高橋たか子「誘惑者」

 死の磁場 … 「誘惑者」

 誘惑者 (講談社、1976年初版)

 「あなた、なぜ、死ぬの?」
  ・・・・・・・
 「なぜって?」
 砂川宮子は驚いたような、こちらを小馬鹿にしたような顔附きになって、言った。
 「私はね、あなたのせいで死ぬのよ」
 と、砂川宮子は言った。
 「何?もう一度言って」
 鳥居哲代は大きな声を出した。
 二人は、さらにもう一段降りれば火口のへりまでまっすぐに行ける段の手前で、向き合って立つことになった。
 「あなたがいなければ私は死ぬことはないんだわ」(第四章より抜粋)

 昭和8年、実践女学校専門部の学生が、同級生を立会人にして伊豆大島の三原山火口で投身自殺を計りました。
 この時の立会人となった友人は、1ヶ月前にも他の女性の自殺に同行していたことが明らかになりセンセーションを巻き起こしました。
 この事件をきっかけに三原山は自殺の名所として一躍有名になり、この年だけで未遂者も含めて904人が投身したと言われています。

 自殺したのは松本貴代子(享年21歳)、実践女学校専門部の2年生でした。
 昭和8年2月、父親に「三原山の煙を見たら私の位牌と思って下さい」という言葉を残して家出をしました。
 彼女は自分の死を見届けるよう親友の富田昌子に依頼し、2月11日の夜、船で大島へ向い、翌12日三原山の火口に到着した松本貴代子は富田昌子に遺書を手渡し火口に身を投げました。
 彼女の死を目の当たりにした富田昌子は取り乱し彷徨しているところを、地元の人に保護されました。その後、落ち着きを取り戻した富田昌子を取り調べたところ、彼女の供述から1ヶ月前にも同じく三原山で友人の自殺に立ち会っていた事が判明しました。

 高橋たか子はこの事件を手がかりとして3作目の長編小説「誘惑者」を書き上げました。当然ながら小説はフィクションであり事件のルポルタージュではありません。
 高橋たか子は、この連続自殺事件にかかわった立合人の心理に興味を持ち、それに自身の虚無感を投影して作品として創り上げました。

 物語は序章からはじまり、本編は八つの章に分けられています。

 序章は、自殺した砂川宮子と立会人であった鳥居哲代を目撃した大学生の証言から始まっています。それから鳥居哲代への事情聴取へと移って行きます。嫌疑のかかっている罪状は自殺幇助。

 刑法第二〇二条 人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、六月以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。

 断罪の是非を論じる場ではありませんし、それを主眼にした作品ではありませんのでここでは各論に触れません。ただ「悪」という簡単な言葉でくくられた犯罪であると捉えられるほど単純ではないでしょう。ここではそれを作中の大学生の言葉を借りておくことにします。

 … あれほどぞっとする夜の火山を、ひらひら懐中電灯の灯りを振って一人で降りてくる人は、犯罪者以外の何者でもない。だが大学生はそう感じるだけで、その感じをどう考えていいか知らなかった。(序章より抜粋)

 人間は暗い感情に感応するというか、呼応する性質を帯びているのかもしれません。
 高橋たか子はこれを作中で「磁場」と表現しています。その磁場は、それを望む者のみでは成立し得ず、そこにそれを受け入れる者、容認する者がいて初めて成り立つのです。
 自殺を望むものは生を望み、その死を成就するための媒体として、容認する者を必要としている。死の理由はある、しかし、それは死そのものをもたらすものではない。それを成就させるためには道筋を作るものが必要なのです。
 その道筋を作るものは、他人が何をしようとそれを認めるものでなくてはならないのです。それがデモノロギー的なものであったとしても「優しさ」と呼ぶことは可能なのでしょう。鳥居哲代はその様な内面を持つ人物として描かれています。

 作中にはいくつかのテーマがありますが、そのひとつに「夢」が挙げられ、織田薫が鳥居哲代に送った日記の断片に次のような記述があります。

 変わった夢をみた。夢のなかで、わたしは修道女のような恰好をした人に出会った。その人は、誰も入って行くことのできない建物の中で、坐って瞑想をしていた。だがわたしは、開かれている窓をとおして、その人と話をすることができた。驚いたことには、その人はわたしとそっくりの顔をしていた。わたしには何もかもわかった。その人のいるのは仮に死と呼ばれている世界で、わたしのいるのは仮に生と呼ばれている世界だということ。わたしが理解したことがそのままその人の口から言葉になって出てきた。「私はいま眠っていて夢を見ているのです。その夢があなたなのです」と。(第六章より抜粋)

 ショーペンハウェルは「私たちは、かつて目が覚めていた。やがて、ふたたび目を覚ますであろう。人生は、ひとつの長い夢に充たされたひと夜であり、夢のなかでは人は、とかくうなされる」と言い、「死はひとつの目覚めである」と言っています。
 自分の一生は、誰かの見ている夢であるという想像は多くの作品の題材となってきました。そこでは現実と夢という曖昧な分岐を、有限である表層意識世界と無限である潜在意識世界とを対比させ、前者を現実と呼び、後者を虚実、或いは、イマジネーションと呼ぶのであれば、後者のほうが遥かに自由で豊かなものであるのでしょう。
 こちら側の自分が死ぬことで、あちら側の自分が目覚めるという発想はそこから生まれてきています。

 次に作品の舞台の中心である「火山」です。自殺の形態には様々なものがあります。例えば同じ投身であっても水と火の場合です。

 ガストン・バシュラールは「水と夢 物質的想像力試論」の中で「水は若く美しい死、花ざかりの死の元素であり、人生と文学のドラマにおいて、水は傲慢さも復讐もない死と、マゾヒスティックな自殺の元素である。水は、自分の苦痛に泣くことしか知らず、目がすぐに『涙に溺れる』女性の深い有機的象徴なのだ」と述べ、水による死は「水との調和」を図るものだと言っています。
 では「火」はどうなのでしょう?
 体を燃やし尽くすほどの火。それは完全なる消滅なのです。そこでは命を思い出させるなにものも残させはしない世界。調和などなく、一方的な消去しか存在しない世界の象徴として描かれています。

 作品は神と悪魔を時折交えながら「死の構造」に触れていきます。織田薫と鳥居哲代の最後の会話にそれが閉じ込められています。

 「死ぬというのはね、潜在意識のなかに入っていくようなものよ意識は有限だけど、潜在意識は無限だわ。無限で命に充ち充ちてる。そこを支配しているものを、神という」
 「いいえ、そうじゃない」
 と、鳥居哲代は逆らった。
 「潜在意識は確かに無限だわ。無限で暗い。私がそこへ入って行くというものじゃなくて、むしろそれが、いつも私の意識に波の打ち寄せるように干渉しにくる。そこを支配しているものを、私は悪魔と名付ける」

 それらは人間が人間自身の手では知る事のできない不可知な領域世界です。

 この物語の結語です。

 「火口のなかはぱあっと明るい」
 と、さっき無理に言わされたことを、今度は自分から言ってみた。

 死にたがる者、死ねなかった者、生きていたくないと思っている者。それぞれは微妙ながらも確固たる差異をもっていながら、「死」と言う概念を通じて同じ「磁場」を作り引き寄せられてしまったのです。
 この物語に「優しさ」を感じると言ったら訝しがられるかもしれませんが、読み返すごとに僕は、「鳥居哲代」に受動的な優しさを感じてしまうのです。









 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

清水崑 と かっぱ と 川端康成

 清水崑と言えば「黄桜のかっぱ」の印象がありますが、これはもともと黄桜酒造のキャラクターとして描かれたわけではありません。
 昭和28年(1953年)、「週刊朝日」で連載していた「かっぱ天国」が黄桜酒造(現・黄桜株式会社)の社長であった松本司郎の目にとまり、昭和30年から同社のイメージキャラクターとして採用されました(1956年からは小島功が同キャラクターを引き継いでいます)。

 女かっぱ 「女かっぱ」(ペン、水彩)

 さて、荏柄天神の「かっぱ筆塚」ですが、その題字が川端康成の筆によることは以前に書いたとおりです。
 この二人、鎌倉に居住していたこともあり親交が深かったようです。とは言うものの、お互いに多忙でありプライベートで顔を合わせるということは難しかったようですけど。

 その清水崑と川端康成の間に次のようなエピソードがあります。

 夏の一日、川端から「大雅(池大雅)の絵を見に来ませんか」との誘いがあり、横山隆一、那須良輔と三人で当時、長谷にあった川端の居宅へ出向いて行きました。
 そこで川端は三十点に及ぶ絵を自身の手で欄間に掛けながら、こんな話をしました。

 「京都でね、ある画商が大雅の絵を持ってきて『これ、どうですか』という。私もちょうどその頃大雅を集めていたものだから買ったんですよ。ところがね、あとになってどうもその買った絵によく似た絵を何処かで見たような気がしたんです。だが、いくら考えても思い出せないまま鎌倉に帰ってきて、ひょっと、うちにあったんじゃないかなと気が付いた。それで探してみたら、やっぱりあった。そっくりのが。おまけにホンモノが。持っていながら忘れていたそのホンモノを模写したニセモノを京都でわざわざ買ったわけなんですよ。」

 そう言って、そのニセモノを持ち出してきて両方を並べて見せたそうです。

 これは清水崑の「一筆対面」に収められている話です。
 同書には、このほかにも彼が手がけてた似顔絵の人物に関するエピソードが満載されており、作品や表舞台では見られないプライベートな顔が見て取れなかなかに面白いです。
 唯一の難点は清水崑は絵描きであって文筆家ではありませんので、少々言葉が足りないところがあります。でも、それもまた面白味のひとつでしょう。

 一筆対面 「一筆対面」(東邦書房、昭和32年初版)

 ついでに、もう一冊、昭和21年に大元社から発行された清水崑の物語絵本「のんきな水滸伝」を。 
 これには水滸伝から「魯智深の大力」「楊志の不運」「武松の虎退治」などがタイトル通りに呑気に、かつ、のびやかに、簡易な文と挿絵で綴られています。
 こども向けということもあり読みやすい良書です。現在は絶版となっていますので、どこかの出版社が復刊してくれることを願うものです。
 

 のんきな水滸伝 「のんきな水滸伝」(大元社、昭和22年再版)

 書き忘れましたが、荏柄天神には「かっぱ筆塚」とは別に、平成元年に漫画家の横山隆一らが建立した「絵筆塚」があります。
 これには、横山隆一をはじめとする漫画家154人によるカッパのレリーフが刻まれています。
 また荏柄天神では、毎年10月には清水崑を偲んで「絵筆塚祭」が行われています。
 人気漫画家が描いた灯篭などが並びますので興味のある方はご都合があえば行ってみてください。




 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

ちょっと余計な話 ‐ 荏柄天神 ‐

 先月はブログを更新できませんでした。今月はもうすこしまともに書いてみようかと思っています。
 梅雨が明けるかどうかの数日、空を見あげたら堂々とした積乱雲があり、「夏っぽくなってきたな」と。そしたらいつの間にか8月になっていました。

 とりあえず8月の最初に鎌倉の荏柄天神での思い出話を書いてみました。
 書き始める前は、もっとはっきり覚えてると思っていたのに、いざ書き出したら抜け落ちている記憶が多いことに戸惑いました。
 まず思い出せなかったのは、当日の彼女の服装です。自分の服装すら覚えてはいなかったので当然なのかもしれないけれど、これが一番意外でした。
 でも、冷静になって思い返すと、当日は非常に緊張していて彼女をまともに見ていなかった自分がいたことに気づかされます。
 女の子と一対一で出歩くなんて初めてのことでしたし、僕には彼女を喜ばせるようなお膳立てをする器量もなかったので仕方ないとは思っています。
 
 荏柄天神自体について本文では触れていなかったのでちょっとだけ書き添えておきます。

 荏柄天神の縁起によると、昔、このあたりの農夫が荏柄(えごま)を刈って干していると、天神様の画が天空から降ってきました。これを祀ったのが現在の地であり、その画が降りてきた場所が大銀杏の植えてあるところだそうです。

 荏柄天神は頼朝の代には既に建立されていたと言われています。また鎌倉の鬼門の方向にあたり、都を災厄から守るため頼朝以下の守護者によってかなり力をいれられ保持されてきたようです。それは頼家が鬼門の鎮神として、菅原道真の三百年忌をここで執り行ったことからも察せられます。
 残念なのは度重なる火災のため、そのほとんどが焼失し、今ではその威容を偲ぶことが難しくなってしまったことです。唯一、大銀杏を除いては。

 鎌倉幕府の公文書である「吾妻鏡」には次のようなエピソードが残されています。

 三代将軍実朝の時代、幕府に対するクーデターを画策した罪で渋川刑部兼守という者が連座させられました。彼は死罪を申し付けられるのですが、自ら冤罪を訴えるその苦衷を十首の和歌に託し荏柄社頭に奉納しました。
 兼守の歌は、折よくこの社に参籠していた工藤祐高の手に渡り、実朝の元に届けられました。実朝はその和歌に込められた思いに心打たれ、ついに兼守の罪を許しました。
 三浦一族や護良親王など悲壮な物語の多い鎌倉では、何とはなしにほっとさせられる話です。
 このエピソードは広津桃子さんの心もとらえたようで「鎌倉花模様」の中にあるエッセイにもおさめられています。
 因みに荏柄天神を出て大塔宮通りを渡って金沢街道を杉本寺方面へ向かう途中、四つ石川(二階堂川)に「歌の橋」という小さな橋が架かっています。この橋は死罪を免れた渋川刑部兼守が後に報恩のために架けたと伝えられています。

 僕は彼女に連れられて荏柄天神を出た後、小島政三郎、深田久弥の旧居を経て杉本寺、報国寺へと行きました。さらに青砥橋まで歩き、そこのバス停から鎌倉駅へ戻り、小町通り界隈にあった立原正秋所縁の「松の木」と言うお店でお茶をしてから彼女と別れました。

 今更ながら鎌倉と言う町も随分と変わりました。あの頃に立ち寄った喫茶店のほとんどはなくなってしまっていますし、社寺の多くも改装改築されて趣を変えています。

 そして思い出されるのは彼女のこんな一言です。

 「鎌倉に住んでいる人は17万弱。そこに年間二千四百万人もの観光客が訪れる。平均すれば六万五千人が一日にやってくるの。人口が1.5倍近くになるのよ、この狭い町で。休日にでもなれば家の近所でも、行き合う人は見なれた町の人ではなく、その多くは旅人だわ。」

 あの時、彼女はそう言ってミルクティにスプーン半分の砂糖を入れて掻き回しながら微笑みました。





 
 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

荏柄天神にて

 僕はラブ・ソングが嫌いだった。
 普段は気恥ずかしくて口に出せないであろう恋愛感情も、歌にしてしまえば簡単に口ずさめる、そんなところがどうしても許せなかった。
 ディズニーのアニメ映画のごとく現実に愛を歌って踊る人間がもし目の前にいたなら、僕は黙ってそれを認めただろうけれど、巷のラブ・ソングのどれもこれもがすべて商業ベースの言葉で誂えられたものにしか聞こえなかった。恋愛を騙って誤魔化すだけの無責任な言葉の放擲にしか思えなかったのだ。
 何より、高校生の、あの頃の僕は、好きな女性に触れることもできないと、そう信じ込んで怯えていたし、その前提としての僕のような男に関わる恋愛が現実にはあり得ないと失望もしていた。
 恋愛を崇高だと思っていたわけではない。
 僕はすでに恋愛を諦めていたのだ。
 当時を振り返ってみればきっと僕がゆがんでいたんだと思う。
 恋心が以心伝心で分かり合えるなどと超常的な感覚でもないこともわかった気がしていた年頃で、恋を偽りだと言ってみたい幼い反抗期であったことも手伝っていたかもしれない。
 とにかく、僕のラブ・ソング嫌いは説明のできないコンプレックス・イッシューだった。
 それは残留痛覚のように曖昧にぼやけたままずっと刻まれて、今もまだ僕のどこか意識できない部分で鈍く続いている気がする。
 そんな僕であったから彼女からお誘いが来た時には半信半疑で鎌倉へ向かった。

 あの頃の鎌倉は駅前の再開発の話題と、ちょっと前にNHKで放映されていた大河ドラマ「草燃える」で一応の注目を集めていた。
 特に大河ドラマはそれなりの観光収益を上げたと思う。
 記念切符やロケ場所、撮影隊ご一行が立ち寄った飲食店などなど、そこここにまだまだ名残をまき散らしていた。
 しかしながら僕はこのドラマの内容を知らない。一話も見たことはなく、役者にも興味がなかった。ただ目障りな看板やらポスター、自慢げに「さあ、ご覧あれ!」と店内に飾られた色紙とかに酷く嫌気がさしただけの事だった。

 その日、僕は荏柄天神へと真っ直ぐに向かった。そこにある大銀杏で彼女と待ち合わせをすることになっていたから。
 鎌倉駅に着いたのが午前10時ころ。休日で混み合う改札を抜けて、当時、京急バス6番乗り場から出ていた「大塔宮」行のバスに乗るつもりでいたのだけれど、思ったより並んでいる人が多く、その中に混じる気にもなれず歩くことに決めた。
 そして歩きながら考えた。
 「なぜ荏柄天神で、大銀杏なのだろう」
 荏柄天神の大銀杏は建立された1104年に植えられたと伝えられている。それが本当であれば鎌倉では法性寺の竹柏、鶴岡八幡宮の隠れ銀杏と並ぶ古木ということになる。
 大銀杏の植えられた場所は「天神画像」が天降った地点であり、その神聖な土を人が踏み荒らすことによる神の障りを畏れた人々が、その地を踏まぬようにと植えたものであるらしい。
 つまりは禁忌の場所である。
 「踏み入るを許さじ」の場所。
 待ち合わせ…。
 何かの冗句なのか、それとも何も考えていないのか。
 いずれにしろ何某かの悪戯心はあるはずである。僕はそれを疑わなかった。
 そして次の問題は「そこからどこへ行くのか」である。
 僕は歩く暇つぶしに思いつくあれこれを並べてみた。けれど直にやめた。
 彼女の頭の中にある行動予定表を僕ごときに開けるはずがない。まして土地鑑で劣る僕が彼女をエスコートできるルートを選択できるわけがない。

 徒歩とはいえ時間を持て余していた僕は待ち合わせの40分以上前に荏柄天神に着いた。なのに既に彼女はそこにいた。小さく胸の前で手を振りながら「は・や・く」とゆっくりと口だけを形作った。
 それに合わせるように少しだけ走るポーズを決めて僕は彼女に近づいた。
 「ごめん、待たせた?」
 「うん、待ったけどね。予想通りでした。」
 彼女は初対面の時と同様に無邪気に笑う。
 「お昼っていっておけば、その一時間前くらいに来ると思ってたから。」
 何という高評価であったろう。僕は返答に窮した。
 僕はそれほど几帳面ではない。ただ単にその「お昼」と言う時間に合わせる交通手段がなかったに過ぎない。もしも僕が時間に正確な性質だったら、恐らく今見ている彼女はこれほど上機嫌ではなかったかもしれない。そう思ったら少し怖くなった。

 最初に説明するのを忘れたけれど、これが僕と彼女の「返却」以外での初めての待ち合わせだった。

 「荏柄天神のことは知ってるの?」と彼女が訊いてきた。
 「簡略なガイドブックの5行コメントくらいには。」
 「うん、それで十分ね。他に説明することはないわ。知りたければ境内のあちこちにある立札でも読んでね。」
 価値は説明に付随しているものではない。見ているものによっているのだから心しだいということか。
 そうして僕たちはざっと境内を見て回った。

 荏柄天神には凡そ歴史的には所縁はないであろう「かっぱ筆塚」と言うのがある。昭和46年、挿絵画家の清水崑が愛用の絵筆を供養のため奉納したのをきっかけに作られたものである。自然石の表に清水崑のかっぱの絵、裏には川端康成の筆で「かっぱ筆塚」の文字が刻まれている。両人とも鎌倉ゆかりの文人である。
 ちょっと見にはそぐわない気もするこの筆塚はそれなりの知名度を徐々に集め、観光の穴場的なものなっている。まあ面白いものだと思い眺めた。
 会話よりも沈黙の多い、ただ歩いているだけの時間だった。結果として一人で来ていても同じ時間を過ごしていただろうと確信できるほどの。
 ディズニーならおせっかいな小鳥やリスが現れてひやかしたり、或いは、応援してくれたりするのだろうけれど、僕には呪いの歌を歌ってくれる魔法使いの知り会いもいなかった。
 こういう時、ネタでいいからUFOでも出てこないかなとどうしようもなく空を見上げた。
 自転とは逆回りに動く光る物体をUFOだと騒ぐにしても、ラッシュ・アワーの新宿駅のように賑わう各国が競って打ち上げた宇宙のゴミは、こんな肝心な時に見当たりもしなかった。
 小一時間ほどで大銀杏まで戻ってくると彼女はすぐ近くのベンチに座ってバッグから白い包みを取り出した。
 「サンドイッチ。」
 手短にそれだけ言い、僕に隣に座るよう促した。
 彼女はランチを摂っている間、おしゃべりらしいものはしなかったし、僕も話しかけはしなかった。
 時折強く吹く風に髪が乱れるのを抑え、僕に具の説明を添えながらサンドイッチと飲み物を勧め、それと同じ感覚で、足元に寄ってくる鵯に小さくパンを千切っては投げ与えているように見えた。
 サンドイッチを食べ終えた後、立ち上がった彼女は散っている銀杏の葉から形と緑色の良いのを2枚選んで、ランチボックスをくるんでいたナプキンに一緒に包んだ。
 僕は「それをどうするの」とは訊かなかった。僕には関係のないものだと思ったので。 
 
 彼女はぼんやりと銀杏を見上げてから、その左にある階段を見やった。
 そして、ぽつりとこんなことを言った。

 「私ね、小さな頃にここで幽霊にであったことがあるの。女の人でね、ノースリーブの白いブラウスと紺色のスカートを着ていた。季節は今と同じくらい。私は母とここに来ていたはずなのだけれど何時の間にかはぐれてしまっていて、ただここにいれば母が来てくれるような気がしたから、この木の前で待っていたの。
 光が鮮やかな午後で、土のうえに落ちた葉漏れ日が金雲母を集めたみたいに跳ねていたのを覚えている。
 何もかもがはっきりと映える景色の中でその人はまるで蜃気楼のようにそこの階段の、そう、最後の一段を上るのを逡巡しているように立ち止まって私を見ていたのよ。気のせいではなく確かに私を見ていたの。
 最初は不思議にも思わなかったのだけれど、次第に変に思えて。私も凝っとその人を見つめていた。というか、目が離せなくなってしまったのよ。目を逸らした瞬間にどこかへ連れて行かれそうで、怖くて、見ているしかできなかった。どれくらいの時間だったのかはわからない。
 しばらくして後ろから私を呼ぶ母の声がして振り返ったの。『お母さん!』って叫ぶようにして声をあげて、向き直った時にはもうその女の人は消えていたわ。
 母にそのことを話したら髪の毛をそっと梳くように頬と耳を柔らかく触りながら『こんな鮮やかな夏の午後には、心を残した人の影が映るのものなのよ。怖がらなくてもいいの。その人は何もしないから』とそれだけを言って手を繋いだ。
 私は帰る道々、ずっとその女の人のことを思い返していたわ。懐かしそうな、寂しそうな、まるで駆け寄りたい衝動を無理に抑え込んでいるかのようにも見える顔。
 何度も何度も繰り返しその顔を思い浮かべた。そして、気が付いたの。あの人の顔は少し私に似ていたってね。」
 僕は汗をハンカチで抑えながら彼女のいう階段を見た。
 「夏の真昼に陽炎のたつ。」
 僕は無神経にもそう呟いてしまった。呟いてから、しくじったという顔をした僕を見て、彼女はちょっと可笑しそうに笑った。
 「そう、陽炎ね。私を映していたのかもしれないわね。何十年後かの、私。」
 彼女はそれだけ言うと、もう話はお終い、という風にパンっとひとつ軽く手を叩いた。





 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR