スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和和紀「シンデレラの死」

 wy-cin0588.jpg (若木書房、昭和49年初版)

 「太陽がいっぱい」(原作はパトリシア・ハイスミスの小説、原題は The Talented Mr. Ripley) と言う映画は各方面に影響を与えましたね。
 入れ替わりの犯罪という通常はあり得ないことをやってのけるところが映画の面白さです。
 大和和紀さんの「シンデレラの死」も富を夢見たシンデレラ・ガールの入れ替わりの物語です。

 wy-cin0583.jpg

 場所はフランスのコートダジュール。
 サンクレール家令嬢・ドロレスとビアンカ・レイモンは乳姉妹という設定になっています。
 一見すると非常に仲の良い姉妹同然の二人ですが、ドロレスは自分の引き立て役としてしかビアンカを見ていません。
 ある晩、サンクレール家でパーティが開催されます。そこでビアンカはシャルル・ローランという資産家の青年に出会います。
 シャルルはドロレスにプロポーズをしていましたが、彼女にその気はなく「たぶん、ことわるわ」とビアンカに話します。けれども、シャルルがビアンカに好意を示すと急にプロポーズを受けると言いだしたのです。
 「ことわるといっていたのに、なぜ」と問うビアンカに対して、ドロレスは「ビアンカ、あなたはシャルルと結婚できるとでもおもったの。なんて、あつかましい。女中の子のあなたが・・・」と言い捨てます。
 ビアンカが小さな希望を手にすることすら許さないのです。
 その2か月後、ドロレスとシャルルの結婚式の前日。その会場となるサンクレールのヨットが火災に見舞われます。
 救助されたのは顔に火傷を負い、記憶を失くしたドロレス・サンクレールでした。

 wy-cin0585.jpg

 この火災を機にビアンカとドロレスの入れ替わりになるのですが、事故直後では本当に記憶を失ってしまい、本人さえ自分がどちらか判らない状態になっています。
 この記憶喪失が物語の大きな鍵。
 自分はビアンカを殺したのか、それともドロレスを殺したのか。その不安と良心の葛藤。現実に手にした裕福な生活と幸運。
 シンデレラはどちらなのか?
 思い違いが新たな悲劇を生み、ついに事実が明かされる・・・。

 wy-cin0587.jpg

 ドロレスは太陽。ビアンカは月。
 月は太陽がなくては輝くことができない。そして結果としてドロレスは自分の死を以ってビアンカの幸福を阻むことになります。
 月自身が輝くためにはどうすれば良かったのか?その答えを大和和紀さんは読者に委ねています。

…「あなたは死ぬことによってシャルルとあたしをひきはなしたのよ。あなたは月が太陽になることをゆるさないのね。」…

 ストーリーとしては単純です。トリックというようなものもないですね。それに近いものがあるとしたなら「記憶喪失」がトリックを担っていると言えます。実際には錯誤でしかないのですが。
 後年、「はいからさんが通る」「菩提樹」「ヨコハマ物語」「あさきゆめみし」など大作を手掛けることになる片鱗も窺えませんが、単純ながら面白いと言える作品です。漫画としての構成力はこの頃からあったということなのでしょうね。
 
 先日ご紹介した布浦翼さんと同じ北海道出身。デビューこそ9年ほど大和和紀さんの方が早いですが、シンデレラ・ドリーム絡みで取り上げてみました。
 もっとも今はシンデレラ・ガールと言えばアイドル・マスターかもしれませんけれど(ラブ・ライバーの方、すみません)。
 因みに「太陽がいっぱい」って良いタイトルですよね。
 翻訳した方はすごいと思いませんか?原題を直訳すれば「賢いリプリーさん」ですから。直訳だったら日本ではヒットしなかったかもしれないですね。



 
スポンサーサイト

布浦翼「サンデイズ・チャイルド」

 サンデイズ・チャイルドという言い方が実際にあるのかは知りません。けれどあったとしたなら、それがナーサリーライムに由来しているだろうことは推測できます。

 Monday’s child is fair of face,
 Tuesday’s child is full of grace,
 Wednesday’s child is full of woe,
 Thursday’s child has far to go, 
 Friday’s child is loving and giving,
 Saturday’s child works hard for a living,
 And the child that is born on the Sabbath day.
 Is bonny and blithe, and good and gay.

 月曜日生まれの子供は器量がいい
 火曜日生まれの子供は品がいい
 水曜日生まれの子供は泣き虫で
 木曜日生まれの子供は苦労をし
 金曜日生まれの子供は愛情深くて
 土曜日生まれの子供は働き者
 日曜日に生まれた子供は、
 可愛くて、朗らかで、気立てがいい

 ここでは日曜日は「安息日」(the Sabbath day )となっています。神様からすべての祝福を受けた子供たちということなのでしょう。

 sundaysc001.jpg (講談社、昭和56年初版)

 布浦翼さんは別冊少女フレンドの昭和50年7月号に掲載された「ローランジュール」でデビューを果たしました。僕はこの作品をタイムリーに読んだのですが、その時の感想は「また新しい感じの漫画家がでてきたな」と言うものでした。

 「サンデイズ・チャイルド」ですが、別冊少女フレンドで昭和55年の10月から翌昭和56年4月号まで連載されました。原作は「キャンディ・キャンディ」を手掛けた水木杏子です。

…「サンデイズ・チャイルド・・・?」
 「生まれたときから幸運がついてまわるこどものことさ。おれたちとは身分がちがうってさ。」
 「あたしたちはちがうの?サンデイズ・チャイルドじゃ・・・ないの?」
 「おまえは自分の誕生日を知ってるか?」
 「知らない・・・スラムのゴミ箱にすてられてたんだってみんなが・・・。」
 「おれもさ、アランナ。」…

 sundaysc003.jpg
 
 不遇な環境にある者が夢を掴むためには何を犠牲にし、何を得て行くのか。物語は孤児であるふたり、ジェスとアランナを主人公として進んでゆきます。
 展開としては随所に煮詰めの甘いところが多く、登場人物も生かし切れていない気がします。
 養母であるアンナに連れられてアンダーソン家の令嬢ニコラの使用人となるエピソードから始まります。そこで生まれた境遇によって差別が存在し、理不尽な常識に曝されることで、いつか自分たちも「サンデイズ・チャイルド」なることを心に誓います。
 ふたりの姿は何となく「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラを彷彿させますが、自分が強くなることで成し遂げようとするジェスと、他人の地位を利用して富貴を得ようとするアランナの道程は対照的に描かれています。

 sundaysc002.jpg (講談社、昭和56年初版)

 物語中盤でアンダーソン家は没落するのですが、その後の「サンデイズ・チャイルド」の代表とも言えるニコラがあまりパッとしません。重要な役割を担っている割には軽く、伏線もないに等しい。もう少し描き加えて欲しかった気がします。
 ニコラの兄・エドモンドとアランナとは恋人関係となり婚約し、破産後もアランナは彼に真心を通そうとします。けれどその甲斐もなくエドモンドは非業の死を遂げるのですが、その経緯も説得力に欠けています。
 それとアンダーソン家破産のフィクサーであるシモンズですが悪役に徹し切れていないです。というより名誉欲が強く打算的で冷酷な男と言う設定なのに、お人好しにさえ見えます。それが打算を言い訳にした恋愛の形であったにしても裏が無さすぎます。
 当時の読者層を考慮してのこともあるのでしょうけど、原作が現実の厳しさを捉えていないのです。
 と、ここまで随分と批判的なことを書きましたが、この作品が嫌いなわけではありません。寧ろ少女漫画としては当時は珍しいボクサーを取り上げて、自力で這い上がる象徴として描き、そのダメージによりボクサーとしての栄光をすべてを失うと言う設定は注目に値すると思います。但し網膜剥離を原因にするのであれば、突然に視界が暗転するのではなく、飛蚊症との関連を入れていたのなら切迫感をもう少し出せたのではないかと思います。

 sundaysc004.jpg

 自分の美貌を武器に富貴を得ようとするアランナですが、その本質は非常に献身的で、真実の目標から目を逸らしている様子の描写は良く出来ています。もとより彼女は他人との比較においての幸福など望んではいなかったのですから。
 残念なのはアランナとニコラとが同じような性格に描かれていることでしょうか。どちらも献身的で優しい少女です。そのあり方が似すぎているのです。
 全編を通してみているとニコラは生粋のサンデイズ・チャイルドなのでしょう。貧困に晒されても優しさ、誠実さ、強さを併せ持つ少女なのですから。物語の経緯において過度の栄達を望まない分だけアランナよりも好感が持てます。
 サンデイズ・チャイルドとは「経済的に裕福なこどもたち」のことではないのです。

 物語はアランナとジェスが変転の果てに青い鳥を見つけるという筋書きのものです。彼らは気づいていなかっただけで「サンデイズ・チャイルド」であったのです。どこかでちょっと道を間違えてしまい遠回りしただけです。あと2回ほど連載回数があったならと悔やまれますね。 
 いずれにしろ作品の骨子は、「望むべきは他人と同じ幸福ではなく、自分の価値観のなかでの幸福」と言うことです。幸不幸は他人が決めるべきものではなく、自分自身で決めるものなのです。
 愛情が富に勝るとは言えませんが、貧困であっても不幸であると決めつけることは出来ません。冷戦状態の裕福な家庭よりかは、軽口が多く飛び出す貧しい食卓のほうが楽しいのに決まっています。

 sundaysc005.jpg

 この作品、登場人物たちの行動を見ていて「ああ、なんで?このバカ…」と思った読者は多いことでしょう。そのまどろっこしさが愛おしい感じさえします。
 今思えば、案だけ提示して原作としてのプロットなしで布浦翼さんに自由に描かせた方が良かったかもしれません。結果論を言っても何の足しにもなりませんが。 
 けれども純恋愛ストーリーを手掛けていなかった布浦さんに新境地を与えたという点では代替のない作品でした。そしてそれは水木さんの原作がなかったら描かれなかったものです。
 最後にくどいようですが、僕はこの作品、好きです。登場人物も、もの足りなさも含めて。


 
 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

三木卓「はるかな町」

…二十年前のこと、二十五年前のこと・・・・。それらは本当にあったことなのだろうか。わからない。ただ自分でそう思っているだけだ。過去の記憶がなくなったら、おそろしくて生きていられない。だから、自分でこれが自分の記憶なのだと、思い込むことをつくり出して信じているのかもしれない。これが自分のでてきたところなのだと・・・・。…

 tmk0595.jpg (集英社、1975年初版)

 記憶はセーブデータとは違い、正確な経過記録を示してはいません。時とともに色が添えられたり、取り違えが起きていたり、そしてそれらは自然発生的に、或いは、自発的に変更がなされてしまうものなのです。
 日記で一日を振り返るにしても綴るためには起きた事象をデフォルメすることを余儀なくされてしまいます。すべてを言葉に置き換えることなど不可能なのだから。
 変化して行く記憶こそが生きて来たと言う足跡であり、そこにしか頼るものがないという弱々しさが付きまといます。だから形に残るものをと人は願うのでしょうか。記憶と嘘との区別がつかなくなってしまうから。
 本物の記憶などというものは存在しているのでしょうか。
 ピンスポットでしかない記憶を寄せ集めてくれば人生が語れるなどとは思いませんが、残したいことだけを伝えることは出来ます。
 三木卓の「はるかな町」はそんな本です。

…「あそのこの講堂の裏に、ポプラの木が三本立っていたのです。」…
 
 プロローグはここから始まります。
 思い出話を事実として話す自分の記憶は、等しく同じ記憶を持つ者がいなければその根拠を容易く失ってしまいます。本当はそんなものはなく、自分が作り上げてしまった虚構の風景であり、そう認めてしまうと現在の自分さえも喪失してしまいそうな危うさを打ち消すために、同意をつくり出そうとして殊更事実のように言葉にしているのかもしれないのです。
 あこがれについても同様に、偶像にする必要性があるのでしょう。

…それはたしかに青春期にさしかかった少年の夢だった。だがわたしの場合、自分が決して少女たちから愛してもらえない存在である、と早くから確信していためであったろう。そういう少女たちを憎むよりは、自分より一段高いものとして、自分の手のとどかないようなすばらしいものにしてしまった方が心が楽だったのか。…

 貶めて憎むよりは美しいものにしておいた方が遥かに気が楽であると思います。
 例えば、気の合う友人であったはずの少女に恋を告げてしまうことで、その日常をも失ってしまうとしたら、失ってしまったとしたら、打ち明けずに綺麗な思い出のままにしておいた方が良い(良かった)と、そう思えてしまうのです。
 残る後悔を自己嫌悪にしないための方便なのでしょうけれど。

 この本の中に「おもどりさん」という章があります。
 
…老婆は急用があって急いでいる、という風情だった。下駄は前歯と板の前だけを使い、後ろの歯は宙に浮いているように思われた。その姿は遠ざかりつつあった。
 <なんだ>わたしは思った。<ただの婆さんじゃないか。なにがおかしい。>
 眼を離して行ってしまおう、としたとき、うしろ姿がなにかにつまずきでもしたかのように、がくっとなるのが見えた。どうしたのだろうかと思って見ていると、彼女はくるりと向き直り、わたしたちの方へ戻ってくるのだった。…

 老婆は脳のどこかに障害があるのか、それとも精神に障りがあるのかはわかりません。けれど彼女はある程度進むと何かに妨げられ、来た道を戻ってしまうのです。直線上を五十歩進んでは二十歩後戻りするように、時には数直線を負の位置にまで。
 けれど彼女には確かに行かなければならない用事があるらしいのです。それが何かは誰もわかりはしないのだけれど。
 家を出て用事を済ませ、家に帰る。その当たり前のことが彼女には難しい。
 シーシュポスに与えられた神罰ではないけれど、老婆は徒労を繰り返しているように見えます。けれどその奇妙な光景を誰が笑うことができるのでしょう。
 完成しない仕事を完成させるとういう無限の目的を持つことをある種の幸福であると言うのなら、辿りつけないまでも必死に一歩を踏み出すその姿こそ羨むべきものが存在するのではないか。全身全霊をかけた一歩を踏み出した経験のない者が待つ幸福が老婆にはあるのではないか。

 三木卓は言います。
 
…どこへ行くのかはわからないが、この人は必死なのだ、と思った。目的地にたどりつくということは、わたしたちとちがって、彼女にとっては大変なことなのだ。いったん門を出れば、目的地にたどりつくまでは血みどろの苦しみなのだった。いくら心は、はやっても、思うようにはならないのだ。それでも彼女は出掛けなければならない。おもどりさんは、たたかっているのだ、と思った。…

 物理的な歩行の話ではないけれど、僕の毎日も「おもどりさん」と大して違いはないのです。逡巡し、困惑し、波風が立たないように、切り抜けるために、観覧車のように辺りを見回しながら同じ低さと同じ高さを繰り返して廻り続けています。地に届くこともなければ、天に触れることもありません。
 そして僕には彼女ほどの必死さが、戦うものが無い。だから嘲笑の的になります。その嗤い声を抑止する資格は僕には、恐らくありません。何故なら僕自身が変えなければならないものが確かに存在しているのですから。

 この本のなかには様々な思い出の情景が描かれています。回想することで何かを残したいと作者は願いました。記憶を確実なものにするために。けれどそうするためには、決してそこへは戻れないのだと残酷な現実を知る必要もあるのです。

…ふりかえる。緑のトンネルにさえぎられて、もう若い恋人たちは見えない。わたしはかれらを見出すために、まったく正反対の方角へ歩き出す。…

 tmkG0596.jpg



 

  

林由紀子ー未生の森の記憶ー

 hayashiyukiko01.jpg 個展案内状

 10月17日で会期終了となりましたが、銀座にあるスパンアート・ギャラリーで林由紀子さんの個展が開かれていました。
 「未生の森の記憶」と題された個展は、中野善夫著「教皇ヒュアキントス」の装画となっています「ペルセポネの花と闇」を始め新旧エングレーヴィング作品と新作ドローイングなどを織り交ぜた見ごたえのある内容でした。
 未生とは「まだ生まれていない」の意。その「生まれていないもの」とは画中のイメージであるのか、それとも林由紀子さんの中に依拠するイメージなのか。一見混沌と見えるモチーフは凝視していると確かな連環を浮かび上がらせ、丁度、有機物のなかから細胞が生まれる様に、胎内で生命が形作られる様に、見る側に顕現の予感を投げかけてきます。

 林由紀子さんはイラストレーターから銅版画家に転身し、その技法を板東壮一さんに学びました。その当時のことをお聞きすると。

 「イラストレーターと言っても絵も下手でしたし、売れていませんでしたからね。またそれで生活して行こうと言う意思にも欠けていたところがあります。銅版画にはもともと興味があったのですが、現代版画ではなく15世紀から17世紀の古い作品が専らでした。デューラーとかですね。現代美術は苦手で、今もあまり興味がありませんね。でも板東さんの作品を見た時、現代でもこれほど綺麗な版画をつくることが出来るのかと刺激を受け、直ぐに板東さんにコンタクトを取ってみたんですよ。お弟子さんを取らないことは伺っていたので何とかして教えていただけないかと。」

 bandou0001.jpg 坂東壮一「四季・春」

 絵が下手だとおっしゃっていたけれど初期作品を含め基礎は抜群であった気がします。林さんがご自身で創作に足りない何かを指してそう表現したのだと思います。

 ykh0583.jpg
 ①「芍薬の庭で」(エングレーヴィング、手彩色)

 坂東さんに学んでいらした頃のことに話が及ぶと頬を綻ばせていらっしゃいました。

 「板東さんは箱根にアトリエをお持ちで、通いでなら手が空いている時に教えて下さると言ってくれたんです。けれど私は運転ができないものですから、電車で自宅から箱根駅まで行って、板東さんが往復を送迎してくださったんです。通う私よりも大変だったと思いますよ。3年ほど通ったんですけど、最初の頃は『嫌になったらいつやめてもいいからね』と口癖のように仰るんですよ。気をつかって通っていると思われてたんですね。さすがに3年も経つと仰らなくなりましたけど。」

 僕は板東壮一さんにはまだお会いしたことがないのですが、作品をみていると緻密で厳格な印象を受けるのでその点をお訊きしました。

 「とても気さくな方で、料理人や家政婦さんにお暇をとらせていた時などは、手ずからお食事を作ってくださいました。うどん作ったけど食べる?なんていう具合に。」

 ykh05083.jpg ykh0584.jpg
 ②「ペルセポネの花と闇」(エングレーヴィング・手彩色)
 ③「わたしのせいじゃない」(エングレーヴィング)

 林さんが板東さんに版画を習い始めようとした時、一番最初に購入したものは版画のプレス機だったそうです。買ったことを板東さんに話すと「えっ?買っちゃったの?気が早すぎるよ」とちょっと呆れ顔でお笑いになられたとか。
 エングレーヴィングは最も古い銅版画技法でビュランという彫刻刀で金属板に直接彫り付けて行くものですが、通常、そのヴュランをそろえることはあってもプレス機を最初に買う人は稀だと思います。高価ですし、保管場所をとりますしね。
 林さんの思い切りの良さに驚くと共に、機が熟すの待っていたところに時が訪れたと言う感じだったのかもしれません。ご本人も「その瞬間を与えられるために存在したのかもしれないという感覚がありました」と話されていました。
 
 ykh0594a.jpg  
 ④「金色ー石楠花の少女」(鉛筆)

 林さんはエングレーヴィングと言う手法に拘りを持つと共に、これを絶やさないためにその魅力のみならず、若い人にも技法を知ってもらうための活動もなさっています。

 「銅版画と言うのはもともとは彫金師が型を残すために拓本のように取っていたものなんです。型見本ですね。それが印刷技術に生かされ、やがてもっと便利な印刷技法が出てくると手間がかかるので職人が減り忘れられかけてしまったんです。私は芸術家ではなく職人としてこの技術を残したいと思っています。現在は職人の地位が低く見られ、賃金的にも安価に押さえられる傾向がありますが、職人の誇りが復権する日が来ることを夢見て、あえて職人と名乗っております。」

 そう話される林さんの瞳は力強く、安易な相槌を許さない言葉を飲み込ませる迫力がありました。
 僕の知人にも箸づくりや簪の工芸品、植木や庭師、大工などの職人がいますが、彼等から「後継者がいなくて良かった。あとを継ぐことの苦しさを味あわせないでよかった」という嘆息を幾度も耳にしました。
 手作業と言うことの意味をもっと理解する人が多くなればそんな嘆きも減るのでしょうが、「人のできることは機械が出来る」「人の手間賃は値切れる」「デジタルは精密で早い」と言う風潮の前では抵抗も無駄なのかもしれません。
 確かにデジタルは早いし正確ですが、それでも僕は手作りの方が好きですけど。もとがアナログな人間なので。時代遅れには時代遅れの良さがある。デジタルは普及型、手作りは一品ものなのです。

 話を元に戻します。
 エッチングではなくエングレーヴィングと言う手法を選んだ動機をお訊きしました。

 「先ず銅版が美しいでしょう?それに直接、手で彫り付けている時の感触は伝わっていると言う実感が強いんですよ。線の浅深を、強弱を自分でコントロールしている。そしてそれらがモノクロで仕上がって来る。濃淡がイメージを構成するんですね。それがとても好きなんです。作品の基本はモノクロです。着色はおまけみたいなものですね。」

 ykh0586.jpg ykh0587.jpg
 ④「青いプシュケ」(鉛筆、水彩)
 ⑤「双面の薔薇」(鉛筆、水彩)

 林さんは実際の作品作りの場合にはラフで構図を描いておいて、銅版におおまかな位置を写し取ったら、後はアドリブで動植物を加えて行くのだそうですが、基礎過程でのデッサンを非常に重視なされています。
 特に植物については几帳面なほど細やかに描写されています。
 板東さんから「花を描くなら外から見て描くのではなく、草の中に分け入って描きなさい」と言われたそうです。外観を捉えるのではなく、草花が生きている場所そのものを感じ取るということなのでしょう。林さんの花と同化したかのようなモチーフは生命の一体性を裏付けているのかと思います。
 そしてご自分を植物に例えるなら「蔦」であり、「微かな手がかりがあれば、そこに手をかけて這い上がり広がってゆく、そんな感じがする」と話された時の笑顔が素敵でした。

 蔵書票作品集「プシュケの震える翅」には植物のデッサン画が収録されています。まるで現代のルドゥーテと言える見事さです。是非ともご覧ください。必見の価値があります。

 ykh0585.jpg
 ⑥ “ Changeling ” 「学校」(鉛筆、水彩、コラージュ)

 蔵書票のこと、画材のこと、ダリやピカソのデッサンについてなど、まだまだ伺った話は多いのですが、今回はここまでにしておきます。
 現在、蔵書票の依頼は完成まで1年以上待ちになるほどの人気。それが現在のエングレーヴィングの旗手としての実力を表していると言えます。
 僕はその実績や作品の完成度のみならず、30数年間その努力と矜持とを保たれたことを尊敬します。芸術家と奢らず、職人として前を向き続ける林由紀子さんにお会いしてみて改めて強く感じました。


 

続きを読む

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。