ありのまま

 「人の道とはいかなるものなのでしょうか。」
 「人の道とは即ち平常心を言う。」
 「その平常心を得るには如何にすればよいのでしょう。」
 「求める心に平常心はない。」
 「求道に精進しなければ道を得られないではありませんか。」
 「悟ったと思うこと、それは妄信である。悟らずと思えば自覚を捨てることになる。悟るも悟らぬも自然の流れ、それが平常心なのだ。」


 「求めれば欲になり、求めなければ放棄したことになります。無欲とは無自覚とは違う。悟るとは自然にわかることなのです。」

 そう言われた時、僕の中にある種の抵抗が生まれました。その抵抗を言葉で表現することはできないのだけれど、「狐につままれたような、そんな言い回しで誤魔化されるものか」とそのようなものであったかもしれません。

 僕は生きるために日々人と争います。自分を正しい側にあると信じて、或いは、正しい側に置くために、または利益のために競います。
 実社会において糧を得るためには多々争わねばならないし、それらを達観して仙人のように世捨て人で生きられるはずもありません。だから煩悶し苦悩し、不安に陥り、自分を他人を疎ましく思います。

 私欲と雑念と煩悩にまみれた自分は永遠に平常心など得られるはずもないと諦めてもいます。しかし、逆を返せば、 四苦八苦を寛容に受け入れることも、時の流れを風流に静観することもできませんが、得られないと悩む姿も僕の偽らない姿なのです。

 居直るわけではないですが、「このままで仕方がないと言うのも、僕の自然な姿です」と言ったら、あの人は説教をするでしょうか、それとも呆れ顔で苦笑するでしょうか。
 いいえ、きっと笑ってこう言ってくれるはずです。
 「わからないでいるということも、それもまたありのままの人の姿なのです」と。

 「丸になれ。球になれ」と座禅を組まされた僕を励まし続けてくれたあの人の言葉を思い出しました。なぜ、こんな大事なことを忘れていたのでしょう。
 いえ、忘れていたのではないのです。
 僕の心に届いていなかっただけです。
 ようやくそれに気が付きました。

 僕はもっと思い出さなくてはならないことがあるはずです。きっとたくさんの大切なことを忘れてしまっているはずなのです。

 しばらくブログをアップできないかもしれません。
 先日、「手抜き」だと指摘されてから見返すと、やはり手抜きですね。体調の悪さがそのままに出ていて、文章になっていません。
 「ひどい日記だな」と思うのですが書き直す気力も体力も今の僕にはありません。
 ですから気分と体調が良く、もう少し自然に書ける時に、僕らしい日記をあげたいと思います。
 今よりももっとランダムになるでしょうけれど、立て直してきます。


 全く関係はありませんが、鎌倉の光明寺の池には翡翠が訪れます。渡り廊下でぼんやり眺めていると出会えるかもしれません。
 そのうち鎌倉散策にでも行こうと思います。池のそばでポケットカメラをぶら下げて、ぼーとしている変な人間がいたら、それはたぶん僕です。気が向いたら声でもかけてみてください。
 でも人混みが苦手なので、黄金週間は外そうかな…。

 光明寺 翡翠 
 (鎌倉・光明寺にて)




 


 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR