松田瓊子 -少女小説- サフランの歌

松田瓊子(1916年3月19日 ~ 1940年1月13日)

 松田瓊子は小説家・野村胡堂の娘として生まれ、オルコットやヨハンナ・シュピリの影響を受け、明るく希望に満ちた子供の姿を通し、困難を乗り越え、心の救済を描くような物語を多く残しました。「ハイジ」「若草物語」「少公子」などの作品に近い傾向が見られます。
 日本女子大附属高等女学校に在学していた当時から少女小説を書き始めていましたが、それらは出版など発表を目的としたものではなく、読者対象は兄弟妹や従姉などごく一部に限られたものでした。基本的には「自分が好きだから書いている」という程度のものだったようです。しかし昭和12年に野村胡堂の薦めで「少女小説物語 七つの蕾」(教材社)を発表。同じ年の秋に病床にありながらも政治学者の松田智雄と結婚し、以後、「サフランの歌」「紫苑の園」「香澄」などを書き、「蔓ばらの咲く家」を執筆中の昭和15年(1940年)に腹膜炎のため23歳で亡くなりました。
 昭和22年には、中原淳一が創刊した「ひまわり創刊号」に「人形の歌」が掲載され、「ひまわりらいぶらりー文庫」からも「紫苑の園」が刊行されました。その好評をうけて、続いて「香澄」「七つの蕾」「サフランの歌」も刊行されています。装丁はすべて中原淳一が手がけました。

 「七つの蕾」

 七つの蕾 (ヒマワリ社、昭和24年初版)

 「七つの蕾」は鎌倉を舞台に、草場家の4人の姉弟妹とその友人である日高家の姉妹と日高家に引き取られてきた少年を中心に動きます。物語中には、日高家をみまった父親の突然の死と親戚による遺産争い、引き取られてきた少年・靖彦の純粋ゆえに閉ざされてしまった心の再生、草場家長女・百合子の受験問題などがとりあげられ、それらの困難を乗り越えて行く力強い子供たちの姿があります。純粋な子供の心による癒し、希望の力の強さ、信仰によって誠実を守ろうとする心など松田瓊子の以後の作品にみられる主題が凝縮されています。但し、作中の子供たちがつくる同人誌「つぼみ」の中に発表されている各自の作品は年齢に相応しいと言うには無理があり、会話のやりとりでも各年齢の精神的(思考的)な差の書き分けがなされていない感もあります。そういった欠点をもってはいても生き生きとした登場人物の描写とぶれない視点とから非常に清涼感のある作品に仕上がっています。
 この「七つの蕾」について松田瓊子はその日記に「1935年十一月中旬より稿をおこし翌1936年三月末日に書き終わる。満十九歳末の作品。このお話を書くに間に、健康の方は速やかな恢復を見たが。冬の間だったので、やはり床に仰になったまま手を氷のように冷たくして書いた」とその様子を綴っています。またそれまでは小さい子供の話ばかりを書いてきたので自分とさほど変わらない年齢の少女たちの物語を書くにあたって「初めは本当に少しの自信もなく、どこまで書くかも分からなかったが、書くに従って、自分でも想像もつかなかった程このお話の中に吸ひこまれてしまった。そして此処に私の本当に尊重し愛している幼児の世界とは、又まるで別なこまやかに美しいしかも活々とした世界を見出すことができた」と述べています。その愛着は元原稿の後書きに「皆さんがもう少し大きくなられた時に再びM・B・C・(登場する子供たちのサークル名)の子等の成長した姿をご覧になる時も来るだろう。私もまた明日の日を楽しみにして一度さようならをお告げしよう。(「つぼみ・つぼみ」第一部終わり)」と記されていることからも感じ取れます。
 
 「サフランの歌」

 サフランの歌 (ヒマワリ社、昭和24年初版)

 「馨は、はっとしたやうに立ち止まった。間近から流れてくるメロディー ― それは小さい女の子にとって忘れる事の出来ないなつかしい曲であったのだ。馨の眼は、おそれに近いやうな期待にをどっていた、走って行くと逃げてしまふやうな気がして、そろそろと池に近づいて行った。ねこやなぎの竝木の間から、馨の目にうつったこの曲の弾手は、誰であったろう。真昼の陽光の中に、銀色や紅色にきらきらときらめく櫟林(くぬぎばやし)の中に、可愛らしい少年が一人立って吸ひこまれるやうにヴァイオリンを弾いていた。」

 「サフランの歌」は慎ましい生活の内にあるも愛情に恵まれた由地家の兄妹と立花子爵家の養子として迎えられた少年・一原眞澄の邂逅から物語は動きだします。先にあげた文は、由地家の末娘・馨(かおる)と眞澄が出会う場面です。
 父母と死に別れ、芦ノ湖畔の村で医者をしている叔父に育てられ、ヴァイオリンの手ほどきをうけた眞澄は非常に大人しく優しい少年で、ヴァイオリニストとしても天賦の才を持っていました。しかし、跡継ぎ問題に悩む立花子爵から養子の申し出があり、それに抗うこともできず、彼は東京の子爵邸に赴きます。望郷の念にひとり耐える彼をその孤独から救い出したのは由地家の兄妹でした。由地家は貧しい暮らしをしてはいましたが、父親が無類の音楽愛好家で機会があれば子供たちを音楽会に同伴し、その優れた鑑賞力を育みました。子供たちは意気投合し、近い将来三人でトリオを組んで演奏することを夢見ます(松田瓊子は音楽をよく作中に用いていますが、ここでもその音楽が一つのキーワードになっています)。
 妹の馨は七歳くらいの非常に活発な子で、快活すぎてやや男勝りの面もありますが感受性が強く無垢な心を持ち、歌が好きで、いつの日かピアニストになって兄と演奏会を開くのが夢という女の子です。眞澄は彼女を「兎のような子」と表現しています。立花子爵夫人との出会いにおいて馨は次のように描写されています。
 「或日、ヴェランダのガラス越しに外を見てゐると、丁度雨上がりの泥んこの靴をはいてとんで來た小さな女の子があった。ローン(芝庭)の入り口まで來ると、その女の子は、丁寧に靴をぬぐって入って來るので、芝生は少しも汚れずに済んだ。女の子は洗ひざらしの木綿のライト・ブルーの短い洋服に、つぎのあたった、しかし目にチカチカする程真白な小さなエプロンをして、頭の上にはばら色の蝶のようなリボンがゆれていた…」
 この一文で彼女か活発ながらも躾が行き届いており、両親からもなみなみならぬ愛情を注がれていることが見えてきます。
 また作中では「子供たちの間でのルール」を巧みに導入し、そこには誰しもが得る共感と懐古があります。
 たとえば長く閉ざされいる立花邸について兄妹の中で「お城」と言う設定をし、そこには兄が話したように「…この中には囚われのお姫様が、魔法の力で口がきけなくなっている」と思ったり、「武勇に優れた騎士たちがかくれてゐて、いざといふ時には銀の鎧を着てお馬にまたがり、槍やら矢をもって出てくる…」と胸を躍らせている馨がいます。子供たちの想像世界はその純粋なルールのなかでは現実になってしまうものです。
 父親の野村胡堂は瓊子の小説について「文壇にあげる価値もないものであろうが…」と語っていますが、それは明らかな謙遜であろうと思われます。
 この「サフランの歌」では前作でみられた性格や行動描写の稚拙さは補われ小説家としての成長を窺わせます。前作から一年足らずで書きあげた作品ですがその文章力の飛躍は見事です。

 物語はこの後、立花家の深窓で人に知られることもなく病臥に伏し、希望も喜びもなく、ただ死を待つ立場にある娘・喬子(のぶこ)の登場、さらに眞澄を襲う過酷な試練を挟み、物語は大団円へと向かいます。

 「七つの蕾」は鎌倉を舞台にしていましたが、この話は雑司ヶ谷の亀原を舞台にしています。どちらも瓊子自身が少女期を過ごした場所です。胡堂によると物語冒頭の音楽会から帰宅してくるエピソードや隣人が電話を借りに来るエピソードなどは実際にあった話のようです。また由地昇に実兄(一彦)を、由地馨に瓊子自身をモデルとして用い、その他、由地家近隣の登場人物には全て元となった実在の人物をあてはめて活写しています。但し、一原眞澄については完全なる創作の人物です。

 サフランは瓊子にとって特別な花であり、病床においてその花を見ることができない時には鉢に移し換えて、見える場所において眺めていたそうです。
 「春風に、春の陽に、蛋白石(オパール)のやうに、紫水晶のやうに、輝くサフランの波…」は長い冬に耐えて咲く希望そのものであり、この物語の中の家族や友人の姿は瓊子が望んだ理想そのものであったろうと思います。 

 生命あふれ希望にみてる
 春告ぐるサフランの花
 支へ合ひ抱き合ふごと
 光浴び、大空仰ぎ
 つくり主のめぐみたたふ

 かなしみはうちにみつれど
 うなだるる我がかんばせは
 サフランの花とともに
 光浴び、空を仰ぎて
 賛美せり、みめぐみの主を

 雪わりてサフランの花
 うつくしく咲かせ給ふ
 つくり主は偕(とも)に居ませり
 つつましく忍びて待たむ
 とこしえの春来るまで・・・ 

   (「サフランの歌」 松田瓊子)







スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

有難うございます

こんばんは!

いつも心温かいコメントを頂き大変嬉しく思っております。

ブログの方も今後できる限り頑張って続けていきたいと
思いますのでよろしくお願いいたします。

otoshimonoさんのブログは本当に奥深くて、勉強になり、
知識を蓄えさせていただいております。

僕もotoshimonoさんのような立派な事をかけたらいいな
といつも思いますから。

これからも楽しみに読ませていただきます。

いつもありがとうございます。

Re: 有難うございます

過分なお褒めをいただき恐縮です。(^ ^;;

本当は、scorpius55さんのような日々の思ったことを綴った方が良いのだとは思っております。
けれども、どうやら僕は自分に向き合うという姿勢に欠けているようでして…。

僕の日記は仕事の整理みたいなもので全然立派なことなど書けてはおりません…、そうなれるように努力します。

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

ご訪問ありがとうございます

多くのブログの有る中で、片隅にあるような私のブログに足をお留めいただきありがとうございます。一貫性のない書き散らしたかのような恥ずかしい内容のブログですが、お気の向きました折には、また訪問ください。お待ちしております。
sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR