彩雲

 もう昨日のことになりますが、仕事のロケ先から戻る途中でふと前方の空を見上げたら虹がかかったような雲が目に留まりました。彩雲です。

 彩雲

 古来は、慶雲とか、瑞雲と呼ばれ吉兆であるとされ、極楽浄土から阿弥陀如来が菩薩を随えて五彩の雲に載ってやってくる来迎図にも描かれています。日暈とも言われていますね。

 彩雲は、太陽の近くを通った雲がプリズムのような働きをして虹と同じような現象がおきるもので、注意して雲をみていれば割と目にする機会があります。

 しかし、改めてこの彩雲を見ていると「僕はおそらくこんなごく当たり前なことも見過ごしてしまっているのだろう」と、そんなことが頭を過りました。

 こうして気づいたことが特別なことに感じられてしまうくらい、僕は空を見上げることを忘れていたようです。

 走らせていた車を道路脇にとめ、鞄からコンパクト・カメラを取り出して3枚程を撮影。その短い間にも色合いは変化し、わずか1分ほどで見えなくなりました。

 時刻は15時55分。落ちて行く夕日の早さと同じ速度で消えてしまいます。

 街中のショーウィンドウは鮮やかで、雑誌もニュースもショッキングな見出しが簡潔にまとめられ耳目に飛び込んできます。しかし、その中には僕が人として受け入れるべきメッセージは何ひとつありません。無機的なファッションとして流れて行くだけのものでしかない。

 もっとのんびりと過ごしたいですね。心が感受性を失いかけています。
 何気ない、ささいな動きを感じ取れるような、そんな子供の頃のような感受性をもう一度呼び起こせればと思います。




スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR