満席状態でした。チケットを前日にオンラインで購入しておいて正解でした。

 あれこれと感想などを書きたい気もするのですが、これからご覧になる方もいらっしゃるでしょうから、どうしてもネタに触れなければならなくなるのでやめておきます。

 とにかく今回は全く新しいエピソードという触れ込みだったので、どうなることかと思っていたのですが素晴らしい出来でした。

 岡部倫太郎の願ったことは、牧瀬紅莉栖、椎名まゆりに何事もなく二人が未来を歩めること。そして、牧瀬紅莉栖が願ったことは誰一人として欠けることの無い仲間との時間でした。
 
 看板 

 本編は劇場版にありがちな総集編的な部分に時間を割かれることなく、デジャヴという名の通りTV版やゲームのカットを「記憶」として挟み込みながら観ている側に前作までを思い起こさせる手法で展開します。
 観ていると、こうググっと胸にこみ上げてくるものがありまして、ちょっとウルウル来てしまうので「泣くまい」と僕は必死に正気を保っていたのですが、突然、隣の席の年輩の男性が「ずるずるずずずぅ」と始めたのです。こんな時に鼻をかんでいるのかと思ってちらっと横をみたら号泣状態でした。
 ご老人、泣いていることに気づかれるのが恥ずかしいのか、途中から花粉症用のマスクなどをして顔を隠していたのですが、ハンカチで目を幾度も押さえておりました。このご老人の他にもあちらこちらで啜り泣きのような小さな音が聞かれました。
 これから観に行かれる方、ハンカチは新しいものをご用意してください。お役に立つかもしれません。

 話は変わりますが、劇場を見回していて思ったのですがファン層の幅が広かったですね。さすがにレイトショーということで小学生のようなお子様は見かけられませんでしたが、高校生くらいからかなり年配の方まで。男女比だと若干、男性の方が多い感じでしょうか。

 ドリンク 

 それと、映画の始まる前にお決まりのポップコーンとドリンクを購入しました。
 当日劇場では、あのダラス郊外テキサスから世界へ向けて売り出され、原材料表記には一切示されていない20種類以上のハーブが調合されている(らしい)、かの有名な(?)チャールズ・ペッパー博士の名を冠した、未来ガジェット研究所所長が(仮名で)推奨するドリンクが発売されておりました。
 普段あまり飲まないというか、全く飲まないのですが「ここにきたら今日はこれだろ!」っていうことで購入。併せてバナナ・キャラメル味のポップコーンも。
 そう思ったのは僕だけではなかったらしく、「選ばれし者の知的飲料」(仮)である某ドリンクは最終上映前に完売。それを見ていて「知らない人々の間でも思うところは同じなんだぁ」と意味不明な連帯感を噛み締めておりました。

 看板 

 それから、来場者プレゼントのラボメン・シールは(切れ長、流し目ではない、もともとの)「ダル」でした…。

 お時間がありましたら、感動の「STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」をぜひ一度ご覧ください。ファンの方も、そうでない方にもお奨めできる映画です。

 *蛇足*アメリカのテキサス州中部マクレナン郡にあるウエーコのドクターペッパー博物館では、材料の一部が公開されているそうです(僕は行ったことがありませんのでご存知の方、情報をいただければ幸いです)。

 

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR