紫郷生「女優妙子」

 時にはマイナーな作品を紹介してもいいのかな?と、そんな気持ちで取り上げます。

 女優妙子 (越元東陽堂、明治45年再版)

 紫郷生の「女優妙子」です。
 明治45年1月1日に初版が発行され、その9日後の1月10日で再版されていますので、当時はそこそこ人気のあった小説ではないかと思われます。
 しかし、作者については何もわかりません。「泉」とついておりますし、巻末には泉斜丁の「木遣り」の広告が載っています。そんなところから泉鏡花がらみかとも思われますが全くわかりません。発行所は、越元東陽堂となっています。この書肆も不明です。唯一、特約店の岡村書店だけはわかります。明治末から昭和初期まで両国にあり、実用書を主体に児童書まで幅広く自社で出版販売をしていました。竹久夢路や濱田廣介の本も出しています。けれども、どこからあたってもこの作者には行き着きません。で、調べるのは早々にやめました。

 さて小説のなかみですが、少女が類稀な才能をもって演劇を目指すといった女優誕生の物語ではありません。というか、狭義での「芸能役者」という意味はまったくありません。寧ろ、仮面を被って世を忍ぶといった意味合いで捉えてもらったほうがいいです。
 それから、このタイトルに「女優」とありますが、明治末とはいえこの言葉はそれほどポピュラーには使われていなかったようです。女性の役者は文字通り「女役者」とか、「女芸人」などと呼ばれるほうが馴染みがありました。明治の小説においても「女優」という言葉はあまり使われていませんね。
 この「女優妙子」から遡ること20年ほど前に、森鴎外が「舞姫」の中で使っているのが僕が読んだ中では一番古いものです。これについては自信がなかったので国文研究をしている知人にヘルプのメールを送ったところ次のような返信がありました。
 「女優というと言葉の起源はわかりません。いつ、だれが、どこで最初に使ったのかも不明です。ただご指摘の通り鴎外の舞姫で使われているのは事実で、これが最も古い小説中での使用だという研究者もいるようです。ただしこれが鴎外の造語である確証は全くありません。当時、一般的ではなかったかもしれませんが、一部の業界用語などで使われていた可能性の方が高いと思われます。明治時代としては耳に新しい言葉であったことは確かです。」
 ということで、インパクトのある流行り言葉としてタイトル付けに「女優」という言葉が使われたのでしょう。この物語中でも「女優」とは呼ばれていません。「女俳優」(ルビは「おんなやくしゃ」)とされています。従って「じょゆう妙子」ではなく「おんなやくしゃ妙子」なのかもしれません。

 物語は満開の堤、隅田の向島から始まります(子供の頃に親しんだ場所なので、この舞台設定だけで僕は個人的に愛着がわきます)。 

 …桃が散る、櫻が咲く、春の向島は霞に煙って、隅田の流れに花の筏が浮かぶ、弥生も既に末近い夜の十時といふに、小松島の岸から䌫(もやい)を解いて、ゆるく下流に漕ぐ一艘の猪牙船があった。
 満都の人は櫻に狂ふ、晝の墨堤は花の山だが、夜に入るとげつそり淋しくなる、撞きだす金龍山の鐘に逐われて、向ふ鉢巻、脱いだ肌の勇しさ、上流に客を送つた流し船とあつて、舷を噛む水の音も自然に涼しい。…

 こんな感じの講談調のリズムで書き出されて登場するのは序盤の中心人物となる「船頭の興三吉」です。
 この興三吉、吾妻橋の手前を折れて向島に入る隅田川の支流にかかる枕橋付近で「お客様」(若い女性)が川に浮いているのを拾いあげます(当時、船頭の隠語で溺死者を「お客様」と呼んだようです)。この娘が「妙子」でした。この妙子は駿河台にある名家「豊原家」の息女。何のわけがあってか隅田川に身投げをしたわけです。しかし掬い上げられた妙子は運よく蘇生して、この後、月島の興三吉夫婦の家にやっかいになります。
 一方、豊原家では身投げ騒動が沸き起こり八方くまなく手を尽くして捜索にあたります。しかも曰く付き。というのもちょうど一年前の同じ日に、妙子の姉である豊原家次女「眞留子」が相思相愛であった華族・橘家の勝彦との破談から心身を病み、小指を食いちぎって文をしたためた後、発狂して失踪。櫻をひと枝手折り、胸に破談となった相手の勝彦の写真を抱きしめて、同じ隅田川で身投げをしております。ですのでこれも祟りか、因果な病かと騒がれます。このふたつの自殺騒動を巡って物語はややミステリータッチに展開して行きます。

 物語前半は非常にリズミカルに生き生きとした言葉づかいで綴られ読むにも楽しいですが、後半は話が重くなることもありやや言葉のリズムに精彩を欠いた感じを受けます。
 話は最初から最後まで一点に絞られ、余分な伏線もなければ、話を攪乱するような余計な人物も登場しません。従って、わかりやすい。これが大事なところですね。下手に文学的になる必要はなく、純粋に講談や音曲を楽しむように書かれた作品として、大衆を喜ばせるには充分だったと言えます。
 この話のネタばれになりますが、すべては豊原家の秘書長であり、長女「志津子」の夫・富塚の陰謀であった、となります。恋愛と陰謀。これも当時必須の人気材料ではありました。

 …豊原家に発狂の遺伝がある訳で無い、それを態々あるように見せかけて、四角四面の鶴見(立花家秘書長)を動かしたのは、全く浅猿(あさま)しい横恋慕の為である、勝彦と眞留子との婚約を破談させて、眞留子が失恋の人となつた隙を利用し、巧みにこれを籠絡して、卑しい欲望の満足を得やふといふ総てが奴隷的根性から出た一個の狂言である。…

 発端は、長女・志津子の夫である富塚の横恋慕です。そして、妙子はそれを眞留子の自殺前に看破しますが、家のことや志津子の身の上を考えると公表することもできず、ひとり胸を痛めます。そして更に妙子も「勝彦を愛してゐた」というところに突き当たり、物語冒頭の自殺未遂をするという理由づけになっています。 

 この本には口絵が一枚ついています。
 豊原家の園遊会で密談を交わす富塚と鶴見。それを偶然通りがかった妙子が聞いてしまう場面です。

 女優妙子口絵 (女優妙子・口絵)

 明治という時代、人は人ではなく、家が人であり、意思は個人になく家長のみが意思でありました。その背景からすると相思相愛で結ばれるというのは極めて稀で、その稀な幸福が目の前で破れた眞留子の心痛。志津子の身の上を守るために沈黙を決めた妙子。その結果が眞留子の自殺を引き起こします。
 物語では更に妙子自身の恋心が加わり、自身の罪と行く末に絶望し自殺を図ります。そこを興三吉以下温情ある人々に命を救われ、尼僧になることを胸に秘めます。
 登場する女性は、あくまでも受け身であることが運命であるかのような明治女性の典型ですが、ラストはそれに一石を投じる形になります。
 その前に、父・豊原嘉造を見てみます。
 作中では、終始一貫して豊原嘉造の明治の家長らしい毅然とした大実業家、顔役としての姿、事件に対しては沈黙を守る姿がクールに描かれています。
 例えば眞留子の葬儀の場で仏前に勝彦の写真を掲げるのですがその理由は次の通りです。

 …今日権門に媚び、位階に追従して、頻りに機嫌は取つて居ても、明日になると仇敵もただならぬ間柄となるのぢゃ、結婚の如きもまた其れで一旦結むだ約束に対して、あくまでも之を守るのが武士道ぢゃに、当世は約束を捨つること弊履の如く、嫁取りを猫児の遣り取りの如く心得て居る、これが滔々として世に拡まりつつある悪風ぢゃ、…中略…、あの写真を仏前に飾つたのは、一に眞留子の霊魂を慰め、譬え橘家が如何にあらうとも、豊原の家だけは約束の精神を守る、形式上の約束は破棄されたが、その精神だけは保留するといふ考へで、殊更に俺が仏前に飾っておいた…

 理にかなった武士道ではありませんか。明治という時代と共に捨てさられて行く古の精神を貫こうとする姿勢と虚栄のない沈黙。真実を黙して語らず。じっと時を待つ。言い訳をすることに慣れきった僕には耳に痛い教訓です。

 結末としては大団円には至りません。むしろ気骨を秘めた悲劇とも言えます。

 …強いて尼になるといふを諭め賺して、暫く小松島に遊ばせておいたが、四五日経つと嘉造が別荘を訪れて、蘇生(いきかへ)つた妙子の手を握つた、富塚の罪を一時の出来心と見て俺も忘れるから汝(おまえ)も諦めてく呉れ、いづれは心の直る時期もあるであらうが、断じて富塚には相続させぬ、豊原家の財産は自然の消滅に任せて、俺は飽く迄も汝を保護するよ、虚栄(ほこり)の恋の絆を絶って習ふた芸が世渡りの女俳優(おんなやくしゃ)、これから外国へ修行に往け…

 最後の嘉造の言葉が重く響きます。

 …「俺も働けるだけ働いて死ぬから、汝も踊れるだけ踊って死ね!」…

 人生を踊り続けるには、足の痛みに耐え、厳しい日常に堪えることでしか為せないのです。代償もなく優雅さのみを保つことなど不可能なのです。
 今からするとありふれた題材で面白味もなく、完全に忘れ去られた小説ですが、誤字脱字や改行などの改訂をして、再話をすれば結構楽しめるものになるのではないかと思います(もとのままでも頭の古い僕には楽しめましたけど…)。

 ちなみに物語の書き出しにある「金龍山の鐘」は浅草寺(金龍山浅草寺)の鐘のことです。

 向島・枕橋 (枕橋付近・大正初め)



 
 


 

 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

ネコのコネ

 吾輩は猫である(上) 上巻・口絵 (中村不折・挿絵、大倉書店、明治42年第16版)

 「吾輩は猫である。名前はまだない…」ではじまる夏目漱石の名著「吾輩は猫である」。
 通読したことがない方でもこの書き出しはあまりにも有名なので知らない人はいないと思います。

 上巻・扉 

 漱石はこの本の上巻の序で「固より纏った話の筋を読ませる普通の小説ではないから、どこで切って一冊としても興味の上に於いて左したる影響のあろう筈がない。然し自分の考えではもう少し書いた上でと思って居たが、書肆(しょし)が頻りに催促するのと、多忙で意の如く稿続々余暇がないので差し当たり是丈を出版することにした」と書いています。
 漱石の言うとおり、どこから読み始めても読み終えても良いこの小説は、その後、断片的に切り離されて「色鳥」などの作品集に短編として収録されたりしています。

 中巻 中巻・扉 (中巻、明治40年第6版)

 小説の主人公は「猫」です。その猫の目を通して明治という時代を語っていきいます。
 そして最後は、甕に落ちて死んでしまうという落ちがついています。

 「…出られないと分かり切っているものを出様とするのは無理だ。無理を通そうとするから苦しいのだ。つまらない。自ら求めて苦しんで、自ら好んで拷問に罹っているのは馬鹿げている。もうよそう。勝手にするがいい。がりがりはこれ限り御免蒙るよ」と観念を決め込んで「吾輩は死ぬ。死んで此太平を得る。太平は死ななければ得られぬ。南無阿弥陀仏…有難い有難い」と結ばれます。

 しかし、公知の通りに大変人気のあった小説ですので、書店側としては諦めきれないところがありまして、漱石に続編をさらに書くよう申し入れを行いました。
 それに対して漱石は次のように下巻の序に書いています。

 「『猫』の下巻を活字に植えてみたら頁が足りないから、もう少し書き足してくれと云う。書肆は『猫』を以って伸縮自在と心得ているらしい。いくら猫でも一旦甕に落ちて往生した以上は、そう安っぽく復活できる訳のものではない。頁が足らんからと云って、おいそれと甕から這い上がるようでは猫の沽券に関わることだから是丈は御免蒙ることに致した。」

 下巻 下巻・扉 (下巻、明治41年再販)

 さすがは夏目漱石です。
 一旦往生したからには、生き返ったり、助けられたりして永遠に続編がでるようでは「あの感動を返せ!」と叫びたくなる読者も少なくはないでしょう。
 まるで某宇宙戦艦のように、「新たなる…」とか、「永遠に…」とか、「パート2とか3」とか、「完結編」のあとに「復活編」があったり、実写版は無かったことにしておいても、死んだはずの人が冷凍保存されて後の医学で蘇ったりなどと、無節操に続編を制作し失笑をかうのは愚かを通り越して哀れと言うより、興味を失すると言うものでしょう。
 「さらば…」と言って感動的に別れを告げたのですから、そのままにしておけば良いのです。
 けじめは大切です。
 余談ではありますが、明治41年9月14日に飼い猫が死んだ時、漱石は門下生数名にあてて会葬葉書をだしています。

 「辱知猫儀 久々病気の処療養相叶わず、昨夜いつの間にか裏の物置のヘッツイの上にて逝去致し候。埋葬の儀は車屋をたのみ蜜柑箱にいれて裏の庭先にて執行仕り候。但し主人『三四郎』の執筆中につき御会葬には及び申せず候。 以上  九月十四日」
 
 会葬葉書

 で、漱石は確かに続編を書きませんでした。書きませんでしたが「続編」は存在します。
 それによれば「烏の勘公が行水をつかったり、水葵を喰い散らかした水甕におっこちて、吾輩はもう駄目だとおもったから、天璋院様の御祐筆の妹のお嫁の先に行ったおっかさんの甥の娘だと云う二絃琴のお師匠さんのとこの三毛子の法事に聞き覚えた南無阿弥陀仏を唱えて、甕の縁を無暗にがりがりと引っ掻くのを止めたのだが、猫と雖も麦酒を飲めば酔っ払い、飲んで時が経てば酔いはさめる…」と言うことで甕から這い上がって八万八千八百八十八本の毛についた雫を身ぶるいして払い落したそうです。
 しかしこの猫、元の飼い主のところではなく、別の飼い主に拾われ、お世話になることに。
 主人は毬栗頭で時代遅れの「八の字髭」を生やして、無愛想で常に偉そうにしている入道風体で、逆に奥方は気の優しい良くできた和美人となっています。
 毬栗頭で八の字髭のこの主人。どこかで覚えはあるような容貌ではありませんか?
 僕はこの主人に似た人物をひとり思い浮かべました。
 この方です。
 写真をご覧ください。

 森鴎外

 そう、鴎外先生です。
 漱石さんを永遠の(一方的な片思い的)ライバルとしておりました愛すべき森鴎外先生です。
 何かと言えば夏目さん家の金之助さんに言いがかりをつけて、日々のネタを提供するにことかかなかった森さん家の林太郎さんです。
 もちろん小説中の登場人物としての外見イメージだけで、人物そのものをモデルとしているわけではありません。ただそうやって読んでみると面白さが加わるということです。
 本のタイトルは「贋作 吾輩は猫である」。作者は夏目漱石の門下生でもありました内田百閒です。
 表紙を見ていただければ分かるとおり、「吾輩は猫である(下)」の表紙を模してあります。
 堂々と「贋作」(にせさく)と銘を冠した別人の手による例外的な続編。ウイットに富み、ちょっとアイロニーを利かせた文章で、鴎外に限らず読者側が其々に思い浮かべる人物像を当てはめて読めば更に面白い小説です。
 機会があれば、師匠譲りの鋭い諷刺眼を通した百閒猫の生き様をちょっと覗いてみてください。楽しめると思います。
 猫のコネクションが生んだもうひとつの名著です。

 贋作吾輩は猫である 奥付 (内田百閒、新潮社、昭和25年初版)



テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

明治33年のライトノベル

 台風が去った後、川の淀みに小さな白い花が敷物のように散り広がっていました。
 「水面の花を恋に譬えた物語があったような…」とそれを見ながら考えていましたが、一向に思い出せません。
 思い出せないというのは気持ちが悪いものです。まるで風邪薬のカプセルが上部食道括約筋あたりでつっかえている少し焼けるような異物感。或いは、内臓が痒い気がして掻いてみるものの筋肉越しでは効果がないような、そんな感じ。
 一度、思い出そうとしたものをそのまま放置するというのは難しいもので、頭からつかず離れずで、ちょっとした合間にも「思い出せないものか」と探ってみたりするものです。
 帰宅後に本棚や床に置き去られた本の背表紙を眺めまわして「どれだっけかな?」と当てにならない記憶を頼りに手探り。
 午前2時をまわったところで、ようやく記憶違いに気付き、当該書籍を発見して一件落着、スッキリとしました。
 それは物語そのものではなく、江見水蔭(忠功)の小説集「戀」の序文に引用された一節だったのです。

 「花はみな藤も櫻も山吹も かへらぬ水の上にちりつつ
  朧夜の花のもとにて夢みてん むかしの戀のかげや見ゆると」(田山花袋)
 
 この「戀」は、恋愛に纏わる短編を集めたものです。
 ほろりとさせられる純愛もの、コミカルな失恋もの、ちょっと蔭残な話まで様々に取りそろえた恋愛のオムニバス。
 恋愛小説など、うけない、売れない、くだらないと言われた硬派な明治文学隆盛の時分に、水蔭が強いて発表した大衆向け娯楽小説集です。
 結果としては売れました。特に若い方に支持されたみたいです。
 言うなれば、明治33年に発行されたライトノベルですね。

 戀(表紙) 表紙 戀(扉)戀(奥付) 奥付

 水蔭はこの小説集の中で「恋は人に限らず」という姿勢をもって臨んでいます。人に限らずといっても相手が物の怪というわけではありません。
 この集中に「花守の戀」という短編があります。粗筋を簡単に述べれば次のとおりです。
 
 ある良家の庭には、良く手入れされた目にも美しき撫子が一面に咲き、中央にはベンチと大理石の獅子の彫像が置かれていました。
 その家には十四、五になる令嬢がひとり。
 ある日、彼女が艶やかに着飾った姿でベンチに掛けようか、掛けまいかを思案している最中、突然に物陰から躍り出たものがありました。それは花守をしている男だったのですが、彼女は獅子に似た醜男が現れたことに驚き、大層憤慨して彼を責めます。
 驚かすつもりはなかったと平身低頭して謝る男に「お前が急に現れて驚いたので熱が出てきた。琴の稽古を休む」と言いがかりをつけ、父に申し出て男を庭に入れないようにすると言うのです。
 男は「自分は花守だから庭に入れないということは放逐されるということなので困る」と泣いて許しを懇願します。
 しかし、彼女は「私はお前が大嫌い。お前のような汚い男がここにいると恥ずかしくて友達も呼べない。お前がいないほうが花園は綺麗だ」と追い打ちをかけ、更に「先の持ち主の令嬢はお前を可愛がったか知らないが、私はお前が大嫌い」と言い捨てて立ち去ろうとします。
 それを引きとめようと男は彼女の手を取りますが誤って二人とも植え込みに倒れ伏してしまい、彼女は男に襲われたと大声をあげ、それを聞きつけてきた召使に取り押さえられ、結果、放逐されることとなりました。
 明くる日、家人が庭で目にしたものは無残にも狼藉の限りに蹂躙された撫子の花。そして、彫像の下には花鋏で喉を掻き切った男の死骸。その血は獅子の像に飛び散り、泉の水を鮮血に変えていました。
 水蔭はこの物語を次の一文で締めくくります。
 「物凄き此死状に、一点の美を留めたは、折れぬ撫子の花一輪、死しては誰一人手向ける者の無いを悟ってか、斃れたる前に立ててあった。」

 恋とは「するもの」ではなく、もっと不可抗力的な「してしまうもの」なのかもしれないですね。「恋に落ちる」とはよく言い当てたものだと思います。
 心を奪うものは何も人に限らないのです。気づいたら絵の中の少女や花や蝶、時には思い出にさえ本気で恋焦がれてしまう。
 古典で「愛しい」を「かなしい」と読むように、純粋に美しすぎるものは哀しいのです。
 愛を満たす心の器には許容量のようなものがあり、それに収まりきらず溢れだした思いは憎悪にさえ変わります。受け止められなかったのは自分なのか、相手なのか、それは永遠にわかりません。
 愛と欲とは同義語だと言う人もいますが、愛の同義語は憎であり、反意後が欲なのだと言う人もあります。どちらなのかは果てまで落ちてみなければわからないことです。
   
 

 


 

テーマ : ひとりごと…雑記…きままに
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

otosimono

Author:otosimono
全く役に立たない独り言です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR