トマト汁粉と蜻蛉集

 トマト汁粉と蜻蛉集というタイトルをつけて書出しましたが、両者にまったく関係はありません。
 ただ単に今日のできごとのなかで「居合わせた」程度のことです。

 かつて「sola」というアニメがありまして、久弥直樹が原作、七尾奈留がキャラクターデザインをし、2007年に放映された作品です。
 阿倍野ちゃこが電撃大王でコミカライズしたり、その他ドラマCDなども制作され、昨年にはブルーレイボックスが発売されてもいます。
 そのアニメの作中に「フォアグラおにぎり」「キャビアおにぎり」などの変わり種の食べ物がでてきます。まあ、この2つについては特別変わってもいませんが。
 鴨のフォアグラはご飯によく合います。塩と胡椒でソテーしてマデラソースか、リッチな方はそれにトリュフの微塵切りを加えてペリグーソースにでもして、ご飯のおかずとして召しあがってみてください。パンよりずっと食が進みます。
 キャビアはイクラやトビッコをおにぎりにもしますから似たようなものです。
 で、さらに作中に「トマト汁粉」なるものが登場します。
 この「トマト汁粉」とはいかなるものなのか?
 ブルーレイ発売時にイベントとして「茉莉の好物“トマトしるこ”づくりにスタジオで生挑戦」というのがありましたが、それとは別に独自の「トマト汁粉」を作ってみました。

 材料は、さらし餡、ギンナン、ドライトマトです。
 さらし餡を温めながら水に溶いてお汁粉のベースを作ります。そこへ適量のギンナン(種ごと封筒か小さな紙袋に包んで電子レンジで1分20秒ほど温めると簡単です)とドライトマトをお好みの量を入れて、すこし煮るだけでおしまい。
 調理時間、約10分で出来上がりです。完成品は下の写真。

 トマトしるこ トマト汁粉

 そこそこ食べられます。お試しあれ。

 で、お汁粉を食べていると、なんとなーく泉鏡花が浮かんでくるんですよ。
 別に鏡花が甘味好きだったとか、お汁粉が好物だったわけではありません。
 借金取りから逃げて大阪へ行き、そこで世話になっている友人に誘われてぜんざぃを食べにいくくらいですから嫌いではなかっただろうけれど、それ以上のことは話題としては残っていないようです。
 とにかく鏡花自身のエピソードとは無関係に、僕のなかでは結びついてしまうんです。これは感性の問題なのでどうしようもないですね、たぶん。
 さて、ではなぜ「蜻蛉集」へ連想が及ぶのかと言いますと、これにも特別な理由はありません。
 恐らく見返しの木版画の謡童子が、どこかの甘味屋の襖か、衝立にでも描かれているような気がするからなのでしょう。

 蜻蛉集02 見返し

 ですが、僕がこの「蜻蛉集」を気に入っている理由はきちんとあります。

 鏡花は雅文で小説を仕立てています。
 物語そのものに魅力があるのは当然ですが、彼が操る言葉のリズム感や独特のルビがそれをより生かしていると思います。
 美文を操る彼の作品のなかでも「妖剣紀聞」の前篇結びの部分は特に美しいと思います(文章というのは人によって好き嫌いはありますから、あくまでも僕が「美しい」と思っているだけで、他の方からすれば「なんだこれ?」となることもあるでしょうけれど)。

 僕が初めて鏡花を読んだのは「龍潭譚」ですが、それ以後、漁るように彼の作品を読みふけった中で、「妖剣紀聞」の次の文章は本当に心を動かされました。

…唯(と)見ると、すらすらと、なぞへの水を流れて來た、杜若の花が、はつと爪立つ、お町の足許を辷(すべ)つて、花を裏返しに翻ると思ふと、瀬を潜り状(ざま)に其の水車に掛つて、くるりとひとつ廻りました。…

 花の流れるさまが目に浮かぶ文章です。
 鏡花のような作品を書くのではなく、彼の表現を真似をするのでもなく、自分ひとりでこんな文章がかけたらなぁと幾度嘆息したことでしょう・・・。

 蜻蛉集03 

 そして、前篇の最終節。
 
…此の日、椿八幡の大銀杏の高い梢に、夕鴉が胡麻を撒いたやうに、バッと騒いで、日は早稲田の森に沈むだ、黄昏時のことであります。
 崖添の垢離場の土手に、朦朧と立った婦(おんな)が一人、帯を手繰つて弱腰をすらりと脱ぐと、捌けて曳いた裳(もすそ)とともに、撫肩をするりと落す。其處に色の燃ゆるやうな姿が見えたが、其も瀬の影に奪はれると、ただ引結ふたは腰ばかり、眞白な雪の膚が、角ぐむ蘆に膝から消えて、水に次第に沈む胸に、杜若の花を抱いて居て、ふつくりと乳の裏すく流の、やがて、それも沈みました。七日月の廣刃の鎌が閃いて、搔切つたやうに、痛々しくも首ばかり、頬にあてた花も黒髪の鬢はかくれて、瀧が音なく、姿見を並べて掛けると、人を捕る魔の大鉛鉢(おおすりばち)小鉛鉢が、ざつざつと鳴るのでありました。…

 鏡花はロマンティストだったんだと改めて思わせられる一節です。 
 
 文章と言うのはすべてを詩的な文章で綴る必要はないのです。キラッとした一瞬の閃きのようなものがどこかに潜んでいればいいのです。
 鏡花はそれが巧い。
 機会がありましたらお読みになってみてください。

 蜻蛉集01 

 それから、この作品も素晴らしいのですが、先に挙げた「龍潭譚」はぜひ一読していただきたいです。
 「高野聖」などと比べると作品として未完成な部分もありますが、躑躅(つつじ)の山に迷う様子や龍の姫に抱かれた男の子の描写は素晴らしく、特に物語の結びの一文はきっと心に残ると思います。
 

 最後になりましたがクリマスのご挨拶を。

 Happy Christmas !

 良い一日をお過ごしください。 
 
 


 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

うちの魚ちゃんたち(3)ニシキチンアナゴ

 ニッチ00

 ニシキチンアナゴを60cm水槽に移して早や3カ月半が経ちました。うちでは「ニッチ」と呼んでいます。
 プリンセスモノクルブリム、イエローテールクリーナーラス、スミレナガハナダイ、パープルクイーンアンティアスx2、ヘコアユx4、チリメンヤッコ、クロユリハゼ、コバルトスズメx2、キンセンハゼなどと混泳させております。
 
 ニッチ01 ニッチ04

 チンアナゴの仲間は大概が臆病な(良く言えば警戒心が強い)ので、一般的に混泳は不向きと言われていますが、ニッチは狭い水槽の中で、何とかうまく世渡りをしているようです。
 あのイジメッ子のコバルトスズメもどういうわけか仲良くしていますね。ちょっかいを出したところを見たことがありません。
 さすがに集まってこられると少し引き気味になりますが、すぐに気をとりなおして一緒に餌などを漁っています。
 他の魚同士では餌の取り合いで跳ね除けたり、除けられたりしていますが、他の魚がニッチをつついたり、泳ぎ回ったりして邪魔をすることはないですね。

 ニッチ03 ニッチ02

 ただねー、やっぱりニッチは鈍くさいんです。半分以上がサンゴ砂に埋まっているので、首の回る範囲でしか餌を捕らないんですから仕方ないと言えば仕方ない。
 せっかく自分の周りにブラインシュリンプが集まっていても他の魚たちのほうが上手に捕ってしまったりします。
 キョロキョロしているうちにいなくなってしまうんですね…。それで見かねて、再度、餌をニッチの近くに流してあげることもあります。
 まあ、どーしても餌が捕れなくて、我慢できない時は、すっくと首を伸ばして水面近くまで出てきていますけどね。
 その姿を見てて思うわけですよ。
 「やればできるじゃん」ってね。

 NO2.jpg 亜硝酸塩テスター

 海水魚は綺麗だし見ていて楽しいですけど、水質管理が大変です。こまめにチェックしていないと、とんでもない病気が蔓延して全滅なんてことにもなりかねません。
 先だっては仕事が多忙で、水替えの間が少し開いてしまいました。そうしたら、もう面倒なことになりまして…。
 バクテリアが順調に活動しているときは亜硝酸塩は問題ないのですが、それが分解されてできる硝酸塩が面倒なのです。

 No3-0.jpg NO3-1.jpg
 硝酸塩テスター、最初の4分の3換水時

 測ってみたら80を超えているではありませんか。
 3日続けて半分弱ずつ換水したのですが濃度に変化がありません。それで思い切って4分の3ほど水替えをしてみました。そうしたらようやく少し下がりまして、これ以上は魚にストレスを与えてしまうので、ここで一旦止めました。翌週に再度、4分の3程度の換水をして何とか当初の価まで回復。
 ほんとーにちょっと手を抜いただけで苦労が倍以上になります。

 BAT00

 それから、イエローテールクリーナーラスを60cm水槽に移動した後、30cm水槽にはバートレットアンティアスと、ここには写っていませんけどフタホシキツネベラを加えてみました。





 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

市川「鳥たちの病院」②…ピッキィとちょみ

 僕がコザクラインコを2羽飼っていることは前にすこしだけ書きました。今回はその子たちが病気になった時のことを話そうかと思います。

 1.ピッキィの産卵

 1羽目がピッキィと言う名前で雌の5歳です。この子が先日、産卵で体調を崩して市川にある「鳥たちの病院」のお世話になりました。
 卵を産んだ後、羽を広げて蹲り、手に乗せようとしても掌に捕まっていることさえできませんでした。当然、餌もまったく食べません。
 市川の「鳥たちの病院」に連れて行き、僕が第一に叱られたのは「産卵を甘くみていた」ことでした。
 ①何に対して②いつ発情するのか、を飼い主としてきちんと把握していなかったこと。
 次に体重は定期的に量っていたとはいえ、そのスパンが長すぎ、細かく記録しはじめたのは「体調を崩してから」であったこと。
 第三に「体重の増減」で卵を宿したことに気付かなかったこと、でした。

 人間であっても出産は命がけです。ましてや掌より小さな小鳥です。もっと気をつかって観察していなければならなかったのです。外に出して遊んでいるときにも観察を怠るべきではなかったのです。

 この「産卵」について僕は頭ごなしに叱られました。それも仕方のないことだと思っています。

 そして、産卵の次に問題になったのは餌のあげかたでした。

 僕は通常、餌は自分で配合しています。
 あわ:ひえ:きび=3:1:1(すべて殻つき)の割合です。それに少量の牡蠣殻を混ぜています。健康な状態であればこれで良いのですが、常に「良い」と言うわけではありません。ピッキィが体調を崩した時にまずその点をきつく言われました。
 「食べない時は食べるものを何でもやる。ヒマワリでも、カナリヤシードでも何でも、好きなものをたくさんあげる。そして、元気になったらもとの餌に戻す。」
 もうひとつ食欲がなくなった時に大切なことは「小屋の中を常に明るく、羽をふくらませているようだったら温かくしておく」ことです。
 その指導に従って、小屋にかけていたシーツも取り外し、部屋の電気を消さずに明るくしておきました。それから通常の餌のなかに麻の実、オーツ麦、ひまわり、ソバの実、サフラワーを混ぜてみました。麻の実とソバの実は良く食べました。ひまわりは割っているだけで食べている様子はありません。サフラワーはまったく食べませんでした。ですから、麻の実:ソバの実:オーツ麦:あわ:ひえ:きび=2:2:1:2:1:2にして、ヒマワリの種をオモチャ代わりに5個。さらにエサの食べが悪い時は、麻の実を倍量に増やしました。
 20日間の入院と1週間の毎日の通院、そのあとは週2回の通院。完全に回復するまでにふた月ほどかかりました。今はすっかり元気で問題なく過ごしています。
 
 ピッキィ ピッキィ

 2.ちょみの素嚢炎

 2羽目が「ちょみ」で雄の4歳です。
 この子がヒナの時、うちに来て5日ほどで体調を崩しました。エサを食べなくなったのです。原因は「素嚢炎」でした。

 鳥には「素嚢」(そのう)というものがあり、口にいれたものを一度そこに溜めてから消化器官に送り出します。ヒナのうちはここに最大の問題があるのです。
 ヒナにあたえるアワ玉はお湯でふやかしてからあげるのですが、餌の与えすぎや体の冷えなどで、これが素嚢のなかで冷めてしまい消化不良の状態になり、うまく消化器官におくりだせなくなってしまいます。
 またヒナ用のアワ玉には卵黄が添加されているものが多く、この卵黄が素嚢のなかでアワを腐敗させる一要因となってしまうことがあるのです。
 アワ玉を口から吐き出してしまう(嘔吐)が見られたらこの症状を疑うべきです。

 ちょみはまだ嘔吐まではしていませんでしたが、自分から餌を食べることを拒んだのです。
 「餌を吐いて死んでしまった」という話をたまに耳にします。「餌を喉に詰まらせてしまったんだろう」とも。
 しかし、それは「詰まらせてしまった」のではなく、消化不良で素嚢炎を起した可能性が高いのです。僕も実はピッキィを飼う前に、一羽、この素嚢炎で死なせてしまっています。

 素嚢炎を防ぐためには餌の量と温度の管理が不可欠なのです。ヒナの小屋の中を暖かくしてあげねばならないのです。赤外線のペットヒーターがあるから大丈夫と安心するのではなく、ヒナの様子をみて温度を判断しなければならなかったのです。

 最初のヒナは暖かな春先でした。室温からすれば人間には充分だったのですが、ヒナにとっては赤外線の小型ヒーターだけでは「寒かった」のです。そして、餌の与え方を失敗していたのです。消化できる分の見極めができていなかったということです。
 
 最初のヒナを素嚢炎で死なせてしまった経験から、すぐに病院に連れてきたつもりでしたが、それはあくまで「つもり」であって、実際は「危篤」状態でした。

 「鳥たちの病院」にかかったのはこの時が最初でした。先生からは上に述べた点を手ひどく叱りつけられました。

 鳥は寒ければ羽をすぼめ、羽毛を膨らませ体温を守ります。暑ければ羽を広げて体温を調節します。ですからヒナの小屋には充分な温度を保てるヒーター(ひよこ電球)をいれて、寒ければ近づけるように、暑ければ涼しいところまで離れられるように心がけなければなりません。これは四季に関係なく注意すべき点であるのです。夏だから「寒くない」というのは人間の感覚であって、ヒナの感覚ではありません。
 気温の寒暖とは無関係に素嚢炎は起こる危険性があります。ですから小さなヒナのうちは細心の注意を払わねばならないのです。

 ちょみ01 ちょみ

 市川の鳥たちの病院の先生は厳しすぎる、患者を罵倒するとの声を聞きます。しかし、本当にそれは「罵倒」なのでしょうか?
 罵倒されているとしたら、それは飼い主の甘えを指摘されているのであり、罵倒されて当然の行いがあったのではありませんか?
 非が自分にあり、その罵倒が正鵠を射ているのなら、それは罵倒ではなく激烈な叱責です。
 僕は自分の飼い方の非を認めます。いつまでたっても「正しい飼い方」はできないかもしれません。それでも一日でも長く一緒に鳥たちと過ごすために、厳しすぎるアドバイスを少しでも守ろうと思っています。

 ピッキィ似顔絵00

 ピッキィが体調を回復し通院しなくても良くなった時のレセプトに、先生が描いたピッキィの似顔絵が添えてありました。

 「大変よくがんばりました。」

 それは、生きようとしているピッキィに対してであり、同時に飼い主である僕に対する激励でもあると、今は感じています。






テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

うちの魚ちゃんたち(2)

 地味に30センチ水槽の仲間たちが増えています。
 
 ネオンピグミーゴビーとイエローテールクリーンラスです。

 海水魚04

 ネオンピグミーゴビーは小さいです。ライブロックの5ミリもない穴の中に隠れてしまいます。気が小さいのかと思えば結構大胆に泳いでいたりもするので、隠れるのは趣味の範疇なのかと思ったりもします。

 海水魚03

 イシヨウジウオがライブロックの周りをくるくると回り出すと、のんびりとした鬼ごっこのように同じ速さでネオンピグミーゴビーも動き出します。一応、逃げているのかな?

 海水魚02

 イエローテールクリーンラスもネオンピグミーゴビーも「餌付けが多少難しいですよ」と言われたのですが、孵化したばかりのブラインシュリンプを入れましたらバクバク食べています。人工餌は難しいかもしれませんが嗜好性の高いブラインシュリンプなら問題なしといったところです。
 ネオンピグミーゴビーが、万一、ストレーナーに吸い込まれないようカバーがかけてあります。

 海水魚01

 一匹、わけのわからない魚がいます。名前がわかりません。販売していた時の札には「近海魚」となっていました。
 おそらくヨウジウオの仲間ではないかとおもうのですが、手持ちの資料のなかにはなかったんですよね。ネットでも調べたのですけど。
 で、しかたがないの自分でつけてみました。
 長さは8センチほど、しかし細いです。胴周りは2~3ミリは無いというところでしょう。見た目は針金のようです。「ハリガネ」では文字通り固い気がするので「イトヨウジ」と呼んでいます。

 まあ、実際の名前もそんなところかもしれません。見たまんまでしょうから。 
 正しい名前がお分かりになる方がいらっしゃいましたらお教え願えれば幸いです。

 他にも新しい仲間が増えたのですが、また写真を撮りましたら紹介します。

 ところで明日はお台場で「痛Gフェスタ」が開催されます。お時間とご興味がある方は足を運んでみてください。入場料はお買物券500円付きで1000円です。詳細は下記のアドレスへ。

 http://www.geibunsha.co.jp/mook/ita/festa_p8/

itafes08_b.jpg


 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

うちの魚ちゃんたち

 
 僕は海水魚を飼っています。あまり人にはおすすめできないのですけど小型水槽(30cm)で。
 安定するまでには随分失敗もしましたが、現在は飛び出し事故以外は大きな失敗もありません。
 海水魚は海水の比重とか、水温とか、水質などやっかいなことが多いのですが、何とか小型水槽でもいけています。水替えは大型水槽よりもマメにやらないと問題が発生するので、そこは面倒です。
 人工海水の素は「マリン・メリット」というのを使っています。水質の調整剤(バクテリア)は、BICOMのスーパーバイコム78とスーパーバイコム21PDを使っています。
 それと、コケ抑制として同じくBICOMのアルジガードも使い始めてみました。こちらは使い始めたばかり(3週間目)で何とも言えませんが、とりあえずコケの発生は入れないよりかは良いようです。もっと日数をみてみないことにはわかりませんけど。

 エサはブラインシュリンプが主。冬場はブラインシュリンプの卵が孵りにくいので稚魚の隔離用セパレーターを使っています。それとメガバイト・レッド。たまーに活きたイサザアミを入れています。

 水槽04

 最近までは水の汚染原因であるタンパク質を除去するスキーマーをつけていなかったのですが、魚が増えてきましたので2台目の水槽にはカミハタ社製の「海道河童」の小型をつけてみました。
 これはスキーマーと濾過装置が一体化していて、しかも小型水槽に取り付けられるという優れものです。気泡の調整にはちょっと慣れが必要ですが、毎日いじくっていれば要領も得てきます。
 ただし濾過装置としてはフィルターが小さく、少し弱いので、別にもうひとつくらいつけた方がいいかもしれないですね。僕は水槽を買った時に付属していたGEX社製の小型のものを取り付けています。

 ところで、肝心の魚はどんなのを飼っているかといいますと、水槽は薬浴用(今はヨウ素)をいれて3台あります。現在療養中のキイロサンゴハゼ2匹と、写真が撮れなかった小さなベビーちゃんたちを除いた顔ぶれをご紹介します。

 まず1台目には、ニシキチンアナゴ、イシヨウジウオ、イエローコリス、オウゴンニジギンポ(ベビー)。
 こちらの水槽は割と水質にうるさい魚を集めてみました。
 エサはブラインシュリンプを毎日孵化させて与え、イエローコリス用にキョーリンのメガバイト・レッドを少量いれています。

 ニシキチンアナゴ イシヨウジウオ イエローコリス

 以前にイシヨウジウオは水替えで失敗しておりまして、マンネリな世話の仕方をしていると死なせてしまうという貴重な経験をくれました。今回で2度目のチャレンジです。

 ハナハゼ ハナハゼ 水槽05

 2台目には、ハタタテハゼ、パステルグリーンラスx2、イエローコリス、チョウコショウダイ、ハナハゼ、クロサンゴハゼ、デバスズメ(ベビー)x4が暮らしています。
 こちらもエサは同じものです。ただし、メガバイト・レッドはちょっぴり大目に入れています。

 ハタタテハゼ チョウコショウダイ クロサンゴハゼ

 今は3台目の水槽を立ち上げていまして、その中にはパイロットフィッシュとして、コバルトスズメ・ベビーが5匹入っています。

 ところで、ヨウジウオの仲間とか、スズキ科の魚は飛び出すんですよね。水槽のフタは気を付けて隙間なくしているつもりなんですけど、ごくごくわずかな隙間をぬって飛び出してしまうんですよ。朝、干からびた魚を見つけるのがショックで…。お願いですからどんなに盛り上がっても飛び出さないでください。「飛び出すな、二度とお家に帰れない」ですよ。お魚さんたち。

 それぞれに特徴のある魚たちですが、個別のお話はまた機会があった時に。  







テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR